書き起こし:BABYLON STAGE 29 儀式 第一章「見習い職人」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

(清掃業者である武(マジメ君)とアキラが島田の家へやってくる)
武「こんにちは」
武「クリーニングに参りました」
島田(黒シャツ)「あっ、じゃあ入って」
武「失礼します」
アキラ「失礼します」
(しばらく窓を拭く二人)
島田(赤シャツ)「どっちがいい?」
島田(黒シャツ)「右の方がいいんじゃない?」
島田(赤シャツ)「茶髪の?」
島田(黒シャツ)「茶髪の」
島田(赤シャツ)「あいつの毛薄いよね」
島田(黒シャツ)「ねー薄いねこいつでしょ?」
島田(赤シャツ)「うん」
(いつの間にか服が脱げている武とアキラ)
島田(赤シャツ)「これさ、テーブルに運ばs…てさ、割らせない?」
島田(黒シャツ)「それいいね」
島田(赤シャツ)「あー悪いんだけど、そのテーブルあっちの方に運んでくれる?」
武「あっ」
武「せーの…あっ!」
(花瓶が割れる所のスロー再生)
島田(黒シャツ)「お前これどうしてくれるんだ!これ凄い高くて日本じゃ手に入んないんだよ〜(大嘘)」
武&アキラ「すいません、すいません」
島田(赤シャツ)「あーあー、いくらすると思ってんだよ?(気安く思ってんだろ?とも)」
武&アキラ「すいません(ハーモニー)」
島田(赤シャツ)「お前らの給料じゃ払えないんだぞ?」
アキラ「すいません」
武「すいません」
武「自分らは、バイトで…やってるんで、あの、言われたこと何でもしま、しますんで、許してください…」
島田(黒シャツ)「本当に何でもするんだな?」
武「あぁ、します、すいません」
(窓を隠し始める島田)
島田(黒シャツ)「おーしじゃあ、服脱げ」
島田(黒シャツ)「何でも言う事聞くっつったろ?」
島田(黒シャツ)「下も脱ぐんだよ」
武「下も、します…」
(島田(赤シャツ)が咳をする)
島田(黒シャツ)「パンツも脱ぐんだよ」
(下半身を露出する二人。アキラの方はチンコを隠しているが、直に二人とも隠す)
(島田(赤シャツ)は武を、島田(黒シャツ)はアキラを舐め始める)
島田(赤シャツ)「服脱がせろ…」
島田(黒シャツ)「服脱がせろ」
(涅槃武の登場)
(武はソファーに、アキラは敷かれたシーツに寝かされる)
(脱ぎ始める島田二人)
(変わらず島田(赤シャツ)は武を、島田(黒シャツ)はアキラを舐め始める)
島田(黒シャツ)「今度俺のしゃぶってくれる?」
(島田(黒シャツ)のをしゃぶるアキラ)
(二人に責められる島田(黒シャツ))
(島田(赤シャツ)が島田(黒シャツ)とキスを交わし、島田(黒シャツ)の体をアキラが舐め、更には武がしゃぶるという妙な姿になる)
(儀 式 ス ク ウ ェ ア)
(結局元の形に戻る)
島田(黒シャツ)「アーイク!…フゥー…アーイ…」
(島田(黒シャツ)が射精。イク時に頭を起こしている)
(アキラが島田(赤シャツ)に挿入)
(かすかに聞こえる救急車サイレン君)
(アキラが島田(赤シャツ)に挿入してる中、更にアキラに挿入する武)
アキラ「そろそろイク…イク!」
(アキラが射精)
(続いて武の番が来る。島田(赤シャツ)を掘る)
(徐々に激しさを増していく武)
武「イク!」
(武も射精)
(最後は交代して島田(赤シャツ)の番)
島田(赤シャツ)「イキソ…イク!」
(島田(赤シャツ)も射精)
島田(赤シャツ)「お前花瓶割ったんだから、花瓶の代わりになれ」
(バラを武に挿入する)
(バラを引き抜くと同時にそこにあったシートに投げ捨てる。凄い高くて日本じゃ手に入らないバラだったのに結局はぞんざいに扱われるクッソ惨めなバラ君を映して終了)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩