書き起こし:BABYLON STAGE 26 少年サスペンス 第四章「コレクター」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

HMGC「・・・ねえ、君何歳?」
高校生「18歳です」
HMGC「高校生?」
高校生「あ、そうです」
HMGC「あ、僕はあの写真のグラビアやってるんだけど、出てみない?」
高校生「いや、ちょっといいっすよ」
HMGC「ギャラも高いし・・・出よう!」
高校生「そう・・・危ないものは嫌ですし(?)」
HMGC「実際簡単だよ!すぐ終わるし!」
高校生「じゃちょっとだけなら」
HMGC「あ、そう。じゃちょっと行こう」
   ~部屋に付いた2人~
HMGC「あの、今日はちょっとあの、SMチックでちょっとハードな、物になるんだけど」
高校生「え?痛くないですよね?」
HMGC「あ、全然大丈夫、すぐ終わるし」
HMGC「大丈夫だよギャラも、高く上げれるから」
高校生「え、それホントにすぐ終わるんですよね?」
HMGC「あ、全然大丈夫、すぐ終わるよ」
HMGC「じゃあ、撮るから、ちょっと、脱いで、下で」
HMGC「じゃあこっちの方睨み付けてくれるかなレンズの方を」
HMGC「じゃあちょっとあの向こうの方を、向いてくれるかな、ハーイ」
HMGC「じゃあちょっと上の方を、ちょっと」
HMGC「んじゃいくよ、ハーイ」
HMGC「じゃあ今度下も脱いでみよっか」
高校生「え、聞いてないですよ!」
HMGC「SMなんだからさ(?)」
高校生「やめて下さい!やめて下さい!やめろよ!」
HMGC「いいだろぉ~男同士なんだから」
高校生「いや良くないですよ!やめて下さい!」
HMGC「減るもんじゃないだろぉ~」
高校生「やめて下さい!」
HMGC「じゃあ、今度はビデオを出して(?)」
高校生「やめろよ・・・撮んなよ!撮んな!」
HMGC「あ、いいねいいねその顔、ハイ」
高校生「やめろよ!帰らせろよ!」
HMGC「あ、いいね~それも」
高校生「帰らせろよ!」
高校生「撮れよぉ!!流行らせろよ!!(本心)」
HMGC「いいだろぉ~」
高校生「帰らせろよ!やめろよ!ホント撮んなよもう・・・早く外せよコレ!外せよ!」
HMGC「何か足んないんだよなあ(TNOKリスペクト)」
  (高校生の股間を触りだすHMGC)
HMGC「SMなんだから勃ってないとダメだろぉ」
高校生「オイ!触んなよ・・・やめろよ!」
HMGC「好きなんだろ~気持ち良くて」
高校生「好きじゃねえよ!やめろよ・・・」
HMGC「どうだここは気持ちいいか」
高校生「何なんだよ・・・やめろよ!」
HMGC「でも仕方ないだろぉ」
高校生「やめろよぉ!」
HMGC「どうだ~気持ちいいか?」
高校生「気持ち良くねえよ!やめろよ!やめろよ!」
HMGC「男同士なんだからいいだろぉ~」
高校生「良くねえじゃん!やめろよ!」
HMGC「これが好きなんだろ(?)」
高校生「早く・・・外せよ!」
HMGC「しょうがねえなあ~、咥えてあげるよ!」
高校生「やめろよ!」
  (高校生が射精)
HMGC「じゃ今日はこれで終わりだ」
高校生「外せよ早く!」
HMGC「明日もあるから」
高校生「外せよ、何なんだよ!」
HMGC「じゃ明日も頑張って」
高校生「外せよコレ!オイ!外せよ…」
   ~一夜が明ける~
HMGC「おは↑よ↓」
高校生「トッテヨコレ…」
HMGC「まだ何も飲んでないんだろ、これ飲むか」
高校生「カエラセテ…」
  (シンビーノ ジャワティストレート レッドを飲ませようとするHMGC)
高校生「ノマセテヨォ」
HMGC「喉乾いてるか?」
高校生「ノマセロヨォ」
HMGC「ちょっと待ってくれ~」
  (手が届かない場所にわざと置くHMGC)
高校生「飲ませろよぉ」
HMGC「どうしよっかな~、飲みたいか?」
高校生「飲ませてよぉ、飲ませろ、飲ませろよぉ」
HMGC「ああ~旨いね~やっぱ」
高校生「昨日から何も飲んでない…」
HMGC「喉乾いてるか、ホラ、どうしよっかな~、ホラ、飲みたいか、ホラ、喉乾いたんだろ、オイ」
高校生「飲ませろよぉ(小声)」
HMGC「じゃあしか、仕方ないなぁ、俺のお願い聞いてくれたらこれあげるよ」
高校生「お願いってなんだよ(哲学)」
HMGC「僕のチンチン舐めてくれるかな?」
  (絶句している高校生)
HMGC「あはははは、はははは、あははは」
HMGC「できるよね?」
高校生「そんなことできるか・・・」
HMGC「じゃあ仕方ないな!」
高校生「待ってよ、分かったよ、昨日から何も飲んでないんだよ」
HMGC「初めからそういう風にしてればいいんだよ!」
HMGC「可愛いなぁお前、ハイ、飲むか?」
HMGC「美味しいか?」
高校生「ハア…」
HMGC「じゃあ約束通り、咥えてもらおうか」
高校生「どうすればいいんだよ」
HMGC「脱がして咥えてくれよ」
  (HMGCのをシャブリイカセる高校生)
高校生「早くここから出してくれよ!」
HMGC「そんなに僕と一緒に居たいのか?あ、そうか僕のオナニー見たいんだ!」
  (もう反論する気力すらない拘束状態の高校生)
HMGC「ちゃんとこっち見ろよ、僕の方を」
高校生「お前精神状態おかしいよ…」
HMGC「それは君の錯覚だよぉ」
  (シコりだすHMGCを見る)
高校生「やめてくれよ!(発狂)」
HMGC「人間も動物も子孫を残すよね。僕達も子孫を残そうよ」
高校生「男同士だろ!出来ねえよ!」
HMGC「出来るよ!さあお尻こっち向けて!」
高校生「ヤダヨォ」
HMGC「別にいいんだよ、君が苦しい思いするだけだからさ」
高校生「何なんだよ…」
  (蝋燭の蝋を垂らすHMGC)
高校生「やめろよ・・・アチッ、熱いよ!」
HMGC「熱いだろ~」
高校生「アツイ、熱いよ、やめろよ!」
HMGC「これがいいのか?これがいいんだろ?」
HMGC「どうだ?これがいいんだろでも、」
高校生「何すんだよ、やめろよ!」
HMGC「ホラ、ホラ、ホラ」
高校生「アッツ!」
HMGC「どうだ~」
高校生「やめろよ!」
HMGC「熱いか?どうだ~、これがいいんだろ?」
HMGC「ホラ、ホラ、ホラ、ホラ、垂れたぞ~、ホラ」
高校生「やめろよもおおお!やめろよ!熱いよ!」
HMGC「熱いにきまってるだろ~蝋燭なんだからさ」
高校生「分かったよ、何でも言うこと聞くから・・・」
HMGC「じゃあお尻突き出して"ここに入れてください"って言ってみろよ(早口)」
高校生「イレテクダサイ…」
HMGC「どこへ?」
高校生「僕のお尻に挿れてください」
HMGC「(ペチン!)もっと大きい声で言えよ!聞こえないぞ?」
高校生「僕のお尻に挿れてください」
HMGC「あんまり手間とらせんなよ、初めからそういう風にしてればいいんだよ」
   ~ガン掘りTIME~
   ~ガン掘り終了後~
高校生「もう好き放題やったんだから、帰してくれよぉ」
HMGC「ダメだよ、君は僕の、大切な、コレクションなんだからね」
  (電気を消し部屋を去るHMGC)
高校生「帰してくれよぉ、帰してくれよぉ、帰してくれよぉ、帰してくれよぉ(寂寥)」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩