吉永透のストーカー

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
よしながとおるのすとーかー
吉永透のストーカー
出典吉永透18才,STORM PLANNING,2000
吉永透のストーカー.png
ストームプランニング
別名 高橋ツトム
代表作 吉永透18才
役柄 ストーカー
関連人物 ユウ君先藤さん吉永透

吉永透のストーカー(よしながとおるのすとーかー、1999年 - 2000年)は、吉永透のストーカー。

出演作[編集]

ストームプランニング[編集]

J Studio[編集]

  • JP Boys Vol.4(吉永透18才が原作)
  • JP Boys Vol.16(標的が原作)

概要[編集]

『吉永透18才』で吉永透のストーカーとして登場。吉永透に電話をかけた後、彼がシャワーを浴びている間にソファーに置いてあったファッション雑誌をゲイ写真集と取り換えてあげた。 デビュー作の『青年たちの週末』ではヒゲが生えておらず、イメージがだいぶ違っていたため長い間素顔が判明していなかった。

台詞[編集]

吉永透18才[編集]

「ん?今流行りのストーカーってとこかな」
「きみの可愛い顔をいつも近くで拝ませてもらってるよ」
「もしもしぃ、透君さそがし女にモテるんだろうね」
「でもさぁ…ほんとは男が好きってこと…わかってるんだゼ」
「そんなにムキになるなよぉ」
「ん?お近付きの印に…きみの興奮しそうな写真集プレゼントするからさ」
「ゆっくり楽しむんだな。じゃ」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩