てんま

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
てんま
出典リアル強姦,Acceed,2012
てんま.jpg
Acceed
別名 ムッシュ
身長 171cm
体重 56kg
生年月日 1993年?
活動期間 2012
代表作 リアル強姦
関連人物 MYKJMMMR関東クレーマー

出演作[編集]

確認中

概要[編集]

『リアル強姦』学生強姦編でMYKJMMMRを拉致したヤンキー高校生。

『ぶらりちん道中6』にも登場。自己紹介では自身の出演作品を挙げ、『悶絶少年』が痛かったと語っていた。ちなみにその自己紹介でスタッフから「今度はね、糞食う予定だもんね」とさらっととんでもない事を宣告されている。怖いな~とづまりすとこ。

台詞[編集]

リアル強姦[編集]

(朝の登校時間。アンパンマンのマーチを口ずさみながら自転車に乗ってさっそうと登場するMYKJMMMR。歩いてきた不良高校生と接触)
高校生「おい! 待てよ。おめえ人にぶつかっといてムッシュ(無視)してんじゃねえよ。おめぇちょっと降りろ(小声)」
(なぜか直立不動のMYKJMMMRを自転車から引きずりおろす高校生)
高校生「なんだおめぇ俺にぶつかっといてシカトこいてんだよ? おめぇ何年だよ?」
高校生「ピースしてんじゃねぇよ分かんねえだろお前よぉ。・・・何年だよ?」
MYKJMMMR「○○中学2年です」(中学校の名前の部分は謎の警告音と重なっているため聞き取れない)
高校生「俺の後輩じゃねぇかよ。道理でガキ臭ぇと思った。お前ちょっとカバンの中見せろ(唐突)」
(カバンの中身を見られまいと必死に抵抗するが徒労に終わり、入っていたDVD(糞と少年)のパッケージを取り出される)
高校生「は?(軽蔑)お前何だよコレ? おもしれーもん入ってんじゃねえかよ」
高校生「お前何だこの、ビデオ・・・DVD? 気持っち悪いなぁ。お前ホモ野郎か、オイ。オイ。なんだこれ?気持ち悪いな。あ?」(糞と少年のパッケージでビンタする高校生)
高校生「○×△(随分な?)変態野郎だな。なあオイ。オマエ、オイ。あ?」
MYKJMMMR「やめてお兄さん、ママー!(池沼)
高校生「呼んだって来ねーよ。(無慈悲)お前ちょっとこっち来いや」
(泣きじゃくるMYKJMMMRの胸倉をつかみ自宅へ連れて行く高校生。通行中の一般人はビデオ撮影と知ってか知らずかガン無視)
高校生「おっめかわいい顔してんなぁ」
高校生「さすが(謎の警告音)だなぁ」
MYKJMMMR「やめっ・・・」
MYKJMMMR「お兄さんやめてよ~」
高校生「ああん?何だよあめぇチンコ硬くなってんじゃんよぉ、なあ、オイどういうことだよ」
高校生「もしかしてドM?お前・・・オラァ…ああ?」
高校生「邪魔だよ・・・(小声)」
高校生「抵抗してんじゃねーよお前よお」
MYKJMMMR「ヤダ・・・ヤダ・・・」
高校生「んだよお前白ブリーフかよぉ!」
高校生「ダッセェ!流石は(謎の警告音)だなぁ!」
高校生「んだよお前だっせーなマジで!超だっせぇ!」
高校生「おいホラオイホイ!」
高校生「ダッセェ!」
MYKJMMMR「お兄さんタマタマ潰れちゃうよ~(池沼)」
高校生「上等だお前!潰してやるよ!(喧嘩腰)」
高校生「お前顔見えねーよ」
高校生「うっせーなお前」
~事後~
高校生「ホラどうだ気持ちよかっただろお前?」
(ベッドの上に横たわる全裸のMYKJMMMRだが、なぜかヘルメットをかぶったままである)
高校生「なに疲れてんだよ? 根ェ上げてんじゃねえよ」
高校生「ホラ来い。立て。あやくしろよ」
(ベランダに連れ出され、手錠で手すりに固定される)
高校生「お前今日から、一週間俺の肉便器だからな。分かったか? 返事は?」
MYKJMMMR「ハァイ・・・」
高校生「じゃあな」(MMRの背中を叩いて室内に入っていく高校生。ベランダには息を荒げたMYKJMMMRが残る)


ぶらりちん道中6[編集]

―はい、じゃそちらの、あの…短髪の、男の子。
「はい。短髪の男の子ことてんまです!」
―はい、てんま君。身長体重年齢は。
「身長は172、かな?体重は分かんないすもう太っちゃったんで、ハハ」
―分かんない?
「でー、えー年齢は、えー19歳、今年二十歳を迎えます」
―はい。じゃあ、えー主なアクシードの出演作品を教えて下さい。
「えーっと…『Smash!!』、あと、『発情男子』」
―発情男子。
「ですよね」
―あともう一つ出てるよね?大切なの出てるよね?
「大切なの?…」
―なんか出てるよね痛い思いしたの出てるよね?
「あー!なんだっけなんか…あっ、えっとー、えー…も、『悶絶少年』!」
―はい。それの特典のやつだね。大全集のね。
「そうですねちょっとあれはちょっと…マジね」
―はい。今度はね、糞食う予定だもんね。
(一同笑)
「何言ってんすかマジでありえないっすからマジそれは糞食うのは!」
―まそれは冗談だけど。
「ハハ…」
―はい。ていう事で今日は、えー、ま盛り上げ役として、ま、頑張って下さい。
「んー、頑張ります」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩