書き起こし:BABYLON STAGE 06 制服無惨 警察官編

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

中年男「お前はもう入隊して何年目になる?」
由利「3年目になります!」
中年男「同じミスを何回犯した?」
由利「3回目であります・・・」
中年男「2度目は許すが3度目は許さないぞ!」
由利「・・・はい!」
中年男「覚悟はいいな?」
由利「はい、お願いします!」
中年男「お前年はいくつだ?」
由利「21であります!」
中年男「ここはなんだ?」
由利「ちんぽであります!
中年男「どのぐらい使い込んでる?・・・どのぐらい使ってるかって聞いてんだ!」
由利「5年、ぐらいだと思います」
中年男「21で5年だといくつの時だ?」
由利「16であります!」
中年男「16からそんなことしてんのかお前は」
中年男「いいと思ってんのかお前は」
由利「申し訳ございません!」
中年男「これででかくなるか」
(警杖で由利のちんぽを弄る中年男)
由利「・・・はい!」
中年男「どのぐらいになる?」
由利「普通ぐらいだと思います」
中年男「よし調べて下さいと言え」
中年男「言え!」
由利「調べて下さい」
中年男「大きな声で!」
由利「調べて下さい!」
(由利の股間を揉む中年男)
中年男「どうして元気がないんだ?」
由利「エッ・・・恥ずかしいです」
中年男「お前さっき調べてくれって言ったじゃないか」
由利「はい、お願いします!」
(由利のパンツの上からちんぽを弄る中年男)
中年男「縮こまってるじゃねぇか」
由利「ハイ・・・」
由利「申し訳ありません!」
(由利のちんぽをズボンから出す中年男)
中年男「マスは掻いたか最近?」
由利「・・・はい」
中年男「いつだ」
由利「昨日であります!」
中年男「お前そんなスケベなことしたのかお前は!」
由利「はい、申し訳ございません!」
中年男「どこでだ?」
由利「ジッチャント家でやります」
中年男「元気を出せ元気を!」
由利「はい!」
中年男「元気を出すまで・・・許さんぞ!」
由利「はい・・・」
中年男「まだ元気ねぇのかお前は!」
由利「申し訳ございません」
中年男「申し訳ないじゃねぇ勃てるんだオラ」
由利「はい」
(由利のちんぽを弄る中年男)
中年男「これじゃ使い物になんないじゃないかお前は!」
由利「はい」
(由利のベルトを外す中年男)
中年男「お前立てなかったらどうなるか覚えとけよお前」
由利「はい!」
中年男「おら腰浮かせ」
由利「はい」
(由利のズボンを脱がす中年男)
(由利の制服を脱がす中年男)
(由利のちんぽを上下に動かす中年男)
由利「申し訳ありません・・・」
中年男「申し訳ねぇじゃ済まねぇんだよ」
由利「アッ・・・アッ・・・」
中年男「おら勃てんだよオラ」
由利「アッ・・・」
中年男「オラ!」
由利「アッ!」
中年男「(由利のちんぽを警杖で弄って)使い物にならなくなるぞ?」
由利「アッ・・・ツツツ・・・」
中年男「オラ」
由利「アッ・・・勘弁してください・・・」
中年男「勘弁しろだとお前?」
中年男「おらでかくしてみろよオラ」
中年男「おうさっきより良くなってきたじゃねぇか」
中年男「その調子で頑張れオラ」
由利「アッ!」
中年男「股広げて!」
由利「アッ!」
中年男「よし、ケツ上げろ」
由利「アッ・・・」
中年男「もっとだ」
(由利のアナルを警杖で弄る中年男)
由利「アアア・・ダァー!ウゥ・・・ウッ・・・ウゥアッ・・・メテクダサイ・・・」
中年男「お前がここででかくしないといつまでもやるぞ!オラ!」
由利「ウウウ・・・」
中年男「何だこのフニャチンは・・・」
中年男「オラァ」
由利「アー!」
(由利の太ももを叩く中年男)
由利「ウッアッ!」
由利「アッ・・・エフッ!ン゛ーア・・・ウッ・・・エダメメメ・・・」
中年男「お前どっちかっていうとケツの方が感じんじゃねぇのか?」
由利「アァーイ・・・ソンナ、そんなことありません!アァアァ!」
中年男「やってみなきゃ分かんねぇだろうが!」
由利「イ゛ア゛ア゛ア゛イ゛メテクダサイ!エ゛ア゛ア゛ア゛・・・ウ゛ウ゛ウ゛・・・ウッウッ」
(かに道楽みたいなポーズになる由利とアナルビーズで股間を触る中年男)
中年男「まだ全然でかくなんねぇじゃねぇか・・・」
由利「アァ・・・イッ・・・し訳ありません」
中年男「ここはなんだ?」
由利「アァ・・・」
中年男「ここはなんだ?」
由利「お尻の穴でございます・・・」
中年男「もっと大きな声で言え!」
由利「アッ・・・お尻の穴でございます!」
中年男「何に使うところだ?」
由利「アァ・・・ダァ・・・」
中年男「何に使うとこだここは!」
由利「大便をするところであります・・・」
中年男「他には?」
(由利の股間にズーム)
中年男「これをごちそうしてほしいか?(アナルビーズをちらつかせる中年男)」
中年男「どうなんだ!」
由利「お願いします!」
中年男「じゃあ挿れてくださいと言え」
由利「入れてください・・・」
中年男「もっと!」
由利「入れてください!」
中年男「ケツ出せ前に」
中年男「いただきますと言え!」
由利「いただきます!」
由利「アァ、アァー!」
中年男「まだ一つ目だ!」
由利「アァー、アァー、ウアァー」
(由利のアナルからアナルビーズが出る)
中年男「おし、食べこぼすな!ちゃんと食え!」
由利「申し訳ありません」
由利「アアウ・・・ウゥーアァーアッ・・・ウゥー・・・アァー・・・ウゥーウゥー」
中年男「まだ勃たないのかお前は!」
由利「アァウ・・・ウゥウッ!アァー・・・アァー・・・ウゥー」
(シャッター音)
由利「アァーアァアー!!アッアー!ウゥー!ウゥ・・・ウッ・・・エッ・・・エッ・・・」
中年男「どうだごちそうさまと言え!」
由利「ごちそうさまでした・・・」
中年男「大きな声で!」
由利「ごちそうさまでした!」
(オナニーする由利)
由利「イキます!」
(ネガポジ反転)
(涅槃)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩