サムソン高橋

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
Jump to navigation Jump to search
さむそんたかはし
サムソン高橋
出典ダラケ! ~お金を払ってでも見たいクイズ~,BSスカパー!,2016
サムソン高橋.png
サムソンビデオ
性別 男性
職業 ゲイライター
活動期間 1996 -
代表作 淫乱テディベア
関連人物 吾郎君ビッグパパ隠れホモ課長女嫌いの太目課長仔熊剛竜馬淫乱テディベア
さとしあらたうんち提案おじさん
熊田プウ助

サムソン高橋(-たかはし)は、サムソンビデオ「淫乱テディベア」で淫乱テディベアをハメ撮りしたスタッフ。

出演作[編集]

サムソンビデオ[編集]

G-Project[編集]

他多数

概要[編集]

1996年に「ベア・ハンター」でハメ撮りデビュー。その時はサムソンにビデオ出演希望のモデルが訪ねてきたものの他にスタッフがおらず、一人でモデルを犯しながら撮影するという方式を取る。これが所謂「ハメ撮り」と言われることになる。

月刊サムソンのライター、サムソンビデオのスタッフとして活動していた。サムソン編集部在籍中は読者メッセージ欄(通称:読メ)も受け持ち、読者メッセージに対して皮肉な辛口コメントを返すことで人気を得ていた。無断欠勤を繰り返すなどの勤務態度の悪さが原因で2002年に退社と一部で噂されていたが、実は円満退社であった。その後フリーとして活動し、雑誌G-men(2016年休刊)などでエッセイを連載したり近年はテレビ番組に出演したり、ネット出演も多い。深夜番組「クレイジージャーニー」にて英語に堪能な一面を見せる。番組で取り上げた「海外のハッテン場」を高橋が案内人の形を取ったことで多少の物議を醸した。熊田プウ助との共著「世界一周ホモのたびDX (本当にあった笑える話)」では都内ハッテン場について場所を特定されないように一定の配慮をしている。

剛竜馬出演作のカメラマンとしてもおなじみ。剛が出演ギャラを50万と高額にふっかけてきた時に交渉して値切ることに成功した。しかし通常の相場より高い7万円を支払った。