テラドン

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
てらどん
テラドン
出典肉弾マンモス,アトミックちゃぶ,2009
テラドン.png
アトミックちゃぶ
別名 てらどん、寺林太造
性別 男性
身長 186cm
体重 198kg
生年月日 1969年頃
職業 元力士
活動期間 2006 - 2009
代表作 肉弾マンモス
関連人物 横井警備員サオ師斉藤ゆたかリバ兄貴失礼インタビュアー

テラドン(てらどん、2006 - 2009)はアトミックちゃぶ「肉弾マンモス」などに出演したモデル。

出演作[編集]

ウルトラボディ[編集]

  • Vol.93 肉汁裸王
  • Vol.113 肥雨
  • Vol.114 大欲情

アトミックちゃぶ[編集]

  • テラドン
  • 肉弾マンモス

Fatty[編集]

  • Booo!

概要[編集]

186cm 198kg(「肉弾マンモス」のデータより。「肉汁裸王」では178kg)というデブ専ホモビでもめったにない超巨体を持つ男。かつては相撲部屋に所属する力士だったらしい。デビュー作と思われるウルトラボディ「肉汁裸王」は面接オナニーとなっており、インタビュアーとのやりとりから見た目によらずロマンチストな彼の本性を垣間見ることができる。 アトミックちゃぶ「肉弾マンモス」では、巨根『サオ師』警備員の『横井』の変態オヤジコンビによって、緊縛・鞭打ち・頭丸刈り・ガン掘りと虐待の限りを受けていた。

子供のホモは遊ぶかもしれない

ちなみに彼の代表作であるアトミックちゃぶ「テラドン」にはジャケット特典として『巨獣ミニ相撲対決セット』が付いている。

セリフ[編集]

肉汁裸王[編集]

―まず身長・体重・年齢から
「身長が186cm、体重が175kg、年齢が35です」
―なにか昔やってたんですか
「柔道がえっと、8年ほどやりまして、その他にあと相撲を3年ほどやりました」
―趣味はなんですか?
「パソコンとか、そうですね、あとゲームとか」
―オタク系なんですか?
「いや、オタク系でもないですけども、インドア派です」
―インドア派ぁ?(笑) オタク系に見えるけれどねぇ…アキバ系なんじゃないですか
「いや違いますけど…」
―違いますか 休みとか何やってるんですか?
「休みとか、ほとんどパソコンいじってます」
―その体で? え〜、パソコン驚いちゃうんじゃないですか(意味不明)
「そうですねぇ…」
―その体で家にいるんだったらあれですねぇ、外に出てなんかしないと
「そうですねぇ…でもあの外出ると…」
―お金かかるから?
「いえ、歩くの疲れるんです」
―(笑) 太ってるから? 歩かないと痩せないじゃないですか
「うーん…」
―だから余計体がアレになっちゃうんじゃないの?
「そうですね、あんまり痩せたくもないんですけど…はい」
―なんで痩せたくないの?
「痩せるためにはやっぱ疲れるじゃないですか。疲れると食っちゃ寝、って感じなんですけど…はい」
―ふ〜ん… 今日、面接に応募来たのは何見てきたんですか?
「東京スポーツ」
―東京スポーツ。きっかけは、どうしてですかね?
「この体を活かして、いちおう応募してみました」
―そうですか、えっとウチのほう男同士のビデオなんですけど、男性同士の経験っていうのはありますか?
「えっと初めてです」
―初めてですか。今日面接で初めて男性のビデオって言われたんですけど、ショック大きいんじゃないですか?
「いちおう割り切ろうと思ってます」
―もし合格すれば男性とキスしたり、ヘラチオしたり男女と同じようなSEXやるんですけど、大丈夫ですかね?
「いちおう割り切って頑張ります」
―相手の男性のオチンコ、舐められますかね?ちょっと不安な顔してると思うんですけど今
「頑張ります」
―どんな味すると思います、オチンコって
ストロベリーのような…
―ストロベリーのようなぁ?!(嘲笑) そんないいもんじゃないと思いますよ多分、ゴボウみたいな味がすると思いますよ
「はあ」
―キスはどんな感じだと思いますか?
「たぶん…メロンのような…
―さっきはストロベリーで今度はメロン?すごいアレ、太ったわりには随分とロマンチストですねぇ
「すいません(小声)」
―興奮しちゃうんじゃないですか、男性同士でやったら。
「クセになっちゃうかもしれないですね、もしかしたら」
―んーそれも困っちゃいますね
「ハハィ…」
―じゃあこれからとりあえず、一人エッチていうか、せんずり、オナニーをビデオの前でやって。週に何回くらいですか?せんずりするの
「週に4回くらい」
―なんか見たりなんか使ったりするんですか?
「ピンクローターとか使います」
―どうやって使うんですか?
「乳首にあてたり」
―すごいですねぇ〜興奮します?
「はい、興奮します」
―乳首感じんですか?
「特に左側の乳首が、モロ、モロに感じます」
―それもちょっと異常ですねぇ〜

淫夢缶バッジ 現代アート先輩