ネガ夫

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
ねがお
ネガ夫
出典僕の一番忘れたいこと,COAT corporation,2005
ネガ夫.jpg
COAT
代表作 BABYLON STAGE 48 僕の一番忘れたいこと
役柄 変態ストーカー
関連人物 アキラ

出演作[編集]

概要[編集]

『BABYLON STAGE 48 僕の一番忘れたいこと』に登場。ランニング中に競パンで日向ぼっこをしていたアキラを見つけ(パッケージによるとストーカーらしいから偶然見つけた訳ではない…?)クロロホルムで寝かした後、裸の写真を撮影し自宅に連れて行き、起きたアキラにその写真をばら撒くと脅し、しゃぶらせた後に掘らせた。

台詞[編集]

「その様子じゃ全然覚えてないらしいな」
「お前の全裸の写真を撮ってやったぜ。チンコビンビンに勃ってる写真をなぁ」
「俺の言うことを聞けばネガを返してやる。もっとも言うことを聞かなければばら撒いてやるがなぁ」
「じゃあ俺のチンコを勃たしてもらおうか」
「ほらもっと強く萌え(揉め)」
「いいぜぇ…気持ちいぜぇ」
「直に触れ…」
「ほらしゃぶれ」
「写真を返して欲しくないのかぁ?」
「ホラちゃんと咥えろよぉ」
「もっとホラ舌使えよ、舌」
「新しく開発してやるよ」
「感じてるな?」
「流石処女だな」
「指二本はキツイようだなぁ…」
「ウラウラ〜!」
「ホーラ、感じるか〜?」
「いいじゃん…いいじゃん…」
「男のケツも気持ちいいだろ?」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩