書き起こし:顔面発射のド迫力

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

顔 面 発 射 の ド 迫 力

プッ(放屁)

鈴木「シャア、どうぞ」
チョコボール向井「わぁ、これがSMルームですかー。色んな道具がありますねー。こんなに揃ってるとは思わなかったぁ」
鈴木「ここはプレイルームで、向こうに、ベッドルームがあるんだ。後で、そこへ行こうよ」
鈴木「コンテストで入賞した、この素敵なボデイを見せてお」
チョコボール向井「すぐ脱ぎますよ」
(もたもた脱衣)
鈴木「中々いい体してるねぇ(ねっとり)」
(鈴木がチョコボール向井の身体をまさぐる)
鈴木「流石に、コンテストで入賞しただけのことはある」
鈴木「何か、ポージング見せてよ」
チョコボール向井「いいですよ…(小声)」
鈴木「一緒にやろっか」
チョコボール向井「じゃあ最初に、ダブルバイセップス」
鈴木「はい…(無関心)」
(ダブルバイセップスを決めるチョコボール向井と鈴木)
鈴木「じゃ今度は?」
チョコボール向井「ラットスプレッド」
鈴木「ラットスプレッド…(小声)」
(どうすっぺ…どうすっぺ…とも聞こえる)
(ラットスプレッドを決めるチョコボール向井と鈴木)
鈴木「じゃあ次は何やろっか?」
チョコボール向井「じゃあ、二人で、サイドチェスト」
鈴木「はぁい…(適当)」
パキッ(クラッキング)
(サイドチェストを決めるチョコボール向井と鈴木)
鈴木「じゃあ次は?」
チョコボール向井「次はバックポージング」
鈴木「はぁい(不服)」
(バックポージングを決めるチョコボール向井と鈴木)
鈴木「君、ボディビル用品の、宣伝バイトしてるんだって?」
(ルイヴィトンのバッグからマルティスポーター(マルチスポーター)を取り出すチョコボール向井)
チョコボール向井「これですよ、マルティスポーターって言うんです。デパートなんかで、実演しているんですよ」
鈴木「これどうやって使うのか、ちょっとやって見せてお」
チョコボール向井「これは、足の運動をするんですよ」
(床に寝そべって開脚運動をするチョコボール向井)
チョコボール向井「主に、大腿部に、よく効きます」
鈴木「なるほどぉ…」
チョコボール向井「効果的な運動ですね」
鈴木「他には?」
チョコボール向井「えぇ、色々ありますよ」
チョコボール向井「次は、上半身の運動です。これは腕の二頭筋…上腕二頭筋っていうところの、鍛える運動です」
(腕を鍛えるチョコボール向井)
バキィッ!!(マルティスポーターの破損音)
(笑いをこらえる鈴木)
鈴木「なるほどぉ…」
チョコボール向井「そして、後ろに回して、上腕三頭筋も鍛えられます」
(右手を背後に回して上腕三頭筋を鍛えるチョコボール向井)
鈴木「じゃあ…これは?」
チョコボール向井「それですか…(素)」
鈴木「これは肩の運動になるのかな?」
チョコボール向井「そうです…肩の前の運動です」
(肩を鍛えるチョコボール向井)
チョコボール向井「これも、足の運動で…お尻の部分を鍛える運動です」
(寝そべって足を前後に動かすチョコボール向井)
鈴木「んん~なるほどぉ…」
チョコボール向井「今度は、背中の筋肉を鍛える運動ですよ」
チョコボール向井「広背筋を鍛えるんです」
(広背筋を鍛えるチョコボール向井」
鈴木「結構効きそうですねぇ」
チョコボール向井「これはキツイですよ」
チョコボール向井「背中が、良くなりますよ」
(場面が急転換して鎖に繋がれるチョコボール向井)
鈴木「じゃあ今、上に上げるから」

参考元

淫夢缶バッジ 現代アート先輩