右側のデブさん

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
Jump to navigation Jump to search
みぎがわのでぶさん
右側のデブさん
出典射精会(Ⅲ),ウルトラボディ,2004
右側のデブさん.jpg
ウルトラボディ
別名 右の方
性別 男性
身長 173cm→172cm
体重 135kg→140kg
活動期間 2003年 - 2004年
代表作 射精会 (Ⅲ)
関連人物 タミオ失礼インタビュアー
備考 福島県出身

出演作[編集]

ウルトラボディ[編集]

  • Vol.68 重量限定
  • Vol.84 ザ・ラード (Ⅱ)
  • Vol.88 射精会 (Ⅲ)
  • 日本全国DEBU便り 2

概要[編集]

ウルトラボディのビデオに出演したモデル。おっとりした性格がわざわいして失礼インタビュアーにいじめられてしまった。「右側のデブさん」という名もインタビュアーの暴言から。

台詞[編集]

重量限定[編集]

―はい、今日はお疲れ様でした。
「お疲れでした。」
―飲む、飲む前に言ってくださいお疲れ様でしたって。
「そうですね」
―右の方。お疲れ様でした。
「お疲れ様でした。」
―えっとこれからあの〜、お客様に分かるように、あの自己ぉ〜紹介とアピールのことを聞きますんで、あのー答えてみてください。
―まず右の方から。出身地はどこですか?
「えー…福島です」
―福島県。
「はい」
―ずいぶん田舎ですね
「はい。すいm(謝罪)」
―福島県って顔してませんけどね。なんか熊本県みたいですよ?(差別)
―身長・体重・年齢言ってください。
「身長は173、体重135、35になりました。」
―35になりました?なんかスポーツやってたんですか昔?
「昔はねえ痩せてたんですよもっと。」
―あのー30キロくらいですか?
「いや、50キロくらい痩せてたんです、70キロちょっとだったんで」
―それがどうして太ったんですか?
「ええ、レスリングやめてからですね〜」
―ああレスリングやってたんですか?グレコローマン?
「いやフリースタイル」
―フリースタイル。すごいですね私もやってたんですよ
「へえ、はい」
―あーそうなんですか。えーと、いま今日やったビデオで苦労話はいいんですけど、ここが一番見どころだ、このキンタマはアレだとか等、なんかアピールかあるようなこと言ってください、あったら
「そうですね、お互いに、えん、体がでかいんで、この…なんというか、肉弾戦というか、そこらへんが…売りかなと思ってます」
―アナルずいぶん痛がってましたけど?初めての経験ですよね
「はい」
―どうでしたか?
「なんか、違う世界に行きそうな感じがしてちょっと怖かったです」
―あーそうですか(興味薄)ビデオは初めてですよね?
「はい」
―売れるといいですね
「そーですねえ」
―だいぶ肉専がいますから多分、大ヒットになると思いますけど。
―じゃあこういうところを、あの〜、買ったお客様に、勧めてください自分で。自分のいいところを、カラダのこういうところがいいとか、カラダのケツ穴がケツの穴がいいとか、マラがいいとか顔がいいとか
「そうですね、まだまだ、未熟なんで、あのー、初々しさというか、そこらへんを感じていただければなあと」
―そうですか、分かりました


射精会 (Ⅲ)[編集]

―これからちっちゃいインタビューする、インタビューしますから簡単の、それに答えてみてください。
「よろしくお願いしまーす」
まず右側のデブさん。
「…はい」
―えーと前回出てもらってまた二回目なんですけども、あの身長と体重だけまたーあの、違う人に変わるかもしれませんからそれだけはちょっと言ってみてください。
「はい。身長はちょっと縮み…」
―チン長!?(小学生並みの煽り)
「いや身長はちょっと縮みまして、172。体重はちょっと増えて、140。」
―…140ゥ?
「はい135ぐらいだったんだけど、夏太りしたみたいで」
―140?
「はい。」
―ええっと前回やった、やった〜ときと今回やったときと、イメージってどんな違いますかね
「えー…」
―2回目と1回目の。
「2回目のがそうですね、より過激になったような感じがします」
―スムーズにいきました今回は?前回はちょっと四苦ン八苦してましたけど。
「はい、スムーズでしたね」
―そうでした?相手の子は今日尺八どうでしたか?
「あのー…女の子よりずっと上手い尺八でした。」
―そうでした?隣の人淫乱ですからね。日本一の超一、超一流の、淫乱っていうアレ名前ついて、超一流淫乱ですから。多分それはもう100%大丈夫だと思うんですけども。
―えーと今回の、見どころ、売りはワタクシはここが一番良かったとか、やってるときは分からないと思うんですけど、ここが売りもんでここは見て、是非とも絶対見てほしいってとこがあったら挙げてください。
「そうですね…私も、初めて“アナルセックス”っていうのをやったんですけど、その、なんて言うのかなー、こう、頑張りというか……」
―はい。……ちょっと訳わかんないこと言ってますね、私意味わかんないですけど。ア、アナルが最初やって良いとかなんか言っといて、そやってなんだかんだと、わ、私は頭天然パーマなりましたけど。
「私今イッた後で、頭の中もう空っぽになってます」
―どこが見どころで、どこが良かったとかコレ訴えるところだけ言ってくださいよお客さn、買ってくれた人にここだけは、見どころで絶対ここだけは、一時停止、いっ、一旦止め、止めてあの見てくださいって一番、良いところあったところ言ってください
「うぅん……どこでしょう…?」
―どこでしょうってワタクシしてないんだから分かりません!
「そうですかね〜」
―ただ私良いと思ったのは紐でキンタマ、ロープで縛られて両サイド縛られて引っ張られてやったところがワタクシは一番いいな〜と思ったんですが
「はい」
―はいじゃないですよアナタ…どこが良いんですか?
「あのーやっぱ、袋をキュッと縛られて、尺八やられてるときにはイキそうでイケないという、辛い(笑)ほんとに…アレがあったんですけど、」
―はい
「それが一番、私的には気持ちが良かったんでやっぱり訴えるところがあるかもしれないですね」
―あーそうですか(興味薄)
―前回のは『重量限定』って題名で、結構ちょっと売れたんですけど、今回は売れそうですかね〜?どうですかね?
「監督が〜いいからまた売れるんじゃないでしょうか」
―調子良いこと言わないでください。そういうことは