タミオ

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
たみお
タミオ
出典射精会(Ⅲ),ウルトラボディ,2004
超一流淫乱タミオ.jpg
ウルトラボディ
別名 超一流淫乱
性別 男性
身長 170cm
体重 86kg
活動期間 2004年?
代表作 射精会(Ⅲ)
関連人物 右側のデブさん失礼インタビュアー
備考 宮城県出身

タミオ(たみお、2004年?)は、ウルトラボディのモデル。失礼インタビュアー曰く「超一流のインラン」らしい。宮城県出身。

出演作[編集]

ウルトラボディ[編集]

  • Vol.84 ザ・ラード(Ⅱ)
  • Vol.88 射精会(Ⅲ)

概要[編集]

失礼インタビュアーから勝手に両親を震災で失ったことにされたクッソ不憫なモデル。

ビデオ発売は2004年のため、東日本大震災のことではない。恐らく2003年7月に起きた「宮城県北部地震」のことを指しているのだと思われる。

インタビュー内容[編集]

射精会(Ⅲ)[編集]

―じゃ隣の方。お疲れ様でした。
「あ、お疲れ様ですー。」
―ちょっと顔からー見てもう凄い…なんかカリ首みたいな(?)顔してるんですけど。
「はぁっ!?(笑)」
―身長体重と名前と出身地言って下さい。
「はい。えっと身長が170センチ」
―はい。
「えっと体重が86…」
―はい。
「キロ。えっと…えっとタミオって言います」
―タミオくさいですね。
「フハハ…」
―出身地はどこですか?
「っと宮城なんですよ」
―宮城なんですか、地震あってもう大変ですね。
「あーもう…」
お母さんお父さん死にました?
「いえいえいえ!そんな物騒なこと言わないで下さい!」
―あー大丈夫ですか?えっとー今回ビデオうちの初めてなんですけど、
「はい」
―あのー…どうでしたやってみて?
「…いやー」
―ビデオの前で。
「…いやー緊張しましたねぇ」
―緊張した割にはキンタマ立ってましたねビンビン。
「フフフフ…」
―どうでした?
「い、いや、あのーおっしゃる通り日本一のインランかもしれないんで…(笑)」
―あーそうそう。じゃこういうや、今日初めてやってここが、私一番、こう自分でやってて興奮してここが一番の、見所でここは是非とも、見て下さいとかあったら言って下さい。
「…えーとそうですね…ま、立った状態で、ま、ディルド入れられて…」
―最後のシーンですね?
「そうですね」
―はい。
「あの、よがってる顔を、一時停止とかして、じっくり観察して貰えれば…」
そこの顔は私入れなかったんですけど。
「あれっ!?(笑)…じゃあ、とにかくよがってる顔を…見て下さい」
―見て下さいですか?分かりました。じゃ今日はこれで終わりますんで、お疲れ様でした。
「お疲れ様で(カット)」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩