書き起こし:変態面接官SUPER S23 Nice Men 21 アキラパート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

アキラ「年が、19です。で、身長が173…ぐらいで、体重が55kgです。」
インタビュアー「55kg。何かスポーツとかってのはこう、あ〜学生の時とか今も学生だけど…なんかやってたりスッスーすんの?」
アキラ「っと、陸上~やってたのと、」
――ー「うん」
アキラ「あと、野球を小さい頃にやってました」
(Tシャツを脱ぐアキラ)
アキラ「最近Hしたのは…3日、かちょっとかそれぐらい前ですね多分」
――ー「あっ、そうなんだ」
――ー「自分でやるのは?自分をそれ含めるとどれぐらい?」
――ー「抜いてないのは」
アキラ「ん?2、2、2~3、2週、2~3週間ぐらいですね」
(トランクスを脱ぎ、全裸になるアキラ)
――ー「え、盲腸かなんかしたの?」
アキラ「あっ盲腸しました」
――ー「いつごろ?」
アキラ「中学校1年の終わりです」
――ー「へぇ~…痛かった?」
アキラ「痛かったです」
――ー「えっじゃあ中一じゃあもう毛~も生え始め「はい」てたんだ」
――ー「剃られたの?」
アキラ「看護婦さん来ました」
――ー「あっそう。剃られたときって、勃ったりしなかった?」
アキラ「しなぁいです」
――ー「あーそれはしないんだ」
アキラ「痛くて痛くてそん「あーそっ、そっそうだよね~」
(自分のチンコを触るアキラ)
――ー「触ったらすぐ、触ったらすぐ勃ったね」
アキラ「はい」
――ー「結構先、先走り出る方なんだ」
(椅子に座り、足を拘束され開脚するアキラ)
――ー「女の子と、セックスする時そこらへん舐められたりとかした事ある?」
アキラ「あります」
――ー「その時はどうだった?」
アキラ「変な感じでした」
(指を挿入されるアキラ)
――ー「大丈夫?」
アキラ「少し痛いですけどまぁ大丈夫です」「うん」
――ー「結構激痛…」
アキラ「いやいや」
(スタッフに扱かれるアキラ)
アキラ「(解読不能)」
(アキラの精液が映る)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩