書き起こし:BABYLON STAGE 24 キレてしまう僕 第三章「露出狂」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

(前半は露出狂(横内)の野外オナニーシーンが映し出される。遠くでホモガキの声が聞こえるんですがそれは大丈夫なんですかね?)
(周りを気にしつつ射精、地に零れる精液くん)
(全裸のまま戻っていく横内、ふと振り返るとそこにはガチホモ(尾崎)の姿が!)
(逃げようとするが早速取り押さえられる)
尾崎「いいんだぜ?このまま人の所へ、いる所へ行っても…」
横内「勘弁してくれ!クッ…」
尾崎「お前露出狂なんだろ?しっかりオナニー見せてもらったよ」
(尾崎が横内のチンコへ手をかける)
尾崎「お前もう小さくなってんじゃねぇかよぉ」
尾崎「もっと大きくしてみろよ」
(尾崎、横内を横にし乳首を愛撫、暫くこの光景が続く)
尾崎「人に見られたいんだろ?こっちへ来いよ」
横内「やめてくれ!どうしたらいいんだ!」
尾崎「トイレでオナニーしてみろよ。見ててやるから」
横内「それはできない!」
尾崎「そうか(手を引く)」
横内「分かった!やる!」
(横内の衣服を映し場面はトイレへ切り替わる)
尾崎「さっきとおんなじ格好をしろ」
尾崎「もっと早くしろ」
(全裸になった横内)
尾崎「俺のを咥えてみろ」
(尾崎のチンコを拝見する横内)
横内「え、それは…できない…」
尾崎「いいから咥えろよ!」
(上を脱ぎ始める尾崎)
尾崎「もっと奥まで咥えろ」
尾崎「もっとちゃんと舐めろよ」
尾崎「もっと激しくしろよ」
尾崎「もっと舌を使え」
(ここで尾崎のTシャツが映し出されるが、なんだこのTシャツ!?(驚愕))
尾崎「もっと激しくしろ!」
(乳首舐めにチェンジ)
横内「もういいだろ?」
尾崎「俺がまだイッてねぇだろ?俺がイッたら終わりにしてやってもいいぞ?」
横内「じゃあどうすればいい?」
(アナルセックス開始)
尾崎「イキソ…」
(横内の背中にかけて終了)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩