書き起こし:ガバ穴ダディー

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

(空耳として定着しているものは空耳を優先)
(最初の数分の音声はBGMなので光景のみ)
(00:00 タイトルロゴと共に映し出されるダディーと島田のディープキス)
(00:35 ダディーの衣服をめくる島田、びっくりする程に膨れた腹)
(00:50 ダディーにしゃぶらせる島田)
(01:49 コックリングのアップに画面が切り替わり、画面が引いてコブラ三木谷(サオ師)が映し出される)
(01:59 コックリングをチンコに装備するコブラ)
(02:45~ 本編開始)
チュッ…ブッチュ!チュッ!…ズッ!チュ…ブチュ…
ガバ穴ダディー「アァン…イカ、キムチ…アァアン…」ブッ、チュブ…
ガバ穴ダディー「アァ…」シュルルル!…ブチッ…ブッ、チュ!
ガバ穴ダディー「アァ…ンンーン…」プチュ!…(ドン!)…
(03:35 島田がダディーの胸をまさぐる)
ガバ穴ダディー「ンンンン…アァー…ンンー…ンァ!」
島田部長「怖いねぇ」
ガバ穴ダディー「ンンー、キモチィ…」
島田部長「気持ちいか~んん?」
ガバ穴ダディー「ンン…ンーサ…サイコ…ソコ…」
島田部長「ん?いいか?」
ガバ穴ダディー「キモ…キモチヨクテ…タマラヌ…」
島田部長「ん?もっと鳴けぇ…」
ガバ穴ダディー「ニュウ…ア!ウゥン…アァン!…ウゥン…」チュッ…
ガバ穴ダディー「ウゥゥウゥン…オォーン…」
(04:14 カット入り)
ガバ穴ダディー「ンン…ア゙!!ウゥ…ウゥゥン…ウゥ…」
島田部長「…やど~?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…(舐めたいか?)アァー…」
島田部長「舐めたいか?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…しゃぶりTIME(ん~?)…しゃぶりTIME」
島田部長「何がしゃぶりたいの?」
(04:57 島田の乳首を見るや否や飛びつくダディー)
ジュルル!!チュッピッチュ、ピッチュスゥ!チュル!…チューチュ!
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「チャッチャン…」スゥゥ!ジュ!チュポ!
ガバ穴ダディー「ン、ン、ン…ンー」チュルッピ!…
(05:21 カット入り)
島田部長「(不明瞭)」
ガバ穴ダディー「ンンーおっきいおちんちん欲しい!」
島田部長「しゃぶりたいか?ん?」
ガバ穴ダディー「ウン…ンンー…ちんこしゃぶりたい…」
島田部長「しゃぶりたい?」
ガバ穴ダディー「ウン…アンウン(別にいいじゃない?)…」
島田部長「しゃぶらせてくださいは?」
ガバ穴ダディー「アァーン…おちんちんしゃぶらせてくださぁい?」
島田部長「ん~、おいしいやつ?」
ガバ穴ダディー「ウゥーン…大きい、おちんちんを、ウゥーン…」チュッパッピップッ!
ガバ穴ダディー「ワァー!…ンンー…」
(05:55 下を脱ぎ始める島田)
ガバ穴ダディー「ンンー…アァ…ンッ」
島田部長「いいよ?ほら、…」
ガバ穴ダディー「ンンッ!」
(06:05 カット入り、ダディーのフェラ)
島田部長「おいしいか?ん~?」
ガバ穴ダディー「ンン…ギロチンチン、オイシイ」チュパッ!チュッ!プッ、チュプッ!チュッププ!
島田部長「おいしそうにしゃぶれ?ん~?」チュピッ!
ガバ穴ダディー「ンン…ウゥン…ンンー…ウゥウン…」
島田部長「おいしい?」
ガバ穴ダディー「ンー腹いっぱい…いっぱい、入っちゃ!ンー」プッチュッピ!
島田部長「舌出してしゃぶれ?」チュッピチュ!
ガバ穴ダディー「ンンンー…ンゥン…太いおちんちん、おいしい、ンゥンゥンゥンゥ…」
島田部長「おいしい…おいしいか?」
ガバ穴ダディー「おいしい…ドアラァ」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「アウゥンヒ…ウゥッ…ウッ…ンッ…ウゥンー…」
島田部長「もっと奥までしゃぶれ。ん~?」
島田部長「音立ててしゃぶら(ブデュ!)ないと」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥ…おいしい」ハムッ!ンゥンゥ…シュルルルッ!
島田部長「おいしいか?(オイシイ)ん~?」チュパッ!ピュピッ!ピュオッ!ポッ!チュパピ!
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンゥ…おいしい」ジュルルルルルッジュルウ!チュパップ!
(07:27 カット入り)
ガバ穴ダディー「イシッ」ハフジュ!
島田部長「ん?…ケツに入れたいんだろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥ…ンンン…ンンー…」チュパッハフジュ!
島田部長「…ってみ?ん~?」
ガバ穴ダディー「ン…ングアッ…ンンモゴモゴ…」
島田部長「(不明瞭)」
ガバ穴ダディー「ン、アッ、オゥン…アッ、入ってる、入っちゃう…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ギオン…ウゥゥン…ウゥン、ウゥーン…」
島田部長「気持ちいだろ?」
ガバ穴ダディー「アー!細菌入っちゃう!細菌入ゆびそう!(ん?)細菌、穴に入っちゃう!」
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「ンンッ、ン、ンンゥ…」
(08:07 カット入り、ダディーの尻をまさぐる島田)
島田部長「感じて、咥えて」
ガバ穴ダディー「アーン、イヤ…ウゥゥウン…」
島田部長「ようしみるな~」
ガバ穴ダディー「ウッウン!(ん?)ウッキモチ」
島田部長「ん~?ほら~」
ガバ穴ダディー「ンンッ、アッア゙ァ!」
島田部長「二本入ったど」
ガバ穴ダディー「中に入ってる…」
島田部長「入ってるやろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥウ!(ん?)ンッン…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…(もっと入れ?)ウゥン動いてる…中で…ウッウン…」
島田部長「え?(ワァー)気持ちいいって言うてみ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン…気持ちよくて…我慢できない…」
島田部長「何が気持ちいんや?ん?何が気持ちいの?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…お尻の穴が…」
島田部長「違うだろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…ンゥンゥン…わたしのおまんこ…」
島田部長「おまんこ…(台詞被り)」
ガバ穴ダディー「おまんこが…」
島田部長「もっかい言ってみな、おまん、こーって」
ガバ穴ダディー「ンゥン…おまんこが(うん)、我慢できなくなっちゃう(ん~?)…ンッンンー」
島田部長「欲しいんだろ?(ンゥンー)えぇ?(ンンー)」
島田部長「欲しいって言ってみな?」
(08:56 カット入り)
ガバ穴ダディー「もう許してェン…」
島田部長「泣いても泣いてもオッパラディン(泣いてる泣いてるもっと泣け)」
ガバ穴ダディー「ンンア゙ァモウ…ア゙オ゙ォン…」
島田部長「しゃぶらないとな大きくならないぞ」
ガバ穴ダディー「ン゙ンン゙ンン゙…」
島田部長「おいしいやろ?」
ガバ穴ダディー「ンンアーイ…ンッン゙ゥン゙…」
島田部長「ん~?おいしいか?」
ガバ穴ダディー「ンー中で…ン゙ンッ…ンー…いっぱいいっぱい裕次郎!(いっぱいいっぱい動いてる!)」
島田部長「親指入れたるからな」
ガバ穴ダディー「ンンンー…アー」
島田部長「あ~こら大きなって、ほら、気持ちおぁしみるわようしみる(TOKIO城島)」
ガバ穴ダディー「オァイデ(しみる、お~?)、イ゙ー!ウーンサイコ!」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「ン゙ー親子が…」
島田部長「もっと欲しいって言ってみな?」
ガバ穴ダディー「ンーたまらない…」
島田部長「ん?ちんぽが欲しいって言ってみ」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン…フゥンン太いシーチキンが欲しい!」
島田部長「ん?おちんちん欲しいか?」
ガバ穴ダディー「ンフフン…粗ちんちん入れてホ」
(09:44 カット入り)
島田部長「Here we go!」
ガバ穴ダディー「ン゙ゥン!」
島田部長「えぇ?おまんこいいおまんこしてるじゃん」
ガバ穴ダディー「ンゥン(もっと奥まで)…ガァーキモチイ…」
島田部長「気持ちいよ。ほら」
ガバ穴ダディー「オウゥゥン!ンッンゥッ!」
島田部長「ウルル…」
ガバ穴ダディー「ンアァン…ンッ、ンンンンッ!」
(10:06 カット入り)
ガバ穴ダディー「ぺろぺろ舐めちゃ…ンーン…」プッチ!チョッパップ!
島田部長「もっと大きいのしゃぶらせてやるわ」プッチ!
ガバ穴ダディー「ンーン…ンーン…ホシイ…ンン」
島田部長「もっと大きいの欲しいか?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…おしんちんが欲しい…ンゥゥン…」
島田部長「声出さないと、あん、ご褒美はないんだぞ?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…ンゥゥン…ここにちょうだい…いっぱい…いっぱいガラム…」
島田部長「大きいちんぽくださいって…」
ガバ穴ダディー「大きいおちんちんください?ンン…」
島田部長「ケツはおまんこは?気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ゴメ、気持ちよくしてくり、おちんちんくださぁい?モゴモゴモゴ…」
島田部長「おいしいか?」ブチュ!プッ…プッチュップッチュプッ…
島田部長「…お~いい、あ~いいよ」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンゥンゥン…おいしい、どうしよ」
島田部長「おまんこくすまるよ?気持ちいよ?」
ガバ穴ダディー「ンンッ、ウーン…」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「ウゥン、ンゥンゥンゥキモティ!ウーン、ウン…おちんちんおいしい!」
島田部長「ん~?」
(11:19 島田、唾液の準備。その間何か囁いてるが聞き取れない)
(11:34 カット入り、島田特有の唾液口移し)
ブッチュ…
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「おいしい…いっぱいちょうだい!(ん~ん)ンンンーアァイイ…ンン…アゥン…ウーン…」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「アァー」チュッピチ…
ガバ穴ダディー「ウァァー…」
島田部長「入った~」
ガバ穴ダディー「ウゥン、ウァーキモチィ…ウゥン…アー…アー…」
(12:08 島田、ダディーの乳首に触れる)
ガバ穴ダディー「ア゛ッ…ア゛ッ!」
島田部長「んん?」
ガバ穴ダディー「ンッン゛ン!…ンッ、ンッ…」
島田部長「いいか~?」
ガバ穴ダディー「ウゥヌン!あーそこ!ポワァヌン!!ウゥン!」
(12:22 カット入り)
ガバ穴ダディー「アッ…ンッンン!…そこ!オッパ…オッパゲドン!」チュッピ!
島田部長「ん~?何が来てるの?ん?」
ガバ穴ダディー「アーイ、イーーー」
島田部長「いいのか?」
ガバ穴ダディー「イ、あーそこ!そこ…!ア゙ーン!ンッ、ンッ、ンンー!」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ヌーン、ウン…」
島田部長「(聞き取りにくい囁き)」
島田部長「いっぱいやってやるからな!ほら」
ガバ穴ダディー「アッ、ソコ…」
(12:52 カット入り)
島田部長「いいか?気持ちい?」
ガバ穴ダディー「アーイ!おっぱい…ヒッ…オラァン!ニュア、我慢できない…」
島田部長「我慢できない?」
ガバ穴ダディー「ウゥンソコソコソコ!!ウア゙ァン!!アーイ!イー」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「アー!」
島田部長「何がいいんや…」
ガバ穴ダディー「ウゥンおっぱいが…!」
(13:12 島田、ダディーの尻をまさぐる)
ガバ穴ダディー「アッ、アッ、アッ!アー…アーイッチャウ!アイッ、アー、キモチィ!キモ、チィ…」
島田部長「ん~?何が欲しいんや?」
ガバ穴ダディー「おちんちんを…」
島田部長「言わないとくれないよ?」
ガバ穴ダディー「おちんちんテルル…ウゥン…」
島田部長「てぃんぽくださいは?」
ガバ穴ダディー「完全・合体(ん?)・合金…おちんちんください!ンフフ…」
島田部長「ん~?入れてくださいか」
ガバ穴ダディー「中に…ウゥゥン…アーイ」
島田部長「ケツ向いて」
ガバ穴ダディー「ウゥン…ア、アー!アァー!ウーン、ウーンコイシィ…オシッ、アー…ウゥン…アァー…ウン、アァー…ンッ」
島田部長「ん?おちんちんは?」
ガバ穴ダディー「ンンー…アー…ンッ、おっきい、おちんちんください!ンゥンゥ…」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンンァイイー…イッン゙ゥソコ!ソコガ…」
島田部長「(聞き取りにくい囁き)」
ガバ穴ダディー「ウゥン…」
島田部長「気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥ、イーーービソコ…ンアァー!ンッ、ンッ!」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「アッ…アッ!…アァァッ…ウッ…ウッ!ウゥソ!!ウゥウゥ!!」
(14:43 カット入り)
ガバ穴ダディー「ん~気持ちい~イヤーオ…いっぱい…(ん?)いっぱい気持ちい…(ん?)我慢できない!」
島田部長「ここ…」
ガバ穴ダディー「アァアー…ンッ、ンゥンゥン…!」
島田部長「そこ欲しいか?」
ガバ穴ダディー「いっぱい…入れて…ンンー…」
(15:00 二度目の唾液投入)
ガバ穴ダディー「アー」
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「アー、(もっと?)気持ちい~…(ん?)ンンンーッパイ…」ピョッ、ピョッ!
ガバ穴ダディー「アァン…ンー、ンーンー…ンッ、ンー…ンー…」
ガバ穴ダディー「アー…幹事…カンジル…」
島田部長「感じるか?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンゥン…ッパイ…ッパイ」
島田部長「ちんぽ大きな人来らしたるからな?な?」
ガバ穴ダディー「アー(欲しい?)ホシイ…」
島田部長「欲しいんだろ?」
ガバ穴ダディー「ウゥゥン大きいの(ん?)…しゃぶりたい!」
島田部長「しゃぶりたいんだ?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…ンッ…」
島田部長「ん~?ちょっと待って…」
ガバ穴ダディー「ウゥウン…アー…」
島田部長「気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「アーそこっそこは!んっ、んぁ~感じる!」
島田部長「ん~」
ガバ穴ダディー「アー!」
(15:53 カット入り)
ガバ穴ダディー「ダ!…アッ(ん~?)、アッ、アッ、アー!」
島田部長「アーオ」
ガバ穴ダディー「アッ、アイーン、イイヨ、ウゥン…おっぱいと…ウゥン、おまんこが気持ちい…」
ガバ穴ダディー「ウゥゥン、ウン、ウゥゥン、アァァン、ン゙ン゙ンン…ンッ、アッ、ンー我慢できなくなっちゃう!」
ガバ穴ダディー「アー、アー!ウゥンウン!アァー!!チィー!!ニュヴ…ア゙ッ…」
(16:25 カット入り)
ガバ穴ダディー「たまらない…」
島田部長「ん?何が?」
ガバ穴ダディー「アーソコ…オ゙ォォ!」
島田部長「どこがええんや?」
ガバ穴ダディー「ソコ…オ゙ァァ!」
島田部長「言うてみ」
ガバ穴ダディー「後ろ…(ん?)後ろが…気持ち…」
島田部長「後ろってどこや?」
ガバ穴ダディー「ンー…おまんこ…アッ」
島田部長「…してくださいは?」
ガバ穴ダディー「アァー、ウゥおまんこ、入れて(どこへ?)くださいアァーオッパイモ!イヤ、あぁ一緒に感じちゃウァァ!アァー…」
島田部長「ほら入ったど」
ガバ穴ダディー「アァー…アァーキムチィ(ほら)アァー(ん?)いごいてる…(ん?)中で…ハァー…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「デュアァイイ…アァー…オォッ、アァー…ア゙!アー、アッ、アッ、アッ!」
島田部長「(聞き取りにくい囁き)」
ガバ穴ダディー「アッ、アッ、アッ、アーッ!ウッ、ヴゥゥン…」
島田部長「欲しいんやろ?」
ガバ穴ダディー「おっぱいが気持ちい…おまんこが気持ちい…アッ、アー…ア゙アァン…ヴゥヴウゥゥン…アイー、Eー…ア゙!」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「アーッ、ンゥンゥン…」
島田部長「こっちは?」
ガバ穴ダディー「アーッ…ア゙!!ア゙ヴゥン!」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ア゚!!…アー…ヴゥゥアァ…ヴゥン…アァー、アイー、イ!アッ…」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「アァー…アァー」
島田部長「ちょっと待ってて」
ガバ穴ダディー「アァー、アァ、アァー、アヴゥン…動いてる!アッ、ハッ、おまんこの中で…ア゙ァオ゙ォン!ニュウ、我慢できない…」
ガバ穴ダディー「ガァー…ウッアァー!そこ!そこ!感じちゃう!ウオアッ!アッ!アッ!アァー!ア゙ァーイ゙…」
島田部長「入ったぞ?指が三本入ったぞ」
ガバ穴ダディー「アァー、イッパイ…ヴォ」
(18:02 カット入り)
島田部長「ほら」
ガバ穴ダディー「アァー…ヴゥン…イーヨー、入ってる…ヴゥンキモチィ…」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…アァー…アァー!」
島田部長「…、ん?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン…ンアァー!ンゥン中が…中が…アァー」
(18:20 カット入り、コブラ三木谷乱入、ダディーにしゃぶらせる)
コブラ三木谷「ホワァ…ホワッ…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ン゙ゥン゙ゥン゙ゥン゙ゥン゙!!」
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「ン゙ゥン゙おいしい!(ん?)(ホワァ)ンッ、ウッ、おいてぃい!」
島田部長「おいしいよ」
ガバ穴ダディー「おっきいよ、おちんちん!ンゥン(おいしそうにしゃぶれよ)、おまんこに、入ってる!」
島田部長「うぅん」
ガバ穴ダディー「ウゥウゥゥン!(ホワァ)おっきいおちんちんがおいしい!ン゙ゥン゙ゥン゙ゥン゙(ホワァ)、ン゙ゥ、ン゙ゥン゙ゥン゙…(ホワァ)」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「(ホワッ)ンゥーイィ!ンゥンゥンゥン我慢できないプロジェクトX(気持ちよくて)!ンゥンゥン…」
コブラ三木谷「ホワッ…」
(18:55 島田、ダディーの尻をまさぐると共にコブラの乳首に触れる)
ガバ穴ダディー「オワァオ、オワアァァ…ンー(ホワァ)おまんこが、ンンー、アーヒクヒクしてる!ン゙ゥン゙ゥ(ホワァ)ン゙ゥン゙…(ホワッ)」
(19:12 カット入り、ダディーのフェラのアップ)
コブラ三木谷「オアッ…オワァ…オワァ…オワァ…オワァ…オワァ…オワァ…オワッ…オワァ…アァ…」
ガバ穴ダディー「ヴゥゥンゥンゥ…」
コブラ三木谷「オワァ…オワァー…」

(19:50 カット入り)
島田部長「いいか?」
コブラ三木谷「オワァ…(ブッ!)オワァ…」
(20:00 二人、ダディーを起き上がらせ衣服を脱がす)
ガバ穴ダディー「アァー…」
島田部長「暑いね…」
ガバ穴ダディー「アァー…ハァ…」
(20:13 カット入り)
ガバ穴ダディー「アァー…」
島田部長「ん~?」
島田部長「(不明瞭)おっきいちんこしゃぶってみな?」
ガバ穴ダディー「アッ!」

(20:23 カット入り、コブラのをしゃぶるダディー)
島田部長「おいしいやろ~?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…」
島田部長「ね、おいちいおいしいって」
コブラ三木谷「オァ…」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン…」
島田部長「おいちいやって」
コブラ三木谷「ハァー…」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンおっきいおちんちん」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「おっ、おっきいおち、おっく、おちんちんを…」
コブラ三木谷「ハァー…」
(20:36 フェード入り、ダディーの穴に島田が指を入れる)
ガバ穴ダディー「あ~、ヒクヒクしてる…おまんこ…」
島田部長「入れるよ~?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…」
島田部長「入れていいんか?」
ガバ穴ダディー「アァ」
島田部長「入れてくださいは?」
ガバ穴ダディー「アッ、アンッ、おまんこに(ん?)、入れてください気持ちよくナッチ!」
島田部長「何を入れるの?」
ガバ穴ダディー「アァー!気持ちよく(何を入れるのや?)、INしてください?」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「おまんこ…」
島田部長「(アァー)ほら、ほら二本入ったぞ(アァー)。え?ほら。(アァー)ほら三本も入ったほら」
ガバ穴ダディー「アーイッ…アイー」
島田部長「ん?いいか?」
ガバ穴ダディー「イー、アーン…」
島田部長「いい?ほらもっと見せるようにしないと」
ガバ穴ダディー「アーン…(見せて…)アー…アーンーおまんこが(うん)…おまんこが我慢できない…」
島田部長「ん~もっと我慢できなくしてあげる」
ガバ穴ダディー「アー」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「アイー…」
島田部長「うら」
ガバ穴ダディー「ウーン…アー…」
島田部長「ああ~、あ~気持ちいなぁ」
ガバ穴ダディー「アイー…アー」
島田部長「気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「アーイー、イィイー」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…気持ちよくて…(ん?)ウゥン…中が…中のおまんこが…(ん~)」
島田部長「ああ~ようしみる!ほら」
ガバ穴ダディー「アーイー!(あ~気持ちいいわ)イー!(ん?)ンゥンゥンゥン…(ん~?)」
島田部長「(ンゥンゥンゥンゥン…)ほらもっと声出さないと、ご褒美やらないぞ?」
ガバ穴ダディー「ウゥウゥウゥ、アイーン…」
島田部長「ん?(ンゥンゥン…)いいんか?」
ガバ穴ダディー「中が…中が…」
島田部長「三本入ったほら」
ガバ穴ダディー「…ってく…アー、アーイ…」
島田部長「あ~ようしみるな」
ガバ穴ダディー「ウーン」
(21:51 カット入り、ダディーのガバ穴のアップ)
島田部長「もっと見えるようにしないと」
ガバ穴ダディー「アーイ…(ん?)ア゙ー…アー、アーおまんこ…おまんこが…」
島田部長「う~ん…」
ガバ穴ダディー「ウゥン…アーイ…イイヨォ…ウーン、ウン、ア!おまんこ…ウーン…」
島田部長「う~ん…」
ガバ穴ダディー「ンアァアァイ、イーッイ、ンゥ、ンゥ、ンッ」
島田部長「欲しいか?」
ガバ穴ダディー「ンゥン欲しい」
島田部長「何欲しい?」
ガバ穴ダディー「ンゥン、ンゥン、おちんちんを、おまんこに(ん~)、入れていっぱい気持ちして、気持ちよくしたい」
島田部長「ん~」
ガバ穴ダディー「ンーッ…」
島田部長「今入れて(ンーッ、ンー)やるからな…(アァ)ちょっと待ってて」
ガバ穴ダディー「ア゙ァー…」
島田部長「なぁ」
ガバ穴ダディー「アーイ」
島田部長「もっかい言ってみ?」
ガバ穴ダディー「ンゥン、おまんこを、おまんこを…おちんちんに、入れてください!」
島田部長「おちんちんをか」
ガバ穴ダディー「ウーン」
島田部長「ん~。大きいの入れてやるからな、喜ぶんやど!」
ガバ穴ダディー「アー、(あぁ?)イ、イイッイッイッ、イー…アー…」
(22:40 ディルドをダディーのガバ穴に入れる島田)
ガバ穴ダディー「アー…アー…アー」
島田部長「力抜け。ほら入ったお~~~」
ガバ穴ダディー「アーイ…(ほら)あ~おまんこが…おまんこが…」
島田部長「お~。(ウゥン…)気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ウゥンゥ…イヤァーアー…アーーーハァアンアイーーーン…」
島田部長「お~」
ガバ穴ダディー「アァアァアァンアァアァン…」
島田部長「泣け泣け」
ガバ穴ダディー「アッ、アーッ、ンッ、ンゥンゥンゥン、アーーーッ…」
島田部長「奥まで入るだろ?力抜け」
ガバ穴ダディー「アーチャー!フッ、ウゥウゥウゥウゥン気持ちんぽ~…アーイ、ニュウ、アーッ、アーッ、ウゥン…」
(23:23 カット入り)
ガバ穴ダディー「ンゥン、おまんこロックマン!(あ~…入った)入っちゃう入っちゃう入っちゃう!ンゥンゥンゥン…アァー、アラー」
島田部長「ほ~らいっぱい入った!」
ガバ穴ダディー「アァー!ンゥンゥン気持ちい~…ンゥンゥンゥンゥン…ウゥウゥウゥウ!!ヴッ、ア゚ァー!ウゥッ、ンゥンゥン、アーッ」

(23:45 カット入り)
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン、イーーー」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「イーンゥン、うまんこが、ハァッ、アハァアァン…アウゥア゙ァア゙ァアァ、アァー、ンゥンゥンゥン…」
(23:56 カット入り)
ガバ穴ダディー「気持ちい…」
島田部長「もっと奥まで入れるよ?ほら。う~わ入った入った!」
ガバ穴ダディー「アー入っちゃ入っちゃ…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ンゥンおまんこ、(うん)奥まで入っちゃ…ウゥン」
島田部長「あ~ほら」
ガバ穴ダディー「アァッ、アッ、アァホラ、ア、ウゥン…」
島田部長「どこがええんや?」
ガバ穴ダディー「アーおまんこ…(ん?)おまんこ…気持ちよくて我慢できな、ンアーッ…ァアァッ…ア、ウゥン…」
島田部長「もっと欲しいって言ってみ?」
ガバ穴ダディー「ウゥー、おまんこ、ンゥン気持ちいい~」
島田部長「もっとくださいは?」
ガバ穴ダディー「ンゥン、アーッ、いっぱいいっぱい(ん?)、いっぱい、入れてください」
島田部長「う~ん」
ガバ穴ダディー「おまんこに、イッ、入れてください」
島田部長「欲しいか?」
ガバ穴ダディー「ウッ、ウゥン、アーイ…」
島田部長「気持ちい?」
ガバ穴ダディー「ンゥゥンアー…すごい」

(24:32 カット入り、別アングルからダディーを眺める)
ガバ穴ダディー「イグッ、ンッ、ンアーッ、ンゥゥヌ、ンーッ、ンッ、ンッ、ンッ、アーッア゙ァァヴゥゥン゙…」
(24:40 カット入り、島田はコブラのをしゃぶり、ダディーは島田のおっぱいをしゃぶる)
コブラ三木谷「オワァ…」チュルチュル…
島田部長?「おいしい~」チュル!
コブラ三木谷「オワァ…」
ガバ穴ダディー?「アァーイイ…」
島田部長?「ん~…」
ガバ穴ダディー?「おっぱいおいしい…」チュッピチュ!
コブラ三木谷「オワァ…」チュッチュッピチュ!
コブラ三木谷「オワァ…」
ガバ穴ダディー?「アー!」シュルルル!!チュッ!!
コブラ三木谷「オワァ…」シュルル!!
コブラ三木谷「オワァ…」シュルッチュッピ!
コブラ三木谷「オ、オワァ…」
島田部長?「アー…」シュルル、チュルッピピッ!
コブラ三木谷「オワァ…オワァ…」

(25:13 カット入り)
島田部長?「ゥウン…(シュルップ!)ンゥゥン…(ピュッピュ!)ンゥゥゥン…ンゥンゥゥン…」
コブラ三木谷「オワァ…」
(この辺りはどうしても書き起こしできなかったのでかなり飛ばし飛ばしです、すみません)
(25:24 カット入り)
25:38 ガバ穴ダディー「アッ、アッ、おっぱいが、おいしい」チュルチュ!
26:13 ガバ穴ダディー「アッ、アウーン…アッ、アッ、キモチィ、ウーン、アー、ウーンアー、アーッ!アッ…」
(26:31 カット入り)
26:40 ガバ穴ダディー「アーイ、アー…」
ガバ穴ダディー「アーイ、ウンッ、オイシイ…アッ、パイッ、パイッ、ンッ、ンッ…」
(27:05 カット入り)
ガバ穴ダディー「アァー…ア゙ァ!ア、アー…ン゙ンンンッ、ンッ、ア゙ッ!アーッ、ンッ、アッ、ア゙ーッ!アッ、アッ、アッ…」
ガバ穴ダディー「カンディル…」
(27:28 カット入り)
ガバ穴ダディー「おっぱい…おっぱいが…ハッ、ハッ、ハッ…気持ちよくて我慢できない…」
(28:12 カット入り)
(29:04 カット入り)
29:06 島田部長「気持ちいい?いい?」
コブラ三木谷「ウン…キモチィ…オワッ…」
29:27 ガバ穴ダディー「アーイ、エンッ、エンッ、エンッ、エンッ、エンッ、エッ、エンッ…」
島田部長?「ンーン…」
29:52 ガバ穴ダディー「ダッ、ウゥン…」
ガバ穴ダディー「ウゥンウーンウゥッ…アッ、アッ、アッアッ、アーッ、アッ、アッ、アッ…アァ」
島田部長?「いいよ?うぅんうぅぅんうぅんうぅぅんうぅん…」
ガバ穴ダディー「おっぱい、おいしい、おっぱい…アァー…」
(30:55 フェード入り、遂に挿入)
島田部長「入るよぉ?(ウゥン…)ほら…」
コブラ三木谷「ハァー…ハァー…」
島田部長「ん~?」
コブラ三木谷「ハァー…ハァー、ハァ…」
ガバ穴ダディー「ウゥン、ウゥウゥン…」
コブラ三木谷「オ゙オア゙ア…ハァー…ハァー…」
島田部長「声出せ?」
(この辺りはコブラの吐息はカットします、すみません)
ガバ穴ダディー「ウゥウゥウゥウゥン!…おまんこが!」
島田部長「気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「ウゥンおまんこ気持ちい!」
島田部長「気持ちいって!」
ガバ穴ダディー「ウゥンおまんこいっぱいいっぱい!アーオおまんこ!おまんこが!」
島田部長「口開け!」
ガバ穴ダディー「アイー!イ、イ、…のおまんこが、ヒクヒクしてる!ウゥウゥン…」
ガバ穴ダディー「DELIGHT!!BEAST!!おまんこの中でEASY!EASY!」
島田部長「いいやろ~?え?いいか?」
ガバ穴ダディー「アー!アァアァン気持ちいよぉ!」

(31:43 カット入り)
ガバ穴ダディー「ウゥウゥン!おちんちんおいしい!ウゥン、ウゥウゥン!ウゥンおちんちん、おまんこの中で気持ちいよ!」
(31:54 カット入り)
ガバ穴ダディー「ヨイヨイヨーイヘヘッ…」
島田部長「いいかぁ?」
ガバ穴ダディー「ウゥンアーイ…アーッ!アーッおまんこ気持ちい!」
島田部長「ねぇ~おまんこ気持ちいか!気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「ウゥウゥン…」
島田部長「泣けもっと!ん~?」
ガバ穴ダディー「イィイ、イィイー、ウゥーンハッ、アッ」
島田部長「いいかぁ?」
ガバ穴ダディー「アッ、アッ、ア゛ァア゛ァ…」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ンニャア゛アオ゛!おまんこ!ン゛ン゛ン゛…」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「イィ、あ゛あ゛~!」チューピーチューピー!
ガバ穴ダディー「あ゛あ゛~お゛!」
島田部長「気持ちいだろ?」
ガバ穴ダディー「モコが、中が気持ちいいモコモコ!ああ~!ああ~お…」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「ンンンイイアアー…ンンンフフ…気持ちよくてオヒリヒン…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ンゥン気持ち」
(32:48 カット入り)
島田部長「いい?ほら、…(不明瞭)」
ガバ穴ダディー「アァー…ア゙ァー!ンッ、ンッ、ンッ、ンッンー火ー噴ーくー!フッ、アァアァおまんこイっちゃうイっちゃうイっちゃう!」
ガバ穴ダディー「アァアおまんこがイっちゃうフゥンー…ウゥウゥン…アァアァン…」
ガバ穴ダディー「おまんこ…オジン…ウゥウゥウゥウゥン…」
島田部長「ほら口開けろもっと」
(この辺り、ダディーは咥えられているためこの奇声のまま)
島田部長「え?あ~気持ちいか?ん?」
33:55 ガバ穴ダディー「ぷももえんぐえげぎおんもえちょっちょっちゃっさっ!ああ~」
(33:59 カット入り)
ガバ穴ダディー「あいーい、い、い~くぅ~いくいくいくいくいくいくいく…お゛ぉおおおおおおごお゛ぉおおおおおぉ…」
ガバ穴ダディー「ん゛、ん゛んん、ん゛ぅん゛ぅん゛ぅん゛ぅん゛ぅん゛ぅん゛…ん、ん゛ぅぅっ、う~!う~!う゛ぅうううううううううぅぅぅう゛う゛!!」
ガバ穴ダディー「う゛、う゛ぅ、う゛ぅう゛、う゛ぅう゛ぅ、うぅ、ウンッ!ウンッ!ウンッ!ウンッ!ウンッ!ウンッ!ウンッ!ワンッワンッワンッワンッ!ワンッ!ワンッ!ワンッ!うぅう゛ぅぅぅぅ!う゛ぅうぅぅぅぅぅ!う、う、うぅ…」
島田部長「へへ…いいか?」
ガバ穴ダディー「んぅんぅん!」

(34:41 カット入り)
ガバ穴ダディー「いいい(え?)ぃぃぃ…ちゃんちゃちゃちゃんちゃん!!Foo!オ゛ア゛ッ!ア゛ゥアッ、ア゛ッ、ア゛ッ、ア゛ウゥン!!ニンニンニンニンニンニン…デュワァ!!う゛ぅう゛ぅん、ア゛ァー!!ウッ!ウッ!ウッ!」
島田部長「あ~?」
ガバ穴ダディー「ア゛ァア゛ァ!ウ゛ゥウ゛ゥウ゛ゥウゥウン…」
(34:59 別アングル)
ガバ穴ダディー「ムッ、キュ!…ジュル!チュルピュ!」
島田部長「あ~?気持ちいやろ?(あぁセンチメンタル…)気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「キモチイ!…アアアアァァァーーー…」
島田部長「欲しい言え欲しいって!(マンマミーアマンマミーア)」
ガバ穴ダディー「マンマミーア!パイパイパーイパパイニ゙ チーッチッチッチッチッチッズオォ!!」
島田部長「ほら、舌出せ舌!」
ガバ穴ダディー「んぅんぅんぅん!!…」

(35:30 カット入り)
ガバ穴ダディー「イデッ!…ア、ジャ、テッ、ブルアァァ!!(ワブルベース)てってってって!」
ガバ穴ダディー「ジズ!ヤ!…イヤヒヤシンス!!」
ガバ穴ダディー「ア!ア!アヘッ!アヘッ!アヘッ!アヘッ!アヘッ!アヘッ!アヘッ!ア゚ァア゚ァア゚ア゚ァアァァ…」
(35:53 カット入り)
ガバ穴ダディー「アッ、アッ、ウ、ウゥン…」
島田部長「おいイクよ?えぇ?」
ガバ穴ダディー「う゛ぅう゛ぅう゛ぅう゛ぅ!」
島田部長「欲しい言って欲しい!え?」
ガバ穴ダディー「あ゛ぁあ゛ぁあ゛ぁあ゛ぁ気持ちい!(イクぞ?)イッパイホシガリヤナノネ!」
島田部長「イクよ!(あぁあぁ)イクよ!」
ガバ穴ダディー「あ゛ぁあ゛ぁあ゛ぁあ゛ぁ(イクよ!)イクイクイクイクイクイク!(イクよ!!)イクよぉ!イク!」
ガバ穴ダディー「んぅんぅんぅんあぁあぁあぁもごもご…」
※島田部長「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」
ガバ穴ダディー「あうぅうぅうぅん…」
島田部長「あ゛あ゛あ゛あ゛っ!」
ガバ穴ダディー「アン!アン!アン!」
(パンパンパン!)
ガバ穴ダディー「アンアン!アン!アン!アンアン!ア、ブルアァァ!」
(ダディーについた精液のアップ)
(36:49 カット入り、ダディーの顔のアップ、顔に付いた精液が髭のように見えてかわいい)
ガバ穴ダディー「アァー…ア゛ァー、ジャッ、ジャッ、ジャ、チェン…貴゛様゛ら゛!ア゛ウゥウ゛ゥン!」
ガバ穴ダディー「ジャッ!キー!チェン!ジャッキーチェン!」
ガバ穴ダディー「ン゛、ン゛、ン゛、ン゛、ア゛」
ガバ穴ダディー「ン゛、ン゛、ン゛、ン゛、ン゛!」
(37:24 カット入り)
(パンパンパン…)
島田部長「気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「いぃいぃいぃいぃ…(ん?)おまんこ気持ちいぃいぃいぃ!」
島田部長「う~ん」
ガバ穴ダディー「あぁあぁあぁ…いぃいぃいぃ…ア、ア、ア!」
コブラ三木谷「イキそうだ…イキそ…」

(37:45 カット入り)
ガバ穴ダディー「ン、ン、ンゥン!ア゛ー!アー!おまんこクックックー!」
(37:55 カット入り)
島田部長「一緒にイクんやど?」
ガバ穴ダディー「んぅんぅんぅんぅん(ん?)気持ちいぃいぃいぃ!」
島田部長「一緒にイキたいやろ?ん?」
ガバ穴ダディー「ん゛ぅん゛ぅん゛ぅん゛ぅい゛ぃい゛ぃい゛ぃぃい゛ぃい゛ぃい゛い゛ぃい゛ぃ!!!…ア゜ーウゥン!」
コブラ三木谷「イ、イクッ!(小声)」
ガバ穴ダディー「ウァァ!!オレモイッチャウゥゥゥ!!!ウウウウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥ(阿ッ!)ウウウウウウウウ!イィィイィィィイイイィイイイイイイイイイイイイ!!」
コブラ三木谷「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…」
ガバ穴ダディー「イ゛!ア゛ァ!ア!ア!ア!ア…アァー…(波打つお腹)」
コブラ三木谷「オハァ…ハァ…ハァ…」
島田部長「気持ちよかったか?」
ガバ穴ダディー「ウゥアァイィ…オマンコキモチイ゙イ゙イ゙ィィィィィ…」
コブラ三木谷「ハァ…」
島田部長「イッたんか?」
ガバ穴ダディー「もう嫌…アァー…アァ…アァーこれじゃ気持ちい…あぁ…おまんこがどうにかなっちゃう…」
コブラ三木谷「ハァ…ハァ…ハァ…」
ガバ穴ダディー「ハァ…ハァ…ハァ……アァ…アァ…アァーン…」

(39:20 カット入り)
ガバ穴ダディー「ア…ア…アァー…」
コブラ三木谷「ウハァ…ウハァ…ハァ…ハァ…」

(ドラゴン田中『オスの雄叫び』のテーマに乗せて和やかな事後の様子が映る)
(曲変更後、二人は幸せなキスをして42:42にオナニー編へ)

引用元 [1]

淫夢缶バッジ 現代アート先輩