書き起こし:BABYLON STAGE 26 少年サスペンス 第二章「家庭教師 先生との秘密」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

教師「じゃあ、今日、ここから、5ページ分、やっといて」
生徒「はい」
教師「じゃあ終わったら呼んで」
生徒「はい」
(退屈したのか生徒の家にある雑誌を漁る教師)
生徒「できました」
教師「じゃあ…もう10ページぐらいやっちゃって」
生徒「はい、分かりました」
(生徒の家のベッドで眠ってしまう教師)
生徒「できました」
(寝返りを打つ教師)
生徒「先生?」
教師「ウゥ…」
(何故か教師の股間に手を当てる生徒)
(全く反応のない教師)
(教師のズボンのチャックを下ろす生徒)
(起き上がる教師、急いで机に向かう生徒)
(チャックが開いているものの全く気にしない教師)
教師「終わったか?」
生徒「い、まだです」

教師「じゃあ、終わったら言ってね」
生徒「はい」
(再び眠りにつく教師)
(机に隠してあったロープで教師の手足を縛る生徒)
(教師のズボンを下ろし、扱き始める生徒)
教師「おっ、何してんだよぉ!」
生徒「ふ~ん。先生の、こんなにおっきいんだ」
教師「なっ、てんだよお前やめろよぉ!やめろよぉ」
生徒「大人しくしてなよ」
教師「気持ち悪いだろちょっとやめろよぉ!」
生徒「どうせ身動き取れないんだから」
教師「何言ってんだよお前…やめろ…」
生徒「大人しくしなきゃ大変なことになるよ?」
教師「はぁ?何だそれ…」
教師「手錠外せよ」
生徒「しょうがないなぁ…」
教師「何なんだよ…」
(障子を開け、外から丸見えにする生徒)
教師「おめぇ外から丸見えじゃねぇかよ」
生徒「そうだよ?だってわざとそうしてるんだもん」
教師「てめぇどういう意味だよそれ」
生徒「結構ここって人通り多いんだよね」
生徒「いいのかなぁ?外から丸見えだよ?こんな恥ずかしい姿で」
教師「俺をどうしたいんだよ…」
生徒「やらせてよ」
教師「何だよそれ…」
生徒「分かんないのかなぁ?…あっ、誰かこっち変な顔して見てるよ」
生徒「先生恥ずかしくないの?」
教師「早く隠せよ見てんじゃねぇかこっち…」
教師「早く閉めろよ分かったからよぉ…」

生徒「じゃあ先生、大人しくしててね」
生徒「先生、どこが感じるの?玉なの?竿なの?亀頭なの?」
教師「うるせぇよ…」
生徒「先生って触るとすぐおっきくなるよね…」
教師「うるせぇよ…」
生徒「先生は彼女にフェラチオとかして貰ってるんですか?」
教師「あまりそんなこと関係ねぇだろ…」
生徒「じゃあ僕がこれから咥えるから、彼女とどっちが上手いか比べてみて下さい」
(教師のをしゃぶる生徒)
生徒「先生どうですか?気持ちいいですか?」
教師「気持ちいい訳ねぇだろぉ…」
生徒「でもこんなに勃ってるじゃないですか」
教師「うるせぇ…」
(下を脱ぐ生徒)
生徒「次は先生の番ですよ。僕のを咥えて下さいよ」
生徒「先生もっとちゃんと咥えて下さいよ」
生徒「アァー先生…気持ちいいですよ…」
生徒「アァー先生…気持ちいい…」
生徒「アァー先生…気持ちいいよ…」
(教師を裏返しにして命令する生徒)
生徒「(パンッ!)ケツ上げろよ!」
生徒「(パンッ!)股開けよ!」
(教師に挿入する生徒)
生徒「イク…イク…イク…アァッ!」
(教師の背中に射精)

生徒「うわぁ~凄くおっきい…こんなの入るのかなぁ…?」
(教師のを挿入する生徒)
生徒「どう先生?…僕の締まりいいでしょ?…女の人みたいでしょ?…」
教師「ん、やべ…」
(生徒に扱かれながら射精)

(クローゼットに縛られる教師)
生徒「先生、今日は気持ち良かったよ。明日も一緒に、勉強しようね」
教師「やめろ!やめろよ!オイ!」
(手錠が鳴る音)
(生徒の憂いた表情を映して終了)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩