書き起こし:BABYLON STAGE 33 不良少年ワル 第三章「放課後のミーティング」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

(ロッカールームにいる亮の後輩(ITKR)と亮が映し出される)
亮の後輩「先輩、お疲れ様でした」
亮「ああ、お疲れ」
(隆が入室してくる。亮の方をチラチラ見ているのが窺える)
亮「お前三組の小林じゃね?」
隆「えっ、…そうだけど」
亮「二年になって、普通部活始めるか?来年、受験だべ?」
隆「えっ、…まぁ、ちょっと…好きだったし…」
隆「ほら、あー…勉強の発散になるかなっと思って……って、やっぱ変かな?」
亮「いや、そんな事ないけど…お前好きって、うちのマネージャーの事が好きなんじゃないのか?」
隆「ンなんじゃねーよ!」
亮「そうだろ?誰だよ」
隆「そんなんじゃないって!」
亮「またまた…」
隆「じゃあそっちはいるの?」
亮「えっ?俺?俺はいねーよ。うーん、まぁでも、いるかな。でもまぁいないようなもんだよ」
隆「そっちだって誤魔化してんじゃん…」
亮「彼女いないんだろ?いっつもどうしてんだよ」
隆「いや、別に、適当に…」
亮「ふーん…問題ねぇんだろ」
隆「…あのさぁ」
亮「えっ、何?俺とセックスしたいって?
隆「えっ!?…」
亮「冗談だよ」
隆「なんだ、冗談か…」
亮「何お前、マジに取った?」
隆「ハッ、んなわけないじゃん」
亮「だってお前、勃起してんじゃん」
隆「えっ!?」
亮「嘘に決まってんじゃん」
隆「冗談やめろよ、バレたかと思ったよ…」
亮「何バレたって?」
隆「あのいや、そうじゃなくて…あ、あの、だから…」
(隆の前に立ちはだかる亮)
隆「え、何?」
亮「あのさぁ…俺溜まってんだ。フェラチオしてくんない?」
隆「だから違うって言ってんじゃん…」
亮「もういいって、分かってんだから」
隆「何が!」
亮「ホモなんだろ?
隆「だから違うって言ってんじゃん…!」
亮「じれってぇなぁ。俺もそうなの。ソーナノ…
(亮の股間を触り出す隆)
(やがて亮も隆の股間を触り出す)
(亮のをしゃぶりだそうとする隆)
亮「いいの?」
(しゃぶってる最中に亮の後輩が戻ってくる)
亮の後輩「あ…先輩、何やってるんですか?」
亮「…いやあのな、こいつがどうしてもって言うからさぁ」
隆「はぁ、お前何言ってんだよ!(亮を押す)」
亮の後輩「気持ちいんですか男でもッホw
亮「え、結構いけるよ?」
亮の後輩「マジすかー」
亮「お前もやってみる?来いよ」
亮「なんだ勃ってんじゃん。ヤる?」
亮の後輩「じゃあ、ちょっとだけ…」
隆「俺やんないかんな」
亮「なんで?いいじゃん」
隆「やだよ!」
亮「(後輩に)お前脱げ!」
亮の後輩「えっ…?」
亮「脱げったら脱げよ」
亮「早くしろ~」
亮「じゃあちょっとそこで四つん這いになってみろよ」
(後輩に入れる亮)
亮「お前いいの?」
(隆も参加。亮の後輩にしゃぶらせる)
隆「変わってくんね?」
亮「お前やる?」
(隆と亮の後輩の絡みがメインになる)
(後ろから隆を攻め立てる亮)
隆「アッ、アッー、アッー!、アッ!イク!イクゥイク…ウッ、ウッ…ンッ…」
(亮の後輩の腹に射精)
(亮の後輩と亮の絡みがメインになる)
亮「アーイク!…アイキソ…アッ…アッ…」
(亮の後輩がイカせてあげる)
(二人で亮の後輩を攻める。亮のフェラ音が激しい)
(無言で射精)
(最後に亮の後輩と隆のキスを映して終了)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩