書き起こし:BABYLON STAGE 22 君と僕の憂鬱 第一章「誰かが僕を狙ってる」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

(ガン掘りア宮殿に帰宅する中田)
中田「あぁ疲れた…」
(新聞を読んだ後、一緒に郵便受けの中に入っていた封筒を開ける)
中田「なんだこれは?」
中田「えー何だこれ気持ちわりい…」
(手紙を読み上げ始める)『愛する中田様へ』
『いつもあなたのことを見てました。』
『早く僕のことに気づいてください。どうして僕のことに気づいてくれないのですか?こんなに僕はあなたのことを思っているのに』
『でもきっとぼ・・・あなたはもう僕のことを愛してくれる筈・・・いや、既に僕のことを愛しているのかもしれません』
『その証拠にこうして僕のテガミュ・・・ミを読んでいるのですから。また会いに来ます』

原文
 愛する中田様へ
 
 
 
 いつもあなたの事を見てました。
 
 早く僕の事に気づいて下さい。
 
 どうして僕のに気づいてくれないのですか。
 
 こんなに僕はあなたの事を思っているのに。
 
 
 
 でもきっとあなたも僕の事を愛してくれる
 
 はず。いや既に僕に事 を愛しているのか
 
 も知れません。その証拠にこうして僕の手
 
 紙を読んでいるのですから。
 
 
 また会いに来ます。

(手紙をゴミ箱に捨てながら)中田「気持ち悪いなぁ・・・(小声)何だこれは?」
(ストーカー星がガンボリア宮殿の屋根を伝って中田の部屋の外にやって来る)

   第一章
誰かが僕を狙ってる

(ブラインドくんの音)
中田「おっ、何だ今の音?」
(二階へ上がる中田)
中田「なんか今、音したなぁ…」
(屋根伝いに逃げていく星)
中田「誰だぁ?・・・誰だぁ?あっ、やべぇ、110番だな!(棒読み)
(部屋に戻る中田)
中田「早く警察に電話しなきゃ(使命感)」
(中田が警察に電話するも、なぜか星の携帯に繋がる)
星「はいもしもしどうしましたか?」
中田「えっと怪しい者がうろついてるんですが・・・まだ近くにいると思います」
星「あっそうですか。じゃあすぐ、あのそちらに伺いますんで、えーっと、ご住所とお名前を。…はい分かりました」
(駐車場で警察官の服装に着替える星。脇汗でシャツがもう…ビショビショだよ)
(警官に変装した星を招き入れる中田)
中田「あっ、ご苦労様です」
星「スーー…」
星「どういう状況ですか?」
中田「えっと屋根伝いに男が、上へ逃げていきました」
星「どんな容姿でした?」
中田「えっとぉ後姿だけなんでよくは覚えておりませんね・・・」
星「こんな男では、ありませんでした?(怪談)」
(星が正体を現す)
中田「・・・お前っ!」
(拳銃を突きつける星)
中田「なっ、何のつもりだ?」
星「フフ。じっとしてればいいんだよ」
星「会いに来たよ。僕は必ず、約束を守るからね」
星「じっとしてろよ?」
中田「何をするんだ・・・おい・・・おい、何っ、やめろっ!(手錠で拘束される)」
中田「何をする気だ?!」
星「じっとしてればいいんだよ!」
中田「お前いい加減にし(カット)」
星「フフフ…フフフ…フフ…フ…フフフ…(モールス信号)」
星「この日を待っていたよ。…フッ、長かったな」
(中田に銃口を向ける)
中田「やめろ…やめろ…」
(拳銃で股間を叩く)
星「あなたのここはどんな感じなんだろう…」
中田「お前警察じゃねぇのか?警察手帳見せろ」
星「そんなもんねぇよ」
中田「どういうことだ?」
星「俺はただの警備員さ。最近の警察の制服と、警備員の制服は、似たり寄ったりだからな」
中田「もしかしてお前、あの手紙の・・・」
星「フフ。やっと気づい、てくれたね。僕の事さ」
中田「なにしやがんだてめぇ!離しやがれ!」
中田「大人しくしろ!」
(拳銃で股間を触る)
星「でねぇとここを、一生使えないようにしてやるぞ!」
星「動くなよ?」
中田「やめろぉ!」
星「うるせぇ!」
中田「やめろよ…」
星「動くな!」
中田「何する気だ!」
星「動くんじゃねぇよ」
星「フフ…」
(ズボンからTNKを出し、拳銃で弄る)
中田「やめろっつってんだろ!」
星「動くんじゃねぇよ」
中田「やめろ!どうせそんなん玩具だろ!」
星「フフフ…さっきそこの交番から拝借、してきたから、本物だよ」
中田「そんなことがあるわけないだろ!」
星「どうなったんだろうなぁあの人…でも、こめかみ撃ったから、即死だろう」
中田「お前は狂ってるよ!」
星「すべて、あなたのためにやったんだよ。あなたが欲しくて欲しくて…」
(TNKをしゃぶる星)
中田「やめろよ…」
中田「ヤメロー(棒読み)」
中田「やめろっつってるだろ」
中田「やめろよ…」
(TNKを扱く星)
星「こんな状況でも、勃起するんじゃねぇか」
中田「うっせぇなぁ…」
星「カチカチじゃないのもう」
(中田の下着を脱がせる星)
中田「やめろ…やめろよ…やめろぉ…何すんだよ…」
(タマを舐めた後、しゃぶる星)
中田「やめろよ…」
中田「もうやめろ…」
(中田と星の幸せなキス)
星「どうだ?気持ちいだろ」
中田「そんなわけねぇだろ」
星「フフ…」
(星の仲間に電話をする星)
星「おう。俺だよ。今さ、すーげぇ面白れぇ状況なんだよ」
星「おい、なんか喋ってみろよ」
中田「ふざけんなよ!」
星「なんか喋れよ~」
中田「なんだよふざけんなよ!」
星「おい、まこういう状況なんだよ。今すぐ来いよ。それで場所はさぁ…(シーンチェンジ)」
星の仲間「あやっちゃったの?」
星「ええ?ああ。こいつさぁ、すぐ勃つんだよ」
中田「ふざけんなよ!」
星「うるせえ!」
星「お前もじゃねぇかやれよ!」
星の仲間「あっ、いいの?」
星「いいよ構わねぇから早くやっちまえよ!」
中田「お前ら何勝手な事言ってんだよ!」
星「うるせぇこの野郎!!(迫真)」
(星と星の仲間の二人がかりで中田を責める)
星「どうだ?乳首も感じるのか?」
中田「うるせえ…うるせぇ」
星「乳首勃ってるよ」
星「どうだ気持ちいか?んん?」
中田「うるせえ…やめろ…」
星「勃ってるよホラ…」
星「気持ちいだろ?おお?」
星「なぁオイ…感じてきたか?んん?」
中田「感じてねぇよ…」
星「お前の乳首勃ってるよホラ…どうなんだよ本当は気持ちいんだろお前…」
中田「気持ちよくねぇよ…」
星「えぇ…?い、いい顔してるよお前…」
星「どうなんだよ本当はよ?」
中田「気持ちよ…」
星「さぁ。白状しちゃえよお前。お前本当は気持ちいんだろ?」
中田「気持ちよくねぇよ…」
星「乳首勃ってるってお前…」
星「オイ…おい素直になれよホラよ…」
星「気持ちいだろオイ…あぁ?」
中田「やめよ…」
星「乳首こんな勃ってるよお前…オイ…」
星「こんななってきたよ…オイ、どうなんだよ…」
中田「うるせぇ…」
星「正直になれよオイ…」
星「ホラよ…気持ちいか?」
中田「気持ちよくねぇよ」星「気持ちよくしてやるからな?あぁん?」(セリフ被り)
星「そろそろお前もさぁ、咥えてもらえよ」
星の仲間「うん」
星「俺がその間扱いてるからよ」
星「オラァ咥えてやれよオラ。オイ…咥えろよオラ」
星「オイ目開けてよぉ」
星「オラ。あぁ咥えろよオラ。オラ!」
星「こういうの初めてだろ?」
星「オイ、男のチンチン舐めんの、初めてだろ?」
星「どうだよ気分は?」
星「オラ、しっかり咥えてやれよオラ」
星「どうだ?こいつ上手いか?」
星の仲間「うん」
星「ハッw おい上手いってよお前。オイ。見込みあるよお前」
星の仲間「(笑)」
星「えぇ?ホラもっとしっかりしゃぶれホラ。咥えるとかじゃなくてよ、舌出してホラ。舌でホラ。そうそうそう。ホラもっと舌出せよ舌。オイ」
星「もっと周りをホラ。カリの周りをさぁ、しゃぶるんだよオラ。そうそうそうホラ。ン゛ッ゛(咳払い)」
(なぜか星の仲間のTNKを中田とともにしゃぶる星)
(星が中田にしゃぶらせ、星の仲間が中田をしゃぶる状態に)
(ケツ穴に中田のTNKを挿れながら星のTNKをしゃぶる星の仲間。次のシーンでは中田が星の仲間をしゃぶっている)
(星の仲間をしゃぶる星)
(中田に挿入する星、上着を脱ぎ全裸になる。中田は挿入されながら星の仲間をしゃぶる)
星「もっと締めろよオイ、もっとオラ、締めろよオラ。もっと自分で腰使って。オラ、使え。そうそうだ。よし、腰もっと、腰使うからな。どうだ?気持ちいだろ?」
星「どうだ気持ちいか?オイ、もっと締めろよオイ。もっと締めて、腰使って!」
星の仲間「ホラこっちも休んでんじゃねぇぞ?」
星「(ペチン!ペチン!ペチン!)もっと締めろよホラ。(ペチン!)ホラ!」
星「ホラもっと締めろって言ってんだよ。もっともっと。もっと腰使って!」
(上着を脱ぐ星の仲間、中田が自分から星の仲間の身体を舐める)
(星の仲間と中田の幸せなキス)
星「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ヘァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、アァ、イク!アァ!」
(中田の背中に射精する星)
(星に挿入する中田、その後ろから星の仲間も挿入し三連結状態)
(三人の迫真の喘ぎ声)
(星の背中に射精する中田)
(中田にしゃぶらせ射精する星の仲間)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩