インラン親爺

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
いんらんおやじ
インラン親爺
出典こんなのはじめて!,サンダービデオ,2008
インラン親爺.jpg
サンダービデオ
性別 男性
生年月日 1938年頃〜1944年頃〜1949年頃
活動期間 2007年〜2008年
代表作 こんなのはじめて!
関連人物 横井警備員サオ師巨根鳶髭親父

インラン親爺(いんらんおやじ、2008年?)は、『こんなのはじめて!』で横井警備員とサオ師に凌辱されたモデル。FFや顔射されるなど散々な目に遭った。

出演作[編集]

サンダービデオ[編集]

サムソンビデオ[編集]

ブックスマル[編集]

概要[編集]

某たけしのような滑舌の悪いしゃがれ声が特徴。事後のインタビューでは自身のFF体験を生々しく語っていた。

余談だがチンコにピアスをしている(本人曰く痛くない所を探って付けたとのこと)。

台詞[編集]

こんなのはじめて![編集]

インラン親爺「アーモンド!アー!
横井警備員「それがお前の望みだろ?

~事後~

「お疲れ様です!」
「あの、入れる瞬間が痛いんですよ。入っちまえばもう何ともないんだけどね」
「縛りはね、段々…後になってきて、手首と、この腕の所が痺れてきたんですよ」
「最初は何ともなかったんですがね」
「はい…入る瞬間はちょっとい、あれだったけれども、入っちまうともう…あの、気持ち良くなっちゃってね…それで…なんかね、こう…マワされたのかな?そしたらもう、イッちゃったみたいで…そうするともう、一気に体の、力が抜けて、こう…動かすのがもう、辛いくらい…」
「ええ、そう…もう、イ…イッちゃうとね、あの…力が抜けちゃって…そのまんまもうホントに…あの…」
「前…別の、男性に…入れられた時はあの、こう…仰向けになってやったもんでね、そしたらあの…おしっこが出ちゃって…」
「そしたら気持ち良かったんですよ。射精、とはまた違うんですよね。それで…手首入れられてる時は、ま射精のような感じで、こう…おしっこと一緒にどうも射精したみたいなんですよ。だから、あの、力が抜けちゃってね」
「いやあのね、裏側からこう…前にもそうだったけど、裏側からこう…こすられるとイッちゃうんですよね。はい。そん時にあの膀胱も一緒にこう、あの…こさ…押されるから、おしっこも出ちゃうし…そういう時に、一緒に射精もしちゃうんですよね」
「ありがとうございます!お疲れ様でした!」


まわして下さい[編集]

〜休憩中〜
髭親父「これ(コックリング)俺のと一緒?あ同じぐらいだね」
インラン親爺「これ、あの、ホームセンターに売ってたんですよ
髭親父「これねぇ、俺も使ってたんだけどねぇ…おんなじか!」
髭親父「俺でも、これでやってるとね…勃つとね、ちょっと締め付けがキツくてね(笑)自分で少し削って、で少し平らにしちゃった」
インラン親爺「はぁ(感心)」
髭親父「俺とかこれ使わな、だってアレですもん…勃ったときでも皮が余ってるから動いちゃうでしょ?それが、それが嫌でねぇ…あの皮が動かないように」
インラン親爺「あぁなるほど…」
髭親父「入れられてイッたときはどうでした?」
インラン親爺「なんて言えばいいんだろうなあ…自分でコレやったときのイキ方とまた違うイキ方なんだよね」
髭親父「ああじゃあお風呂でやるときは、バイブ入れて、手でこすったり?」
インラン親爺「そういうときもあるね…手でやったり、逆にあのマッサージ機あるのよね手でやる…」
髭親父「マッサージ?(笑)」
インラン親爺「うん、バイブレーターみたいなの」
巨根鳶「ハン、ハンドマッサージ…(小声)」
インラン親爺「うんうん」
インラン親爺「やっぱりあの、ただやったって全然なってこないもんで、やっぱりああいう漫画とか小説みたいなの読むと、やっぱり頭の中でそういうのがね…そっちの方へこう行くので、多少なりとも膨らんでくるかな(冷静な分析)」
髭親父「俺も、その手に入るかな。だから結構小説読みながら…」

〜プレイ再開〜
インラン親爺「チンポが欲しい…」
髭親父「どこに?上か下か?」
インラン親爺「両方に…」
髭親父「両方にぃ?!(予想外)」
(中略)
インラン親爺「もうダメ許して!」
髭親父「イカして?(難聴)」
インラン親爺「アー許してー!」
髭親父「よし、いいよ」
インラン親爺「アー許し…」
髭親父「許して?!もうダメか?」
インラン親爺「ダメ!」
カメラマン「イカしちゃってイカしちゃって」
インラン親爺「アァァ!」
髭親父「頑張んな(ペチペチ)」
インラン親爺「ダメ!アイエ!ギュゥゥゥゥ!オーッ!アーッ!(絶頂)」
髭親父「イッた?ん?」
インラン親爺「イッちゃった…あぁイッちゃった…」
髭親父「どっちが?後ろ?前?」
インラン親爺「前……(精液が)出てない…」
カメラマン「あっ出た、出た」
髭親父「出た(歓喜)」
カメラマン「ちょこっとだけ」
髭親父「うん」

〜事後〜
インラン親爺「よかった…よすぎた…
インラン親爺「かあさん、かあさんごめんね…」
インラン親爺「かあさんごめんね…
髭親父「ええ…」
※正しくは「熊さんごめんね」だと思われる。熊さんは髭親父のこと

淫夢缶バッジ 現代アート先輩