書き起こし:ヒゲクマ調教師3

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

本作品中で行われているSMプレイは、
大変危険を伴います。
責めの方法や器具の知識、経験なしに、
真似をしないでください。
本作と同内容を実際にプレイされた際に
起きた、いかなる事故・トラブルも、
弊社は責任を負いかねます。

顔合わせ~人間灰皿
熊「おい一人止まれ!白いのそこで止まってろ」
熊「お前奥だ」
熊「入れ」
熊「な~に奥行ってんだこっち来い!」
熊「手。ほぉ~」
熊「なんで息遣いが荒いの?お前名前は?」
白「猛(タケシ)です」
熊「はぁん?」
白「タケシです」
熊「おっきい声で言えよおっきい声で」
熊「今日は何しに来たんだ?」
白「・・・今日は…(小声)」
熊「 ハキハキ言うんだよ! 何しに来たんだ?」
白「仕事で」
熊「仕事って何だよ?」
熊「コンビニの店員かおめえ?」
白「違います」
熊「なぁに、仕事何しにきたんだ?」
白「めん、面接に来ました」
熊「面接って何だよ。何の面接かちゃんと言ってみろ」
白「スーッ」
熊「何の面接か言うんだよ!」
白「会社の…」
熊「 カイシャァ!? 」
白「えぇ、入りたいっていう…」
熊「何の会社?」
白「・・・」
熊「今日は何しに来たんだかちゃんと言ってみろ」
白「・・・・・・」
ガンガンガンガンガンガンガン!(圧迫)
熊「お前耳悪いんか?」
白「・・・」
熊「耳悪いんか!?」
白「いや、違います」
熊「ん~、今日何しに来たんだ?」
白「し、仕事ォ…(大嘘)」
熊「仕事じゃねえ、俺にぶっ壊されに来たんだろ?」
白「イヤ、違います」
熊「 何ぃ!? もう一回聞くけど違うのか?」
白「違います」
熊「あ~そうか。まぁいいや」
熊「後で楽しみにしとけや」
熊「『はい』h?」
白「はいわかりました(食い気味)」
熊「ん~ダッ俺が言い終わってから返事」
白「はい」
熊「はい。深呼吸!はい吐く。はい吸う。はい止める。はい吐く」
熊「覚悟しとけよ?」
白「はい」
熊「は~い、返事は大きな声で」
白「はいケフッ」
熊「 『はい』はぁ!? 」
白「はい!」
熊「うぃ~そのまま動くなよ?」
熊「赤いの(2章リスペクト)」
ペチペチペチペチ
熊「名前は?」
赤「敦(アツシ)です」
熊「うん、でけえなあ」
熊「頭ぶつけんなよ?(親切)」
熊「お前は今日何しに来たんだ?」
赤「・・・・・・仕事、です」
熊「お前らなぁ、2人揃ってよくわかんねえこと言うなあ」
熊「ホントに仕事なのか?」
赤「いや…」
熊「わかんねえか?」
赤「(頷き)」
熊「フーン。ま、手ぇ出せ」
熊「ふ~ん、とにかくお前じゃ仕事だったら何でもやんのか?」
赤「いや…ちがいます(小声)」
熊「ふ~ん、出来ることはやるって感じか」
赤「はい」
熊「悠長な身分だねぇ?兄さん、え?」
熊「あつしぃ?」
赤「ハイ」
熊「返事ぃ」
赤「ハイ」
熊「声小せえやつ嫌いなんだよな俺」
赤「へい」
熊「はいアツシィ!」
赤「へい!」
熊「HEY」
熊「たけしぃ!」
白「はい」
熊「たけし声小せえなあ!」
白「はい」
熊「 タケシィ!! 」
白「はい!」
熊「UAOH」
熊「俺、一応ドS。ドSっておわかりかしら?」
バチン!(鞭)
熊「ドSっておわかりかしらぁ?」
赤「はい」
熊「お~。タケシは?」
白「わかります」
熊「何ぃ?」
白「わかります」
熊「Ah、二人とも一応おわかりでいらっしゃる、なるほどね」
熊「だけどもな、お前らタケシとかアツシとかそういう風に言われてるから駄目なんだ」
熊「赤豚!」
赤「・・・」
熊「あ・か・ぶ・た?」
赤「はい」
熊「あぁいいねえ」
熊「白豚ァ!」
白「はい」
熊「ちゃんと出来るじゃん」
熊「 赤豚ァ! 」
赤「へい」
熊「 白豚ァ! 」
白「はい」
熊「 豚ァ! 」
赤「へい」
白「はい」
熊「たけしぃ?興味ある?どっちが先に行くか興味ある?」
熊「お前先に行くか?どっちがいい?」
熊「お前が先に行くか?(ガン!)」
熊「どうなの?あ^~何も返事がない」
熊「俺誰だかわかってる?」
赤「・・・わかんないです」
熊「おぉ~、白豚の方は俺誰だかわかってる?」
白「わかりません」
熊「大体ねぇ、フゥー、俺お前の名前、 お前の名前 、二人とも一発で覚えたろ?」
熊「どうしてわかんないんだ?どうしてわかんないんだ?ん~?」
熊「ヒゲ、クマ」
白「はい」
熊「うん、呼んでごらん」
白「ヒゲクマ(呼び捨て)」
熊「フゥー、合ってるかな~?どう思う?フー」
熊「あいつが何て言って…あいつの方がいい答え言っちゃったらお前先拷問ね。ンッフッフッフ」
熊「俺の名前は?」
赤「ヒゲクマ様です」
熊「 俺の名前は!? 」
赤「ヒゲクマ様です!」
熊「もっと大きな声で、 俺の名前はァ!? 」
赤「ヒゲクマ様です!」
熊「あ~、いいねぇ。お前いいね~(お気に入り)。へっへっへっへ」
熊「白豚」
白「はい」
熊「お前(聞き取り不可)。うっふっふっふ」
熊「俺の名前は?」
白「ヒゲクマ様です」
熊「何ぃ?ギュッといっていいすかギュッとぉ?」
白「イヤ…」
熊「俺の名前は?」
白「ヒゲクマ様です」
熊「小さいな声が」
白「ヒゲクマ様です」
熊「小さいぞホラ。もっと大きな声で言わないとホラ」
白「ヒゲクマ様です!」
熊「あぁビビってんのか?ふっふっふっふ」
熊「お前からいぢめちゃおかな~?」
熊「おい赤豚!」
赤「へい」
熊「ちょっと我慢できるかお前その中で」
赤「はい」
熊「おぉ」
熊「フー・・・動くな。 動くな! 」
白「はい」
熊「俺が、神様。お前は?」
白「・・・白豚です」
熊「お~いいねえ」
熊「はい質問で~す。これは何でしょう?」
白「鎖です」
熊「は~い。これは何でしょう?」
白「首輪ですケフッ」
熊「立て」
熊「とりあえず首だけ前出せ。はい、手ぇ出してぇ。はい、まずこれを自分で持つ」
熊「息が荒いけどどうした?心臓悪いのか?どうしたんだ?」
白「だいじょぶです」
熊「だいじょぶって、俺はどうしたかって聞いてるんだよ」
熊「何で息が荒いんだ?緊張してんのか?」
白「してないです」
熊「 何ぃ!? 」
白「してないです」
熊「してないのか。・・・じゃあとことん覚悟できてんのか」
白「・・・」
熊「あのな、俺帰ってくる10秒の間まで、お前自分で考えろ。
今日これからどういう風になるかっていうのを、な?」
熊「 へーんーじぃ? 」
白「はい」
熊「はい。じぶんでゆぅっくり10数えろ」
白「・・・・・・」
熊「 かーぞえろよ!(激怒) 」
白「1、2…」
熊「もうちょいゆっくり数えてくれよ」
白「3、4、5、6、7、8、9、10」
熊「口開けろ」
熊「プッ!(霧吹き)」
熊「舌出して?(人間灰皿)」
熊「赤豚ァ」
赤「へい」
熊「ちょ~っと待ってろや。」
赤「はい」
熊「その代わりあんたは1.5倍でいじめてやるから。」
熊「白豚ァ Come on now! 」

=== 白豚面接編 ====
~扉の前で待機してる白豚~
熊「ハァ~」
熊「(指パチ)白豚ァ」
白「はい」
熊「 入ってこ~↑~ぉい 」
ドア「ガチャッ(迫真)」
机「バンバン!」
熊「はい。なんで手なの?」
熊「はい気をつけぇ」
白「はい」
熊「気を付けの時は放すでしょ」
鎖「ガンッ(迫真)」
熊「はいはいはいはい・・・あ~」
熊「君、あれねぇ。どうだっていいけど、結構・・・不作法、さんね。」
熊「ノックしなかったでしょ?」
白「はい」
熊「忘れてたの?」
白「はい」
~ライター(天下無敵)を渡してタバコに火をつけさせる~
熊「フゥー。」
熊「男は好きか?」
白「好きじゃないです(大嘘)」
熊「男は、好きか?」
白「・・・好きじゃないです」
熊「あぁそう。」
熊「ちょっと見てもらえばわかんだけどさ、俺ぇこういう趣味があるんだ」
本「バンッ(迫真)」
引き出し「ガラガラ(迫真)」
熊「何の本だかわかるか?」
白「わかります」
熊「言ってごらん」
白「SMゥです」
熊「あぁ。どんなSMだ?誰が縛られてる?」
白「男です」
熊「お~。お前縛られたことは?」
白「ないです(半ギレ)」
熊「お~、手後ろに回して~?」
~腹をバラ鞭で叩く~
熊「こんなになってんだよ」
~本を開いて説明~
熊「お前こういう風にされるんだぞ」
白「怖いです」
熊「怖いか」
白「はい」
熊「はぁ~ん」
熊「でもねぇ、あんまりいきなりそういうことドーンとやっちゃってね、
お前にかわいそうな思いさせるのはね、ちょっと何だなと。」
熊「俺にも、それなりの仏心ってものがあるわけだよ。あると思うか?」
白「はい」
熊「あ^~いいね」
熊「さぁて、じゃあ試練を与えましょう」
熊「こっちにね、うまく来てここに寝転がってくれ」
白「・・・」
熊「 寝ぇ転がんだよ!(ガンガンガン!) 」
熊「ここに、頭はこっち、足こっち」
熊「ここに座れまず、はい」
熊「はい、で、寝る」
熊「はい手は横」
~火のついたタバコを乳首に近付けて~
熊「ふ~ん、どうだ?どんな感じだ?」
白「ハァー」
熊「いいよ正直に言ってごらん」
白「っと熱いっす」
熊「熱い?」
白「はい」
熊「ギュッとやっt」
白「熱いっす!(食い気味)」
熊「 ギュッとやっていいのか! 」
白「いや、許してください」
熊「何を?」
白「許してください」
熊「何、許してほしいの?」
白「はい」
熊「何を?」
白「熱いっす」
熊「熱い? 生きてる証拠だよ(至言)
熊「ん~?ここら辺はどうなんだ?」
白「アーアッ」
熊「段々身体が敏感になってきてるだろ」
白「熱いっす(小声)」
熊「ん~?」
熊「さっきまで何とも思わなかった部分が、どーんどんどんどんこうやって
タバコ一本つけられるだけで(ペチペチ)敏感になってくわけだよ」
白「はい」
熊「な~?」
熊「熱いか?」
白「熱いです」
熊「はい熱いか?」
白「はい」
熊「熱いか。 そりゃ熱いよ お前、熱いようにしてんだから」
熊「こっち側はどうなんだ?」
熊「ほら」
白「熱いっす」
熊「ん~?」
白「イヤァ、熱いです」
熊「 生きてる証拠だよ(2回目) 」
熊「じゃあさ、ギューっとつけるからそれ我慢してみてくれや」
白「いや、無理です」
熊「何が無理なんだ?ん?」
白「無理です」
熊「 無理ってやってもいないことだろぉ? 」
熊「 どうしてやってもいないこと無理だって言い切れるんだ 、ん?」
白「もう、既に熱いんで…」
熊「何ぃ?」
白「もう既に熱いんで」
熊「 熱いの我慢したらその先に何かあるかもしんないだろ 」
熊「なんで今日ヒゲ剃ってないの?(おま言う)」
熊「剃刀ねぇのかよお前ん家は?」
白「フー」
熊「ヒゲ生やしてる方が好きなのか?」
白「はい」
熊「ここいつも舐めてもらってんの?」
白「イヤ…熱いです」
熊「 だから舐めてもらってんのかどうか俺の質問にまず答えるんだよ! 」
白「ハイ(食い気味)」
熊「舐めてもらってんのか?」
白「舐めてもらってないです」
熊「誰にも?」
白「はい」
熊「お^~。じゃいつも自分でやってるときどうしてんだよ?」
白「・・・」
熊「こんだけでけぇんだからいじくってんだろ!?」
白「ヤーいじくってないです」
熊「どこいじくってんだよ?」
白「 アァ… 」
熊「ほら、言わないとキュッといっちゃうよ?」
白「・・・」
熊「いいの?」
白「 はい(条件反射) 」
熊「いいの?キュッといって?」
白「いや…」
熊「いいの? はいありがとうございますすいませんねえ! (この後何か言ってるけど聞き取り不可)」
白「下半身だけです!」
熊「下半身だけ?」
白「はい」
熊「太ももとか触ってんの?」
白「イヤ…ちんちんです」
熊「太もも触ってるんだ?」
白「イヤ!サワッテナイデス」
熊「太ももはね、結構ね~、どうなの?(意味不明)」
熊「ほらぁ、え~?いやい~ぃねぇお前」
熊「結構楽しませてくれんね?」
熊「越中でございますな。今日どうしたんすかコレ」
熊「ちょっと穴開けてみますかぁ?」
白「いや許してください」
熊「何が?お前なんかさっきから聞いて(ると)許して許して、許してばっかりじゃないか」
熊「痛いのはダメなのか?」
白「ハイ」
熊「熱いのもダメなのか?」
白「ハイ」
熊「じゃあ恥ずかしくて苦しいことやってみるか」
熊「さっき見ててぇ」
白「ハイ」
熊「縛られてる写真見たときのお前の あの イヤそうな顔!」
熊「お前さあ」
白「ハイ」
熊「縛られたことないんだろ?」
白「ナイデス」
熊「じゃあ縛られてみろや」
熊「あと2ミリちょっと動かすだけであなたの乳首4倍ぐらいに腫れあがってしまうんですけど、ん?」
白「しばっ縛られ…たいです」
熊「何ぃ?」
白「縛られたいです!」
熊「 縛 って、くださいじゃないのかな? 」
白「シバッテクダサイ」
熊「ん?はい頑張るの?ん?」
白「頑張ります」
熊「頑張るの?」
白「はい!」
熊「は~い」
熊「ゆ~っくり立て、ゆ~っくり」
熊「はいゆっくり起き上がって」
熊「はい動くなよ」
熊「降りろ」

(白豚緊縛、手コキ編)
熊「遅いんだよぉ(ペチン)」
白「はい!」
熊「縛ってください、お願いしますは?」
白「縛ってください、お願いします(反復)」
熊「は~い」
熊「首にギュッと。い~よ~」
熊「おい、美しい(聞き取り不可)だよ」
熊「ちゃんとお前白豚用にちゃんと白い縄で」
熊「『ありがとうございます』は?」
白「ありがとうございます」
熊「うい。なーに、まだブランとしてんじゃねえか、ん?」
熊「揺れてるね?」
白「やめてください」
熊「何を?」
白「あっ(聞き取り不可)いっす」
熊「ほほほ!なんか、湿ってますよ?」
熊「湿ってんのは何ですか?」
白「わかんないっす」
熊「何?俺にこうやってグリグリされると勃起すんのが恥ずかしいのか」
白「はい」
熊「ちゃんと言ってごらん、それじゃ」
白「恥ずかしいです」
熊「こっち正面向けよ正面ほら」
熊「だぁ(だから)どう恥ずかしいのかちゃんと言ってごらん、ほら」
熊「言うんだよ!」
白「いじられると…」
熊「だぁ(だから)誰にどういじられると(聞き取り不可)」
白「ヒゲクマ様に…」
熊「うーん」
白「いじられると…」
熊「どぉこをだよ?」
白「チンチンをぉ…」
熊「おーん」
白「気持ち良くなってくるので」
熊「うん」
白「恥ずかしいからやめてください」
熊「どうして~?お前気持ちいいの好きなんだろ?」
熊「さっき痛いのやだぁいじめられんのやだぁって言ってたのにどうしてこうなんだよ?」
熊「お前ド変態入ってんじゃねえのか?」
白「いやそんなことないです」
熊「そんなことないって言ってるやつが一番危ないんだよ」
熊「ほらふさふさしてるだろコレ」
白「はい」
熊「ふさふさしてるだろココ」
白「はい」
熊「い~ぃ鞭なんだよお前コレ」
熊「気持ちいいかぁ?ほら、どうなんだよ」
白「ちょっと気持ちいいです」
熊「ちょっと気持ちいい?」
白「はい」
熊「これ前隠れてるからアレだけどさ、今どうなってるかこうやって越中ピャッっと開けてみて…」
白「やめてください」
熊「い~いから何をお前指図してんだよ!」
白「スイマセン」
熊「(聞き取り不可)変な趣味は何ですか?」
熊「ちょっと自分でチンコいじってみな?上から」
熊「ん~?いつもそういう風にやんのか」
熊「はい・いいえで答えてごらん」
白「はい」
熊「いつもそういう風にやるのか」
白「はい」
熊「お~ん」
熊「おい、恥ずかしい野郎だなあ?」
熊「白豚ァ」
白「はい」
熊「お前ネーミングに対してピッタリじゃねえか、おい」
熊「なぁシミがまたなんかいやらしくなってきたぞ?」
白「ハイ」
熊「ん~?ん~?おら」
白「アッやめてください」
熊「これね、縛られてるからお前に自由はないんだよ、ん?」
白「はい」
熊「ンフッフフフ」
熊「男ダメだって言ってなかったっけ?」
白「ハイ」
熊「今いじられてる相手はだぁれ?」
白「男です」
熊「うーん、ただの男か?」
白「ヒゲクマ様です」
熊「うん、(聞き取り不可)なぁ」
熊「おいおいおいおい!ここピンク♪」
熊「はいピンクの何コレ?」
熊「ピンクの何だよこれ、ほら。ピンクのここ」
白「チンチンデス」
熊「なっかなぁ、もどかしいなお前。ん~?」
熊「あー…」
熊「どういうことだ、これが好きなのか?これが好きなのか?」
白「いや…はい」
熊「フッフッw、…『好・き・で・す』って言え」
白「好きです…」
熊「ぬあー…(感嘆)」
熊「ゥーーン…」
熊「直接手でヤって欲しいか?」
白「yです…」
熊「いらないの?」
白「はい(食い気味)」
熊「あぁそう嫌なの?…嫌なの?ん?」
白「イヤジャナイ…」
熊「おいおいおいおい、なんだこの硬さは!?(驚愕)なんだこの硬さは!?(驚愕)」
熊「ん?縛られて、見知らぬ男に、モノ揉まれながら」
熊「どんどん硬くなってくこれはなんだ?ほらぁ」
熊「ちょっと越中キュッと」
白「ヤメテクダサイ…」
熊「ほら皆に見られてるぞ、皆に見られてんだぞお前、え?」
熊「ダメだダメだって言いながらお前皆に見られてんだぞほら、ん?」
白「ハズカシー」
熊「恥ずかしいなぁ、うん」
熊「目ェ瞑って、ほら」
白「ハイ」
熊「ナニ?出そうなのか?」
白「イヤ…」
熊「ムッチリした躰に良い感じで吸い込んでるじゃないか…」
熊「ありがとうございますは?」
白「ありがとうございます」
熊「うん、どんどん勃起してくる自分はどんな気持ちだ、ん?」
熊「ほら、自分でお前触んなきゃ出せないんだろ、え?」
白「ハイ」
熊「このカス野郎…フッフッフ…カスヤロウ」
熊「うわ!カッチカチじゃねぇか!え?」
熊「越中苦しいのかほら?(富山の役)」
熊「どうなんだホラ?」
熊「ヴォーーー…ヴォーーーー!」
熊「ふー↑ん…シュッシュシュッシュ言う音がイヤらしいな」
熊「これさ若しかして縛られてるから興奮してんじゃないの?」
白「いや、ソンナ、コトナイデス」
熊「本当はどうなの?」
白「ンナコトナイデs…」
熊「ん?縛られたままで『はい』扱かれて活かされたいか?正直に言ってみろよ」
熊「解かんなくなってきたか…」
白「スコシハ…」
熊「skoshは…、ハァー↑」
熊「人前で精液ビャービャービャービャー翔ばしちゃうのがいいのか」
白「イヤ…恥ずかしいです…」
熊「恥ずかしい?え?じゃあなんでこんなカチンコになってんだよ、え?」
熊「ふーん…、滲みがお前どんどん拡がってるけどどういうことだよ」
熊「止めていいのか?」
白「イヤ…」
熊「ドッチだよぉ~?ハッキリしてくれよ~…」
熊「う~ん?、へぇ~~~~そっかぁ…」
熊「こういうのはどうだ?ん?…え?どうだ?」
白「アー」
熊「『アー』じゃねぇ…ん?」
熊「五月蝿いからちょっと黙ってろや」
(口に縄を巻かれる白豚)
熊「今度は、口の自由が奪われました(虐待おじさんリスペクト)」
白「アァー」
熊「フッフッフッフッフッフッフッフwwwww」
白「アァー…」
熊「うわぁーガチガチだよどうなってんだよ!?」
熊「え?今までも喰ってたんだろぉ男ォ、ん?(カニバリズム)」
白「ゥー」
熊「『ゥー』じゃねぇよどうなってんだよオイ!恥ずかしいお前カス野郎だなぁ」
熊「もっとヤって欲しいか?もっとヤって欲しいのか?」
熊「ちょっと御開帳してみるか、ん?」
熊「おい、白豚の白縄ホラ、どーだい、ピーチク食い込んでるぞォ」
熊「皆に見られちゃうよ、皆に見られてい…」
白「ゥーゥー!」
熊「何?皆に見られていいの?」
熊「なぁこれ(褌)全部外しちまうからさぁ、普通(?)だから、え?」
白「辞めてください!」
熊「え?止めるって何?扱くの止めるの?どっち?」
白「ゥー…ァー…」
熊「あー…ガチガチじゃないか…(感嘆)」
熊「なんかネバネバになってるけどどういうこと?」
白「フガフガ…ユルシテ…ひどいよぉ…(キモいよぉ…)」
熊「何?何?ほぉーん、凄いねぇ…」
熊「白豚さん、カッチカチですよぉ~?あなたカチカチヌルヌルですけど、ん?」
熊「このまま出したいんじゃないですか?このまま出したいんじゃないですか?」
熊「このまま出したいですか?ん?どっち?」
熊「これね(聞き取り困難)がちゃんと見えるようにこんな風にしてみよっか」
熊「フッフッフッフw、どうこれ、これはどう?ほら…これはどうだ?」
白「dフイデス…」
熊「気持ちいいのか」
白「ハイ…」
熊「このまま続けて欲しいのか?」
白「ハイ…」
熊「あぁー…」
熊「ん?どうだ、ん?キュッキュキュッキュ締まってるだろ、ほら自分で腰降ってごらん?ほら」
熊「ここで手ェ止めてるから自分で腰振ってみろホラ」
熊「あぁどうだホラ、あぁホラ、どうだ、おう、おう」
熊「おいぉぃなんかTRODなってるよ?コレ何?」
白「(フガフガ…)」
熊「え?」
白「分かんないです」
熊「解かんないのほらもっと腰振って?ほら」
熊「皆に見られてんだぞ」
白「辞めてください…」
熊「ほら皆に見られてんだぞほら」
熊「腰振るんだよ!!!(豹変)」
熊「ほら皆に見られながら腰振ってんだぞ、ん?」
熊「ほら皆に見られながら腰振ってんだぞお前、ん?」
熊「出したいのか?、出したいのか?、出したいならホラちゃんと出したいって言えよ」
白「出したいれふ」
熊「出したいのか、ほら頑張って腰降ってごらん?ほら、ほら両手でガード(?)フッフッフッフ」
熊「ほらほら、もうちょっと腰振ってごらん?痛いか?ん?感度高まってる(聞き取り困難)」
熊「ほら、ほら、ん?皆さん見てくださいって言え!」
白「ミナサン…」
熊「皆さん見てくださいって言え!」
白「見ないでください…(反抗)」
熊「なんだよどっちなんだよ皆さん見てくださいって言えホラ」
熊「皆さん見てくださいって言え」
白「ミナサンミテクダサイ…」
熊「手挙げてみろほらカメラに向かって言え」
白「ミナサンミテクダサイ…(カメラ目線)」
熊「あのなあ、そんな簡単にイカせてもらえると思ったら大間違い。」
熊「そのまま目ェ瞑って後ろ向いて、もっと気持ちよくしてやるから」
熊「手をもうちょっと上に挙げて、こっちのほうは弱いんじゃなイカ?」
白「ゥー辞めてください!」
熊「何で?」
白「くすぐったい…」
熊「擽ったい?じゃあ痛いんだったら…どうなのかな!?」
(鞭でケツを叩く)
白「ウ゛!ウ゛ア゛ア゛!辞めてくれ!(タメ口)」
熊「豚はコかれて喜んでいます!」
白「豚はコかれて喜んでいます!」
熊「もう悪いことはしません!」
白「もう悪いことはしません!」
熊「一生懸命コいてください!」
白「一生懸命コいてください!」
熊「なんで俺がコかなきゃいけないんだよぉ!?(理不尽)」
熊「ごめんなさいは?」
白「ごめんなs…」
熊「忘れてんのか!?」
白「申し訳ありませんでした」
熊「あぁ~良い言葉だねぇ…はいこっち向いてごらん」
熊「あぁ…アップでほら撮られるぞぉ~?」
白「恥ずかしいから辞めてください…」
熊「恥ずかしいって言いながらほら、kチンココチンコになってるじゃないかほら、ほらぁ…」
熊「ん?どうなんだこれ?…ウーフッフッフw」
熊「気を付けてゆっくり座れよ、おう(親切)」
熊「(聞き取り困難)、ありがとうございますは?」
白「ありがとうございます」
熊「ありがとうございますは」
白「ありがとうございm…」
熊「心からありがとうございますは?」
白「ありがとうございます」
白「ウッ!…ウッ!…ウッ!…」
熊「その気持ち忘れんなよ」
白「はい…」
白「ウッ!…わぁ!…わぁ!…」



(赤豚移動)
熊「かさぶた先輩」
赤「ハイ...」
熊「おまちどおさまでした」
熊「首輪…くつじょくのくびわ♪」
熊「ヘッヘッヘッヘッヘ!(豹変)」
熊「あのな、俺自分よりデカい奴b... おい」
熊「おmなんで開けてんだ?」
赤「開けてないです」
熊「開けただろ、じゃあそのままスーッと手出してみろ」
熊「なんで開くんだよ?あぁ」
熊「逃げようとしてたの?」
赤「違います」
熊「じゃあなんで開いてんの?」
赤「フンガヘン...」
熊「え?」
赤「ハッ...」
熊「いや開けたんだろ!?」
赤「壊れてました」
熊「壊れてた!?」
赤「(コクリ)」
熊「じゃあ俺が壊したのか?」
赤「違います。ボクガ...」
熊「はぁーー...ひじょーーーーーに反抗的な態度すばらしいですね」
熊「今日はあなたどういうお仕事でここに来てるのかわかんないけどぉ、」
赤「スミマセン(小声)」
熊「ね?なんでこんn ちっちゃいんだよお前声があ!(豹変)」
赤「スミマセン」
熊「おっきい声出ないの?」
赤「いや、出ます」
熊「ハイは?」
赤「ヘイ」
熊「はいもっとおっきい声でぇ」
赤「ヘイ!」
熊「ハァイ!」
赤「ヘイ!!」
熊「ハァァイ!!」
赤「HEY!!」
熊「はい良いねぇ~」
熊「はい、屈辱の首輪ー、屈辱の首輪、はい反復して言って(コンコンコン)」
赤「屈辱の首輪」
熊「おぅちっちゃいんだよね声が」
赤「屈辱の首輪!」
熊「おー良い言葉ですねぇ」
熊「頭気をつけて出せよ(老婆心)」
熊「いじめる前から怪我されちゃ困るからな」
熊「頭でけーなお前ここ入んねーな頭、ん?痛いか?大丈夫か?」
赤「ハィ(小声)」
熊「何?『フ』じゃないんだよ痛いのか痛くないのか俺ァ聞いてんだよ、痛いのか痛くないのか?」
赤「ダイジョブデス」
熊「何?」
赤「大丈夫です」
熊「大丈夫なの、え?どのくらいまで大丈夫なの?ん?」
熊「良いねぇ~、頑張ってるねお前汗なんか掻いてどした?暑いのか?」
赤「...フガフガ」
熊「何?」
赤「ダイジョブデス」
熊「大丈夫じゃなくてすみませんだろ」
赤「すみません」
熊「何処でそういう言葉覚えてくんだ全くもー」
熊「結構なァ歯ごたえないんだよ君たちねーえー」
熊「ちょっと当たった?」
赤「大丈夫です」
熊「ちょっと当たった?当たっても大丈夫なんだ」
赤「はい」
熊「大丈夫なの?」
赤「ヘイ!」
熊「あ、ここ当てられても大丈夫なんだ」
赤「ハイ」
熊「ハッハッハッハッハッハッハッハ」
熊「誰が出ていいっつったの」
赤「ハイ」
熊「ンー、あのね、俺が命令する人。あなたはそれに答える人。間違ってますか?」
赤「間違ってないです」
熊「そうですよねぇ、そういう約束の下に来てるわけですから、ねー。」
熊「口開けて、ヌーフッフッフッフッフッフッ」
熊「このまま行っちゃおうかあ、はいゆっくり出ろよ」
熊「気をつけろよホラ足元気をつけろよ」
熊「明るいところで、ァー、ホラ下向け下、ホラ(上を指差して)」
熊「フッフッフッフ...いい顔してんじゃねーか汗ダラダラ流して、どしたんだ、血糖値高いのか?(ペシペシ)」
熊「さぁ行こう、アイアイアイアイ..アイ」
熊「足遅くねーかお前?豚野郎が」
熊「こっから、秘密の地下牢」
(仰々しく足音を立てて階段を下るヒゲクマ)
熊「なにフガフガ言ってんだよ!」
赤「ヘイ」
熊「どんなにデカい声出してもここは誰も助けに来てくれない...フッフッフッフッハッハッハッハ!!!」
熊「今~日は、良い日に、なりそうだ」
カメラマン「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…」
(三人が場所を変え巡り合う)
==旗揚げゲーム~草撲滅編==
熊「これ、なんだか分かる?」
赤「いや...わはんないです...」
熊「白豚、シ・ロ・ブ・タ」
赤「...はい」
熊「お前は?」
赤「赤豚です」
熊「nハーーー、(指パッチン)NICE!」
熊「おい」
白「はい」
熊「縛られて、どうだ」
白「......?」
熊「どうだって聞いてんだよ」
白「...恥ずかしいです」
熊「あぁそうだろうな、俺もお前の立場だったら死ぬほど恥ずかしいわ」
熊「おい、どう思う?」
(返答に窮して鼻を弄っているところを叩かれる赤豚)
熊「どう思う?」
熊「分かんない?」
赤「はい...」
熊「あー...、(聞き取り困難)正面からよく見してもらえよ。正面行ってみな。はぁ~。」
熊「どうして白だと思う。ヌッ!」
赤「フガ、分からないです」
熊「白豚だから。行ってごらん?」
赤「s、白豚だかr(ペチン)」
熊「声小さいねー」
赤「白豚!、だからです...」
熊「んー、繋げて言う」
赤「白豚だからです」
熊「アァ、お前は?」
赤「_____赤豚です」
熊「今忘れたな?今。今忘れたね」
熊「お前は?」
赤「赤豚です(ベシン)」
熊「おーまーえーはー?」
赤「赤豚です」
熊「あー良いねぇ」
熊「お前は?」
白「白豚です」
熊「声小さいね」
白「白豚です」
熊「え?(難聴)」
白「白豚です」
熊「どのくらい声小さいのかな、赤豚」
赤「ヘイ」
熊「お前は?」
赤「赤豚です!」
熊「あー、お前は?」
白「白豚です!」
熊「白豚(ハイ)、こいつは?」
白「赤豚です」
熊「赤豚(ハイ)、こいつは?」
赤「白豚です」
熊「あ~、いいことだ…」
熊「お前今笑ったな?」
白「ンハッwwwwwww」
熊「死にたいのか?」
白「死に足りないです」
熊「ンフッフッ良いんだけどね、かなり挑戦的じゃないそれぇ?」
白「スミマセンです」
熊「良いのかな?良いのかな?」
熊「ンハッハッハッハッハッハ」
白「デュフwww」
熊「いいよ笑ってても~。さーて、あなた今大変なことしちゃいました。どうなるかわかりますかぁ?」
白「ブフッ」
熊「はい、まず上を見てください」
熊「赤豚さん、あなたも、笑ったらどういうことになるか今からわかりますから」
熊「ハイ、白豚さん」
白「ハイ!」
熊「あなた笑いましたね」
白「許してください」
熊「はい上を見てください」
熊「許してもらえるわけがな~い!
白「ウッ!!」「アッー!!」
熊「良い声です。縛られたまま、ビシビシビシビシ殴られてるその気持ち、恥ずかしさ倍増… 今のは、フェイント!」
熊「今はまだ肉が厚いとこをやってます」
白「ウワァ!!」「痛いです!」
熊「ここと、ここと、ここと...まだ一回も殴ってない場所があります」
熊「私は、笑ってしまいました。許して下さい、っていってごらん?」
白「私は笑っ..てしまいました許して下さい」
白「ウッ!...パァ!↑↑」
熊「脚広げろ!もっと広げろ!」
熊「お願いしますは?」
白「お願いします」
熊「心込めてこめて言えよ…」
白「お願いします......ウッ!」
熊「眼を閉じろ、歯を食いしばれ」
熊「もう一発お願いしますは?」
白「もう一発お願いします」
熊「渾身の一撃をお願いしますは? 」
白「今週の一撃をお願いします」
熊「もうちょっと脚広げろ、つま先立ちしろ、もっと」
白「ウワァーー!!ッカッ!」「イッタッ!イテテテ...」
熊「何処が痛い、何処が痛いんだ?」
白「チンチがアイテテテ」
熊「大きい声でちゃんと言え!」
白「チッチが痛いです!」
熊「なんで痛い?」
白「叩かれてるからです」
白「アッー!許して下さい!」
熊「うん、なんで叩かれてんだ?」
白「笑ったからです(ペチペチペチペチ)」
白「アッー!許して下さい!」
熊「力一杯死ぬほどでお願いします! 」
白「力一杯死ぬほどでお願いします」
謎の舌打ち「チッチッチッチッチッチ…チッチッチッチッチッチ…」
熊「今までのはバラ鞭、まだ可愛いほう」
白「痛いです」
熊「うんそりゃ痛いわ」
熊「これ、一発とバラ鞭百発どっちが良い?」
白「一発のがいいでs」
熊「何?」
白「一発のがいいです!」
熊「一発はかなり効きますよ」
熊「一発で許してもらえると思ってんですか」
白「イーャ!!」「アッー!!」
熊「申し訳ありませんでしたは?」
白「申し訳ありませんでした」
熊「脚広げろ!!脚広げろ、脚広げろよ」
熊「ごめんなさいは?」
白「ごめんなさい」
熊「申し訳ありませんでしたh」
白「申し訳ありませんでした(食い気味)」
熊「んー、以後気をつけるように」
白「以後気をつけます」
熊「次はどうなってるか分かってんな」
白「ハイ!、ハイ!」
熊「ところであなた、縛られたことないの?」
赤「_____はい」
熊「縛られたことないだろ?」
赤「はい...」
熊「なんか返事遅いね、こっち行ってみるか?」
赤「イイエ」
熊「こっち行ってみたいんだ!!(無邪気)」
赤「イヤ」
熊「行ってみたいのか」
赤「イヤ」
熊「痛い?痛い!?」
赤「フガ..」
熊「こっち行ってみたいのか」
赤「イヤ...DEATH!...(凸守)」
熊「そっか…(落胆)、だいたいねお前その恥ずかしさがまずいけない『はい』な?首輪同様恥ずかしいものだ、な?」
熊「自由を奪われる、拘束される、表現を獲られる、言葉を盗られる
熊「それでこそ奴隷の第一歩が始まるわけだ、恥ずかしい思いしてみよう
赤「ハイ…」
熊「是非お願いしますと言えないのかよおぉ!?」
赤「是非お願いします」
熊「小さいんだよ声が」
赤「是非お願いします!」
熊「何処見て言ってんだ!」
赤「是非お願いします!」
熊「お前専用の、アカい、ロープ、ちゃんと用意されています」
(白豚調教再び)
熊「さーね、縄を縛ってく過程を見る方も、楽しみにしてる方もいるみたいですけど、アー、良いねぇ」
熊「お前頭デカイなー、痩せてこいよ少し」
白「はい、はい」
熊「なー、オラオラオラ、いや良い表情だよ」
白「痛いです」
熊「何処が」
熊「ここ痛いのか」
白「ハイ」
熊「ここ?ここどうして痛いんだ」
白「叩かれたからです」
熊「叩かれた...どうすりゃいい、こりゃ痛くないのか、あー面白いな、逆にしてみるか、ん?」
白「痛いです」
熊「いやまだなんも力入れてないだろ、当てただけで痛いの?」
白「イタイデ痛いです」
熊「何が」
白「やぁ!顔が痛いです!」
熊「ん、顔が痛い?あー、ん?」
白「痛いです!」
熊「生きてる証拠だよ」
熊「ハイハイハイハイ、ちゃんとこれ真ん中合わせなきゃダメだな。真ん中合ってるかこれ?」
白「アー、痛いです?」
熊「だから真ん中合ってるか聞いてんだろーがオルルァ!!!」
白「合ってます、合ってます」
熊「あ、合ってます...よろしくお願いしますは?」
白「ヌアァ、......ッフッフっちょっと待ってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww(全笑い)」
熊「笑うの好きだねぇ」
白「ちょwwwwwwチョットwww」
熊「ンッフッフッフ、いいんだけどね」
白「痛いです!痛いです!タイです!」
熊「はい、もう笑い『許して下さい!』ませ、もう笑いませんは?ん?もう笑いませんは?」
白「もう笑いませ、痛いですゥ~!!」
熊「生~きてる証拠だよ~」
白「痛い!!」
熊「いやいや痛いだけじゃなくて生きてるから痛いとかなんとか言ってみろよ」
白「ウワァー、許して下さい」「目が痛いです」
熊「ん?何が?このまま裸で帰る?このまま裸で帰る?目が痛いのか、じゃあこれはどうなんだ」
白「すみませんでした、痛いです」
熊「何処が痛いんだ?」
白「頭です」
熊「頭か、忙しいな、こっちにするとどうだ、これはどうだ」
白「あー痛いですおでこが痛いです!」
熊「おwでwこwがw痛wいwdw、お前なかなか良いねぇ、え?」
白「痛いです!」
熊「いや、生きてる証拠だろうな、鼻、鼻行ってみるか」
白「いや、許して下さい」
熊「いや、やらなきゃ分かんないだろ、おまえもそんな喜んでww」
白「もーwwwwww痛いwwwwwwwヨロコンデwwwwwwwwwwwwwwwイタイwwwwwwwwww(全笑い)」
熊「生きてる証拠だよ、ほら、ほら」
白「Nigger(差別用語)!!!Are you!!!」
白「もう駄目です...痛いです...」
熊「生きてる証拠だよ、ほらこれこうしてみろ、どうこれ『痛いです』、まだちょっと、これは痛くないだろいくら何でも」
白「ホントに駄目です」
熊「ホントに駄目ですじゃなくて、これ、じゃあ頑張るか?もう笑わないって本当に約束できんの?ん?本当に約束できるのか?」
白「はい」
熊「どうなんだ、よく分かんないけど、なんだこr、俺もうかなりのヨンヨンヨン(聞き取り困難)なんだけどお前に対して」
熊「今までねこういう逸材いなかったんだよ。泣くヤツぁいたけど笑うヤツぁ初めてだ、ん?」
白「痛いですwwwwwwwwwwwwwwホントに勘弁してくださいwwwwwwww」
熊「じゃあもう笑わないって約束するか?『はい』どっちなんだ?」
白「約束します(大嘘)」
熊「じゃあなんで今まで笑ってたんだよお前は!!!ん?」
白「痛いです...」
熊「生きてる証拠だろお前、な!、はい口開けてごらん」
白「ホッホッ」
熊「あー凄い絵面だねぇ、これ、これ締まりそうじゃん、ぎゅっと締めていい?」
白「いや、痛いデフ」
熊「だからどうなんだよホラ、ん?、いいねぇ~」
熊「痛い、アツい、なんか色んなこというヤツだねお前ねぇ、ハイハイハイh...」
(ライター責め)
(カチカチカチカチ)
熊「天下無敵」
白「ヘァ、止めてください」
熊「何を?」
白「ヤン、アー、熱いです!」
熊「生きてる証拠だルルォお前!!!うるさいヤツだな熱いだなんだかんだこんだかどんだか」
熊「なんかやればお前文句しか言わないじゃないか」
白「スイマセン」
熊「え?」
白「すみません」
熊「どうしてすまないなんて勝手に思ってんだ」
白「アッー!!カッ!!」
熊「どうしたんだ」
熊「(聞き取り困難)、どこが熱かったんだ?」
白「アー!おんぎゃぁ~…アツいです、アッチ...」
熊「正確に言わないとダメだほら、あ?、何やってんだホラ、ん?」
白「アッ!!!」
熊「『ア』じゃないよ、ん?何処が熱いんd」
白「止めてください!!ホグワーツ!!」
熊「何処?何処が熱いんだ?」
白「アツゥいです!!も、シクビアツいです!!」
熊「何処?何処ホラ?何処が熱いの?」
白「ちょ...っと...wwwwwwwwwwwチョットwwwwwwwwwwwほんっとにwwwwww許して下さい!wwww」
白「詰みです...(チェックメイト)」
熊「うん、うん、熱いな。ギュってやられたら…」
白「いや、もう、無理です」
熊「ギュってやられたらこのまま帰るか」
白「はい」
熊「このままの格好で帰るんだな!?このままの格好で帰るんだな!!?」
白「帰りません」
熊「じゃ頑張るのか『はい』、頑張るのか『はい』、うん、頑張るのか?『はい』」
熊「う~ん、じゃあ頑張ってもらおうじゃねぇか」
白「ガッ!アツいです!」
熊「分かった分かった」
白「......アツいです!」
熊「うん、そりゃそうだ俺だって熱いと思ってやってんだから、見てみろ」
(白豚に笑われる赤豚)
白「wwwwwwwwwwwんhwwwwwwwwwwwwヒヒヒヒwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
熊「懲りない子だねぇ~www」
白「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
熊「死にたい?」
白「ウワ!!」「ギヤァーーー!!」「ア痛い!イッテェー!!」
白「すみませんでした」
熊「もう駄目」
熊「赤豚には愛情をもって接します。あなたには死んでもらいます。
白「アァー、ンッフ、痛い!アー!ットニ痛いです!」
熊「生きてる証拠だろ、なんでこんな目に遭うのか、なんでこんな目に遭うのか分かってんの?」
(アイアンクロー)
熊「なんでこんな目に遭うのか分かってんのか?」
白「あーーーーーーー!!!もう許して下さい!!!」
熊「だから、なんでこんな目に遭うのか分かってんのか?」
白「あああああーーー!!!ダッ!!!あああああーーー!!!!」
熊「なんでこんな目に遭うのか分かってる?、はいは?」
白「はい」
熊「はい、いいえは、どっち?」
白「い、はい!」
熊「なんでこんな目に遭うのか分かってる?」
白「はい!」
熊「ちゃんと座るほら、座る、ん?」
(アイアンクロー)
白「あああああああああーーーー!!!ァァァァアアアアアァァァア…、ヤーーー!!!」
白「クゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン、やだ…アーーー!!!!」
熊「大丈夫か?」
白「アインス…」
熊「大丈夫か?『はい』頑張るか?『はい』どっち?『頑張るっ!』あー、良いことだ」
熊「じゃあおれが気合い入れてやるから、今までは片手、今度は両手」
白「ああああああーー!!!!!」
熊「ファイト~、頑張りますは?」
白「ガンバリマス」
熊「頑張らないと?頑張らないt…頑張らないとどうなるんだ?ん?」
白「痛ァァいよぉおお」
熊「ちゃんと座れ」

~~~ セルシオ漫才 ~~~

白「痛いです」
熊「どのぐらい痛い?」
白「いっぱい痛いです」
熊「車で言えばどのぐらいだ?
白「100km/hです」
熊「100キロじゃねえ! 車種で言え車種! 」
白「wwwww」
熊「わかんねえやつだな!」
(白豚にアイアンクローを決めるヒゲクマ)
白「www痛いですwww」
熊「ほら車で言えばどのぐらいだ?」
白「あ^~ベンツです」
熊「お^~いいねえ。わかりやすいねえ」
やっと解放される白豚
熊「え何、クラウンとか出てこないのはどうしてなの?(素)」
白「ハァ、クラウンよりベンツの方が高いからでsああっ」
(再びアイアンクロー)
白「痛いです!」
熊「俺国粋主義者だから」
白「はい」
熊「な。日本の車で言ってくれ、な」
白「すいません」
熊「お前アカ(共産主義)の方がよかったか?」
白「白(反共)でいいです」
熊「お~いい言葉だね」
白「はい」
熊「これ(アイアンクロー)が一番痛いのか?」
白「痛いです」
熊「ほ~、じゃさっきのバラ鞭はどれぐらい痛いの?」
白「同じぐらい痛いです」
熊「じゃこの鞭はどのぐらい?」
白「・・・mもっと痛いです」
熊「これ(ベルト)は?」
白「もっと痛いです」
(ベルト>縄鞭>アイアンクロー≧バラ鞭)
熊「じゃどれが一番痛いの?」
白「・・・最後のやつです」
熊「アイアンクローか?」
白「いや、紐です」
熊「紐?」
白「鞭です」
熊「どれこれ?(縄鞭)」
白「はい」
熊「あ~、じゃこれ(アイアンクロー)は痛くないんだ?よしよしわかった」
(再び迫るアイアンクロー)
白「いや痛いです」
熊「よしわかった。い~い子だねお前ほんとに」
白「ムーィ」
熊「んだ『もう』って、まだ力入れてないだろ?」
(こめかみのつぼ押し)
熊「あっ、これかぁ!(発見)これが良…」
白「無理ですもう!」
熊「 いや無理かわかんないだろう! 」
白「ハッー」
熊「ん~、これが良…」
白「許してください」
熊「じゃ許してほしければ、ほんとに心から許してくださいって言ってごらん」
白「許してください」
熊「ん?」
白「イッ許してください」
熊「お前さあ、 『ヒゲクマ様』の一言もないのかよ? 」
白「ヒゲクマ様許してください!YEAH!」
熊「じゃもう笑わないな?」
白「もう…」
熊「うん、もう笑わないって」
白「もう笑いません」
熊「おぉ、わかった。 笑ったらどうなるかわかってんだろうな? 」
白「はい!」
熊「はい」
熊「どれが一番痛かった?」
白「ハァ…ぅ、うんちです(難聴)」
熊「鞭?」
白「はい」
熊「鞭の痛さはどのぐらいだ!」
白「ハァー」
熊「車で例えるとどのぐらいだ?(ペチペチ)」
白「車だtセルシオぐらいです」
熊「お^~、YEAH!(満足)」
白「はい」
熊「だいぶ分かってきたじゃないか!」
白「はい!」
熊「やればできる!」
白「はい!」
(唐突にアイアンクロー)
白「アィッ!?」
熊「これはどのぐらい痛いんだ?」
白「クrクラウンぐらいです」
熊「クラウンぐらいか(草)ちょっと待てよ、クラウンとセルシオどっちが高いんだよ?(冷静)」
白「一緒です(不覚)」
熊「そうだろお前漫才やってんじゃねえんだぞ」
白「アッー痛いです」
熊「これ(ベルト)は?」
白「痛いです」
熊「痛いですじゃない、これは何ぐらい痛いんだよ?」
白「これもセルシオぐらい痛いです」
熊「 セルシオばっかじゃねーかよお前ん家!何台セルシオ買えば気が済むんだお前ホントに 」
白「wwwムリィww」
(カメラと逆の方向に顔を向け笑いを隠そうとする白豚)
熊「座ってろ! 生きてる証拠だよ! 」
白「(笑うの)耐えられないです」
熊「耐えられない?」
白「はい!」
熊「耐えられない。じゃこのまま帰るか?」
白「帰…許してください!」
熊「このまま(全裸に緊縛)帰るんなら許してやるよ!え?このまま帰るのか?」
白「ハイ…」
熊「どっちだ我慢すんのか、このまま帰るのか?」
白「ガマンシマス…我慢します!」
(アイアンクローの構え)
白「YEAH…」
熊「いいんだな?(確認)」
白「ハイ…」
熊「いいんだな?(再確認)」
白「はい!」
熊「これいいんだな?」
白「はい」
熊「ホントにいいんだな?」
白「はい」
(言い終わらない内にアイアンクロー)
白「ううあああ~(ゴキゴキ)うああっ!許してくだっ!いったい!あ゛~目が」
熊「本当に(聞き取り困難)」
白「あ!あ^~~~~!嗚呼もう許してください!カkkkッ!アッー!」
熊「可哀想に…こんなに酷い目に遭って、ん?」
白「もう駄目ス…(瀕死)」
熊「もう駄目か…」
熊「ちょっと休憩してろ」
白「ハイ…」
熊「あぁ」
熊「あら!…お前一部始終見てたのか?」
赤「ハイ…」
熊「どう思う?」
赤「慈姑(怖い)です…」
熊「偉いなお前は笑ったりしたいもんな」
赤「税…」
熊「うーん…」
(アイアンクロー)
赤「gg!…フーッ…!」
熊「大したもんだな…!」
熊「泣き声一つ出さないってのは大したもんだ」
熊「赤で、上下お揃いになって、ご機嫌か?」
赤「ヘイ…」
熊「ん~?」
赤「ウッ…」
(荷物置きと化した白豚)
熊「痛いか?」
赤「…へい!」
熊「我慢できるか?」
赤「へい!!」
熊「お~!」
熊「漢だなぁ!」
熊「赤豚ァ!!」
赤「へい!!」
熊「お前は漢だな!」
赤「へい!!!」
熊「ウーン…良゛い゛…イ゛イ゛な゛ぁ゛…イ゛イ゛な゛ぁ゛!(喜色満面)」
熊「これ(バラ鞭)じゃあモノ足んねーか?」
赤「いや~…」
熊「よしよし解った遠慮すんなや」
赤「ウッ!、イッ!…ウッ!!」
赤「ウッ!!!(クリーンヒット)」
熊「ハッハッハッハッハッハッハッハ!!!」
熊「久しぶりの逸材二匹、ん?、素晴らしいね?」
(アイアンクロー)
赤「ウゥエ…kフゥーン…kh…k…」
熊「ごめんなさいも許してくださいの一言もないお前は本当に美しい…(嘆美)」
赤「アァ、ウ!!う!ハァハァハァハァ…」

~~赤豚ロウソク責め編~~

熊「えー、赤には赤(ハムラビ法典)
熊「まぁね豚風情のお前がこんなにまで気ィ遣ってもらえんだから、有難く思えよ」
熊「こりゃなんだか分かるか?」
赤「ウッ!」
熊「ん?こりゃなんだか分かるか?」
赤「ロウソクです」
熊「うーん、なかなかだな。さてはあなた、こっそりなんかで遊んでんじゃないですか?ん?」
赤「うん…」
熊「熱いのか熱くないのかなんか言ってみろや」
赤「ブフ…」
熊「『ウー』じゃねぇんだ、熱いのか熱くないのか言ってみろよ」
赤「アツいです…」
熊「あぁ、なかなか素直じゃねぇか」
熊「どうなんだよ!」
赤「アツいです…」
熊「お前の背中にはこの赤いのがバッチリよく似合う(梅毒)」
熊「なんとか言ってみろ」
熊「どうしたんだ?」
赤「熱い…」
熊「何?」
赤「熱いです…」
熊「熱い?」
熊「なんで熱いんだよ?」
赤「ロウソクが…」
熊「おう、分かってんじゃねぇか」
熊「原因も分かんねぇで熱かったら困っちまうからな(マクスウェル)」
赤「アッツいです」
熊「おう」
熊「その割にはハァハァ(聞き取り困難)」
熊「お~~~ぇ」
赤「ウッ!、ウハ…逢う!」
熊「おうココらへんが弱いのか」
赤「アツイ…」
熊「ココらへんが弱いのかって俺は訊いたんだ」
赤「熱いです!」
熊「苦しがってないで色々答えてくれや」
赤「熱いですあ゛ーーう!」
熊「どしたんだ?」
赤「ア゛ツ゛イ゛!」
熊「うん、そりゃ熱いだろ」
赤「あっ?」
熊「どした?この辺は嫌なのか?」
(汗でテカった脚がエロい)
赤「アツイ…熱いです…」
熊「動くな!」
赤「憂…」
熊「良いよ、どんどんお前色が付いてくよ」
熊「どした?」
赤「アツイ…」
熊「熱いしか言わなくなったじゃねぇか」
熊「それでもまだまだ我慢できんだから大したもんだな」
赤「う゛ぃ゛~!」
熊「何?」
赤「うん!」
赤「あぁ^~~熱い?」
熊「何?」
赤「熱いです!」
熊「うん…」
熊「だからどした?熱いしか言わないんだったら何も変わんねぇぞ」
赤「えぇ!?、マジ!?(驚愕)」
熊「熱いのと痛いのとどっちがいいんだ?」
赤「どっちも嫌です」
熊「ん?」
赤「ブワ!アォン!ウ!オォン!、い…」
熊「良゛い゛ね゛ぇ゛…」
赤「イ゛ッ…アツイ…あぁん//…」
熊「えー、手とかそういうとこも感じるのか?」
赤「ンアッー!!(≧д≦) はぁ…うわぁ!!グガ!ブフグフ…(豚)」
熊「五月蝿いよ…」
熊「どした?」
赤「アツイ…」
熊「ん熱いの嫌か?」
赤「アウ!ハァ…」
熊「何?」
赤「勘弁してください…」
熊「何を?」
熊「熱いの嫌なのか?」
熊「まだここ掛かってなかったなぁ」
熊「どうする?どうするここ?」
(褌に引火しかける)
熊「うーん…」
赤「アァツイ…ウワー!」
熊「どした?」
赤「アウ!!」
熊「どしたんだ?どうしたんだ?」
熊「え~慣れるってのは凄いもんだなぁ」
熊「うんとかすんとか言ってみろよ」
赤「うん…」
熊「慣れるってのは凄いもんだな?」
赤「エイ!」
赤「NOW!NO!(ネイティブ)ウ…!熱い!」
熊「熱いのか?」
赤「ダイジョウブデス…」
熊「えいしょ(背中にロウソクを置く)」
熊「そのまま待ってろや」
赤「税…」
熊「熱いの慣れてきたのか?」
赤「い゛い゛…」
熊「ふーん」
熊「でもなぁ、こういう敏感なとこはどうなんだろうな?」
赤「うわぅ!」
熊「ん?」
熊「良い声出すなー!」
赤「ア!ツイ!」
熊「熱いか…」
赤「熱いです…ア゜↑!!!」
熊「良いねぇ…」
赤「ゥゥィ」
熊「ああ悪かった悪かった」
(ペットボトルで水を掛けるヒゲクマ)
赤「ヴェ゛エ゛エ゛エ゛ア゛ア゛!!!あぁ!ううわ!!」
熊「ヌッフッフッフッフッフッフッフ…」
赤「わああああ!!!ヌフ…ウゥ…」
熊「熱いって言うから冷たくしてやったんじゃねぇか…苦しいか?」
赤「ghh…う゛わ゛あ゛あ゛!!!うわ!ヌッ…」
赤「熱いでウワアアアアア!!」
熊「熱いのか?熱いのか冷たいのかどっちだ?」
赤「判んないです」
熊「うーん、じゃあ分かるまでヤり続けるかァ」
熊「ん?熱いのか冷たいのかどっちだ?どっちだ?」
赤「…熱いです…」
熊「熱いか、うん、そりゃそうだ、うん…どっちだ?」
赤「冷たいです(ロウソクを当てられて)」
熊「冷たいか…あ~、可哀想に…(憐憫)」
熊「これでも冷たいのか」
熊「ん?どうした冷たいのか?」
赤「ア゛!ツメタイデス…」
赤「あっつ↑いです!!!!」
熊「どした?」
赤「ぶるあああ!how…」
熊「我慢強いなぁ普通はもう許してくださいって言うんだけどな」
熊「言わないのか、大したもんだなぁ」
熊「これ一本我慢できるのかお前、いいのか?…どっちなんだ?」
赤「許してくdヴわあああ!!(許キャン)」
熊「言わないとは大したもんだねぇ…(鬼畜)」
熊「なかなかの逸材、どうだお前専属にならねぇか?俺の、ん?」
熊「戦族にならないかって俺は訊いてんだけどォ」
赤「デェア…」
熊「千束にならないか?」
赤「勘弁してください…勘弁してください」
熊「洗足になるか?」
赤「勘弁してう゛わ゛ア゛ッ゛ツ゛ゥ゛!!!(誘導尋問)」
熊「どした?」
赤「ウワウーン、q、ア…成増…(掌返し)」
赤「うん!」
熊「なんでも言うこと聞くか?
赤「はい!
熊「なんでも言うこと聞くのか?
赤「はい!!
熊「ん?どっちなんだ?」
赤「もう、言うこと聞きイヤッ…あぁんッ♡…」
熊「ん?」
赤「言うこと聞きます…」
熊「何?」
赤「あぁん///…言うこと聞きます…」
熊「言うこと聞くのか?」
赤「税!」
熊「アァ…俺さァ、お前ら豚同士がさァ、慰めあってるの見てみてェんだけどよォ」
熊「ヤリたい~?ヤリたい~?」
赤「へェい…」
熊「どっち?」
赤「Y!!」
熊「どっちだよ?」
赤「ヤラしてください…」
熊「何?」
赤「ヤラしてください…」
熊「お~…もう一回訊きてぇなぁ、豚同士どうしたいんだ?」
赤「ヤラしてください…」
熊「何を?」
赤「あぁ、ア゛!ア゛ツ゛イ゛!あぁ…あぁ…」
熊「豚同士で?」
赤「慰めあわせてください…」
熊「楽しませてもらおうじゃねぇか」
赤「ウラン!!」」
熊「その言葉に二言は無いんだな?」
赤「税…(ペチン!)アッ!!」
熊「もう一度訊くゥ豚同士で?楽しませてくれるんだな?」
赤「はい!税!ウッ!!」
熊「豚同士で楽しませてくれるんだな!?」
赤「Y゛!!!」
赤「ア゛!Ура!Урааа!!(アカ豚)」
赤「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…」

~~卒業式予行~~

熊「白豚っ」
白「はい」
熊「てめえずいぶんなめてくれたけどよぉ。フッ」
熊「赤豚」
赤「へい」
熊「俺ぇさっき白豚のちくちくいじってるだけでよぉ」
赤「はい」
熊「カチンコチンになっちまったんだよ」
赤「はい」
熊「お前も白豚のカチコチにしてやってくれるか?」
赤「はい!」
熊「『よろこんでやらせていただきます』って言え」
赤「よろこんでやらせていただきます」
熊「白豚」
白「はい」
熊「舐めてもらえよ」
白「はい」
熊「そしてお返しも忘れんなよ!」
白「はい」
熊「『よろしくお願いします』は?」
白「よろしくお願いします」
熊「やれ!」
赤「はうぃ」
熊「赤豚」
赤「はい」
熊「お前べったり唾白豚に飲ませてやれ」
熊「白豚」
白「はい」
熊「気持ちいいか?」
白「気持ちいいです」
熊「もっと声出せや」
白「ハイ…」
熊「お前が今シゴかれてんのみんなに見られてんだぞ」
白「はい」
熊「『もっとお願いします』って言え」
白「もっとお願いします」
熊「『もっと見てください』って言え」
白「もっと見てください」
熊「ういしょ」
熊「間違えて肉切っちゃったらごめんよ?」
熊「優しくほどいてやれや」
熊「詳しく説明してくれよ」
熊「赤豚先輩のアレはどうなってんだよ?」
白「アッー…ちょっと硬くなってきました」
熊「先っちょは?」
白「濡れてます」
熊「んー」
赤「アーイィ」
熊「いいか?」
赤「はい」
~2人にディルドを咥えさせて~
~紐を引っ張られて白豚がディルドを落とす~
熊「何やってんだお前?」
熊「 早く大至急咥えろ! 」
白「ハイ」
~赤豚の紐を引っ張っても落とさない~
熊「お~いいねぇ、いいねえ。ほっほほ、ほっほほ」
~紐を上に引っ張ると白豚がつられて動く~
熊「動くな。2人とも動くな?」
~赤豚が白豚にディルド挿入~
熊「お~ゆっくりゆっくり」
熊「キュッとケツ力入れて締めてろ!」
白「ハイ…」
熊「ケツマン締まってるか?」
白「はい」
熊「『ケツマン締まってます』って言え」
白「ケツマン締まってます」
熊「丸見えだぞお前のケツマン」
熊「ケツマン入ったか?」
赤「へい」
熊「じゃあそのまま預かるから。いいから」
熊「おい、今度はそのままゆっくり立て」
熊「この状態で」
白「はい」
熊「赤豚のにぶち込んでやれ」
白「はい」
熊「赤豚」
赤「はい」
熊「ケツ向けろ」
白「アッ」
~白豚のケツからディルドが抜け落ちる~
熊「お前何やってんだ?」
白「スイマセン…」
熊「赤豚に先入れろ」
白「はい」
熊「『ケツマンよろしくお願いします』は?」
赤「ケツマンよろしくお願いしm」
熊「声小せえんだよお!(食い気味)」
赤「ケツマンよろしくお願いします!」
熊「もう一杯!」
赤「??(聞き取り不可)よろしくお願いします!」
熊「『ケツマンよろしくお願いします』もう一杯!」
赤「ケツマンよろしくお願いします」
パンッ(尻叩き)
赤「イテッ」
熊「『失礼します』とか何とか言ってやれ」
白「失r、失礼します」
赤「はい」
熊「よし」
熊「はい締めろ!」
~すぐ抜け落ちる~
赤「ゴッすいません…」
熊「ユルいのかお前ら?」
熊「ユルいのか!?」
赤「スイマセェン」
熊「ガッチリ詰めろよ」
熊「おう」
熊「赤豚どうだぎっちり入ったか?」
~言ってる途中でまた抜ける~
赤「アァッ」
熊「おおう」
赤「スイマセン」
熊「ぎっちり入ってんのか?」
赤「ハッーいってたんですけど…」
熊「入ってんのかどっちだよ?」
赤「スイマセン抜けました」
熊「何ぃ?」
赤「抜けました」
熊「お前らユルいなあ!どうなってんだよ!?」
赤「ハイッダイジョブ…(小声)」
熊「入ったか?」
赤「はい」
熊「奥まで入ったか?」
赤「はい」
熊「今度は抜けるようなことねえなぁ?」
赤「はい」
熊「おう。白豚てめえで入れてみろお前」
白「はい」
熊「早くしろよぉ!?」
白「はい」
熊「入ったのかぁ?」
白「はい」
熊「これ綱引きだから、な」
熊「負けた方が、相手にご奉仕」
熊「白豚そのまま一歩前へ」
白「はい。ハッー」
赤「ああっ」
熊「ケツマン気合い入れろ!」
熊「気合い入ったか返事ィ!」
白・赤「はい」
熊「気合い入ったか!」
白・赤「はい(へい)」
熊「HEY!」
赤「ウゥッ!」
~開始の合図をする前に赤豚のが抜け落ちる~
熊「・・・・・・」
~赤豚の尻を無言で叩く~
赤「ウッ」
~もう1回(2COMBO)~
赤「ウァッ」
~3COMBO~
赤「アッ」
~4COMBO~
赤「ウアッ!」
~5COMBO~
赤「ア~」
熊「『ご奉仕さしてください』は?」
赤「ご奉仕さしてください」
熊「白豚ッ」
白「はい!」
白「ご奉仕してください
熊「誰に言ってんだお前、俺に言ってんのかコノヤローお前?
白「言ってないw(半笑い)」
熊「『ごめんなさい』は?」
白「ごめんなさい」
~1COMBO(頭)~
~2COMBO(尻)~
白「アイッ、ハッー」
~3COMBO(腰)
白「ア゙ッー!」
熊「『よろこんでご奉仕します』は?」
赤「よろこんでご奉仕します」
熊「イカしてもらえ」
白「はい」
~赤豚のクッソ汚いフェラシーン~
熊「気持ちよくしてもらえ豚同士」
~幸せなハグ~
熊「白豚」
白「はい」
熊「赤豚がヘタクソなのか?」
白「そんなことないです」
熊「(ペチッ)遅漏カス野郎」
熊「(ペチッ)ユルマン」
赤「へい」
熊「お前自分でコいて」
赤「へい」
熊「即出ししてみろ!」
赤「ヘイ」
熊「よく見てろ」
白「はい」
熊「『即出し見てください』、そう言ってみろ」
赤「即出し見てください」
白「はい」
熊「はええとこイってみろよ」
赤「ハーうい~」
熊「『みなさん』」
赤「ういい」
熊「『即出し見てください』」
赤「即出し見てください」
熊「『飛ばします』」
赤「飛ばします」
熊「イクときちゃんと言うんだぞお前も」
熊「おら何シゴいてんだ?」
赤「ちんちんです」
熊「もう感じてんのか?ん~?」
赤「あ^~イキそうです」
熊「おぉ!もっとでけえ声で言えよ」
赤「イキそうです!」
熊「何が出んだよ?」
赤「精子が出ます」
熊「どっから何が出んのか言えよ!」
赤「もう我慢できない!」
熊「なにストップ!」
赤「ハァハァハァ…」
熊「何が出んのかちゃんと言え」
赤「精子が出ます」
熊「おぉ、死ぬほど擦ってみろ!」
赤「はい!」
熊「飛ばせ!」
赤「はい」
赤「アッーアッーアッー!アッーイクッ!イクッ!」
~クッソ汚い射精シーン~
赤「アァッ・・・ンアッ」
カメラ「カシャッカシャッ」
熊「もっともっと擦れ!シゴけ!シゴきまくれ!」
熊「シゴきまくれオラ!」
赤「アッー!」
熊「もっとぉ!」
赤「アッー!」
~別アングルで射精シーン繰り返し~
赤「アッー!アッーイクッ!イクッ!」
赤「アァッ・・・ンアッ」
カメラ「カシャッカシャッ」
熊「もっともっと擦れ!シゴけ!シゴきまくれ!」
熊「シゴきまくれオラ!」
赤「アッー!」
熊「もっとぉ!」
赤「アッー!」
熊「もっとぉ!」
赤「ハァハァハァ」
熊「もうダメになるまでシゴけオラ!」」
熊「カメラに言えそのままで」
熊「『みなさんに』ぃ」
赤「みなさんに」
熊「『見てもらえて』」
赤「見てもらえて」
熊「『こんなにたくさん精子が出ました』」
赤「こんなに出ましたあ!」
熊「『ありがとうございます』は?」
赤「ありがとうございました!」

(卒業式編)
熊「白豚」
白「はい」
熊「見てみろこの精液」
白「はい…」
~精液のクッソ汚いアップ~
熊「ユルマンでもこんだけ出んだよ」
白「はい」
熊「てめえいつまでシゴいてんだこの野郎!?」
白「ハイ」
熊「いつまでシゴいてんだァ?」
白「はい」
熊「お前な」
白「はい」
熊「受けてみろ(インド工科大)」
白「はい!」
熊「あれ出せ」
赤「はい」
熊「大体自分で(聞き取り不可)イケねえんだから、受けるのやってみろ」
白「はい」
熊「後ろ向け」
白「はい」
熊「あんまローション塗んなくていいぞ」
赤「はい」
熊「何はダメ、これはダメって…お~いい形で踏ん張ってやれ」
熊「ケツマン広げろ!」
白「はい」
熊「これで一本ぐらい入るのは常識だろ?」
白「はい」
熊「ゆっくり、ゆっくり(聞き取り不可)風にやれ」
白「オッ…アッー…イタイ」
熊「痛えのか?」
白「イタイ!」
熊「何が?」
白「アッケツが痛い…」
熊「ゆっくりやれ、ゆっくり」
白「会いたい~!」
熊「これとどっちが痛い?」
白「イタイデス!」
白「こっ!イタイ…」
熊「両方痛いの?」
白「はい!(即答)」
熊「おぉ?」
白「痛いぃ!」
熊「お前なんかどっちが(聞き取り不可)」
白「ダメです!」
熊「何が?」
白「コッ切れます!」
熊「切れる?」
熊「おいゆっくりやってやれ、ゆっくり」
赤「はい」
白「ウアー…ア゙ッ…グアッ」
熊「ほんっとヘボだなあ」
白「痛い…ウアー!ウアア痛いぃ…」
熊「ギュッと入れろ」
白「ウオッ。アアアア…グウウ」
白「ダメです!イッウァァ!」
白「ウワッウワッアアアア!」
熊「入るんじゃないか?頑張れるんじゃないか?」
白「ウア無理!」
熊「ほら頑張れ」
白「痛いデス!」
熊「頑張れ」
熊「ほら、(聞き取り不可)みたいに(聞き取り不可)のはダメなのか?」
熊「 根性無し! ほんっと期待外れだな!
熊「 ユルマン!
熊「 遅漏!
熊「 ユルマン!
熊「 遅漏!
熊「 腰引くな! 」
熊「 『調教よろしくお願いします』声揃えて言え! 」
白・赤「調教よろしくお願いします」
熊「 もういっぺん! 」
白・赤「 調教よろしくお願いします! 」
熊「頭下げろ?・・・ 深々と! 」
熊「 そして『調教』をもう一度言え! 」
白・赤「・・・」
赤「ちょうきょ…」
~赤豚の尻を叩く~
熊「 言え! 」
赤「 調教よろしくお願いします! 」
白「 調教よろしくお願いします! 」
熊「 声を揃えてぇ! 」
白・赤「 調教よろしくお願いします! 」
熊「 もう一度ォ! 」
白・赤「 調教よろしくお願いします! 」
熊「 もう一度ォォォ!(絶叫) 」
白・赤「 調教よろしくお願いします! 」
熊「 もっとでけえ声でぇ! 」
白・赤「 調教よろしくお願いします! 」
熊「 うおおおお!
~雄叫びを上げながら白豚と赤豚のケツを2回ずつ叩く~
~頭を下げたままの2人を置いて立ち去るヒゲクマ~
~エンディング~

淫夢缶バッジ 現代アート先輩