書き起こし:職場淫猥白書13 寿司職人見習い編

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

~階段~
ダンダンダンダン!!(開幕クッソうるさい)と階段を上がってくるネゴシックス風の寿司職人
寿「ふぅー腹へったなー」
寿「ひとつくらい…食べてもバレへんか(バカッター)」
めりめりとラップを外しいなりを取り出し食べる
ピーポーピーポーピーポーピーポーピーポー…(救急車くん迫真の警告)
ピンポーンとチャイムを押す。(左隅には観葉植物くん。なぜか枯れている)
~玄関~
関「はーい」
寿「毎度ー土屋(寿司屋)でーす」
関「ごくろうさんはいどうぞどうぞ入って。わぁーありがとありがと。あれ?新人さん?」
寿「はい、まだ淫ら(見習い)なんです」音割れが激しく聞き取りづらい
関「早いねーいくつ?」
寿「ジラーチ(18)っす(笑)」
関「18?頑張ってね」
お札を貰う
寿「いただきます」
関「あれ?」
寿「お?どうしました?(煽り)」
関「いなりが入ってないやん!どうしてくれんのこれ(憤怒)
寿「や、すいません」
関「え…注文通ってないの?あんたんところの店」
寿「いや…そげなことはないですけど」
関「だけどないじゃんいなりが。いなりを食べたかったから注文したの!何でないの?」
寿「僕がさっき食べちゃいました(自白)」
関「食べたぁ?」
寿「すいません」
関「いなり…いなりを食べたの?この中の中で?(マトリョーシカ)
寿「はい」携帯を取り出すカーリー
関「親方に電話させてもらうね」
寿「や、それだけは…本当にやめてください」
電話を掛けるのと必死で止めようとする寿司屋
関「お↓い↑なりを食べたんだから電話させてもらうから」
寿「いや…親方だけには…クビになっちゃうんで」
関「関係ないよそんなん、クビになったらいいじゃんいなり食べたんやったら」
寿「いや、それだけは…本当に勘弁してください」
関「いやもうごめん…もうこれはちょっと…許せへんし…」
寿「いや、無理(タメ口)」
関「もういいから」
寿「いや、いや…すいません」
土下座する寿司職人
関「こんなん土下座されたってさー」
関「顔上げて」
関「いなり作ったことあるの?」
寿「や、僕はまだないです」
関「ないのにつまみ食いしたの?」
関「わかったほんならぁ…これから一緒にな、いなり作ってくれたらぁ…今回のことを親方に内緒にしてあげる」
寿「え、そんなことでいいんですか(驚愕)」
関「ちゃんと一緒に作ってくれる?」
寿「はい」
関「いいな、今回は許したる。中入り」
玄関から数歩で突然「うっ」と言って倒れ意識を失う寿司職人(急展開)
~寝室~
料理人解体ショーと同じように手を縛られてしまっている寿司職人
関「じゃあ、一緒にいなり作ろうね~…(ねっとり)」
関「はぁ~」
ズボンの下付近から手を突っ込むカーリー。
関「い・な・り」
関「はぁ~つぶつぶしてる~。すごい。いなりはどこ?ここ?いなりがある(発見)」
目が覚める寿司職人
関「あーおはよう」
寿「ちょ…何してんすか」
関「一緒にいなり作ろうって言ったじゃん」
寿「や…ちょっとやめてください」
関「はぁ~大好物なんだよね」
寿「や、やめてください」
関「いなりが大好物なんだからしょうがないだろ」
関「いなりが好きだけどこっちも好きなんだ」
関「いなりと同じくらい好きなんだよね」
寿「や、やめてください」
関「すごいやん。可愛いやん」
関「おいなりが――――二つもある(フタチマルゥ…)
関「美味しいねーやっぱ」
寿「はい」
関「また今度作ろう(和姦成立)」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩