書き起こし:BABYLON STAGE 34 真夏の夜の淫夢 ~the IMP~ 第一章「極道脅迫!体育部員たちの逆襲」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

~下北沢、あずま寿し前~
バァン!(大破)(ボンゴくん、センチュリーくんに追突)
TNOK「チッ(舌打ち)」
(TNOK、センチュリーから降りてボンゴに近づいてくる)
DB「おい、やべぇよ…やべぇよ…」(よく聞くと顔を見合わせたDBとHTNが一回ずつ「やべえよ」と言っている気がする)
DB?「どうすんだよ…」
HTN?「どうすんだよ…」
DB「ぶつけてしまったよ…」(滑舌が悪く「朝飯食ったから…」「おい財布しまっとけ…」「凄い人降りてきてしまったよ…」などの空耳あり)
(TNOKが勢い良くボンゴのドアを開ける)
TNOK「おいゴルァ!降りろ!免許持ってんのかコラ
DB「はい(小声)」
TNOK「おいゴルァ免許見せろ」
TNOK「あくしろよ(早くしろよ)」
DB「はい(小声)」
(TNOK、DBの免許を取り上げる。それから少し検分して)
TNOK「よしお前らクルルァについてこい」(車について来い)
DB「はい(微声)」

~事務所らしき場所~
TDN「免許証返してください」
TNOK「やだよ。オイ!」
TDN「オナシャス!」(お願いします)
TNOK「お前それでも謝ってんのかこの野郎(謝っていない)」
TDN「オナシャス、免許証…」
TNOK「やだっつってんだろ。とりあえず、土下座しろこの野郎。オイ!あくしろよ」
(シーンが変わり、土下座から頭を上げて正座する3人)
TNOK「お前誰のクルルァにぶつけたと思ってんだこの野郎」
TDN「センセン!」(スイマセン)
TNOK「どう落とし前つけんだよ」
TDN「オナシャス!センセンシャル!(すみませんでした)」
(終始ニヤケっぱなしで頭すら下げないDB)
TNOK「返してしんぜよう」(返して欲しいんなら…)
TDN「はい」
TNOK「お前トルルァエズ(とりあえず)犬の真似しろよ
TDN「へっ?」
TNOK「犬だよ。ヨツンヴァイン(四つん這い)になんだよこの野郎。あくしろよ。おい。返さねえぞ」
TDN「やれば返していただけるんですか?
TNOK「おう、考えてやるよ(返すとは言っていない)あくしろよこの野郎」
(四つん這いになるTDN)
TNOK「お前らよーく見とけよ
TNOK「何お前、犬のくせにお前服着てんだよこの野郎オイ!」
TDN「はい」
(免許証を見るTNOK)
TNOK「お前中田か?」
DB「はい」
TNOK「お前脱がせろ」
DB「はい(即答)」
(DB、TDNの上半身の服を脱がせる)
TNOK「ズルルゥンもだよ、あくしろよ」(「ズボンも」または「それも」と言っていると思われる)
DB「はい」
(いわゆる目線DBと呼ばれる表情のシーン)
TNOK「おい脱がせろよ早く」
DB「はい」
(パンツを下ろすDB)
(シーンが変わった時点でハーフパンツは脱いでいた)
TNOK「(笑いながら)ばかじゃねーの?」
  「おうワンワン鳴いてみろこの野郎。あぁ」
TDN「ワン!ワン!」
一同「へへへっwww」
TNOK「三回だよ三回!」
TDN「ワンワンワン!」
TNOK「よーしまわってみろ」
(TDN、画面に汚いケツを見せながら回る)
TNOK「(満足気に)よーし」
  「お手だお手!ホラッ!」
(手を差し伸べるTNOK。TDN、すぐに反応できず)
TNOK「お手だよ!あくしろよこの野郎!返さねーぞ」
(お手のシーンはなく次のシーンへ移る)
TNOK「もう一回鳴いてみろこの野郎。」
TDN「ワンワン!…ワン!」
TNOK「よーし」
  「なんか犬っぽくねーなあ。なあ?」
  「なんか足んねえよなぁ
  「お前首輪してもらうか。なあ?」
  「おい中田ァ、お前首輪してやれよこいつに」
  「おいこっちケツ向けろこの野郎。あくしろよ!」
(TDN、TNOKに向かってケツを向ける。それと同時にDB、TDNの首に首輪をセッティング)
TNOK「汚ねぇケツだなあ
パンッー!(ケツを叩かれるTDN)
(TNOK、TDNのアナルに指をいれる。ビクンと動くTDN)
TNOK「気持ちいいのか?ワンっつみろよ」
TDN「ワンワン!」
TNOK「お前初めてかここは?なぁ?」
TDN「はい(大嘘)」
TNOK「おい力抜けよ」
  「お前らよーく見とけよ」
  「(TDNのアナルに指でほじくりながら)ん?いいのか?お前何感じてんだよ!おい」
  「こっちこいよ。」
  「ワンって言ってみろ。」
TDN「(感じながら)ワンッ…ワンッ…あっ…」
「アッー…アッー…」
(TNOK、TDNのケツに長いディルドを挿入)
TNOK「(満足気に)よーし。なあしっぽついたぞオラ」
(喘ぎ声を出すTDN)
TNOK「後輩に見してやれよ」
(TDN、半回転しDB、HTNらにディルドを挿入されたアナルを見せる)
(直視不動のDB。少し顔を伏せ目線を逸らすHTN)
TNOK「お前それ(首輪につながっている鎖)かせよ」
DB「はい」
TNOK「ケツこっち向けろ。よーし」
  「お前らもよく見とけよ」
  「んん?なんだよ気持いいのか?おい…おい!」
(ディルドをこねくり回すTNOK)
TDN「あっ…はっー…」
TNOK「何感じてんだよ。ん?おい勃ってきてんぞオイ!」
(TDNのペニスを触るTNOK)
TNOK「気持ちいいんだろ?あぁ? 気持ちいいって言ってみろ」
TDN「ぎもちいい…」
TNOK「後輩に見してやれ。オラ。んん?」
(TDN、ギンギンに勃起したチンコを2人に見せる)
TNOK「おい気持ちいいんだろ?」
  「お前らもよく見とけよ」
  「気持ちいいって言ってみろ」
TDN「ンギモッヂイイ!
TNOK「何勃たしてんだよ」
TDN「アッー!
TNOK「おいビンビンだぞオイ」
  「お前ら笑ってやれよ。よーく見てやれよ。よーく見してやれ後輩たちに」
  「よーしお前中田っつたな。」
DB「はい」
TNOK「咥えてやれよ。あくしろよ」
(DB、TDNのチンコをねっとりしゃぶる)
TNOK「よしお前(HTN)もこい」「あくしろよ」
  「キスしてやれよ」
TNOK「おーそうだ」
(TDN、DBにチンコをねっとりしゃぶられHTNにキスをされ感じる)
TNOK「よーし横になれ」
(横になりながら先ほどと同様のプレイ再開)
TNOK「おう乳首も攻めてやれ(アドバイス)」
HTN「はい…」
(HTN、TDNの乳首を舐め始める)
TNOK「おう玉舐めてやれよ」
(DB、TDNの金玉をねっとり舐め始める)
(HTN、TNOKにパンツ越しにアナルを撫で回される)
(HTN、パンツ越しに勃起したチンコをしごかれる)
(HTN、パンツを脱がされ巨根が露わに)
TNOK「おい中田ァさわってやれよ」
(DB、TDNとHTNの2つのチンコをしごく)
TNOK「咥えてやれよ」
(DB、HTNのチンコをしゃぶりTDNのチンコをしごくという器用さを見せつける)
TNOK「おう気持いいか?」
(悶えるHTN)
TNOK「おうイキそうか?おうまだイクな(DBのフェラをストップさせる)」
HTN「イクッ…(小声)」
TNOK「まだイクな」
(HTNのチンコの先にモザイク越しだが我慢汁が確認できる)
(TNOK、DBにHTNのチンコをしゃぶるよう指示)
(HTN、かなり悶える。)
TNOK「イキそうか?」
(またしてもDBのねっとりフェラを中止)
TNOK「イキてえか?よし先輩のケツん中で出してやれ。な?」
(一旦すべてのプレイを中断。TDNが四つん這いになり挿入待機)
チュポン!(ケツからディルドを抜き取る音)

(HTN、TDNのアナルに挿入。バック開始)
TDN「オフッ!

(体勢を変え、騎乗位の構えになる)

(挿入しながらHTN、TDNのチンコをしごく)
(騎乗位終了。再びバックの構えに)

TNOK「おい中田か?こっちこいよ」
(DB、TNOKの絡みが始まる)
TNOK「勃たせろよ」
(DB、TNOKのチンコをしゃぶり始める)


TNOK「よーし今度はお前の番だ」
(DB、TNOKに脱がされアナルをいじくられる)
TNOK「おう力抜けよ」
(ここにきてようやくDBのチンコが御開帳)

(またTDNを2人が攻める図式に)
(TNOK、DBのアナルに挿入しバック開始)
(TNOK、肌着を脱ぐ。右肩に入った刺青が露わに)

(DB、机の下に隠された拳銃を発見する)

(TNOK、DBの腰に勢いも量も中途半端な射精をする)

(TNOK、着替えをしようとした途端)
カチャリ(DB、TNOKに拳銃を突きつける)

~一転攻勢~
(一転、攻勢に出る3人)
(DB、TNOKに拳銃を突きつける。HTN、TNOKにフェラをさせる。TDN、TNOKに正常位で挿入)

DB「感じてんじゃねえよ」
 「もっとしゃぶってやれよオラア!」
 「しゃぶらなきゃ撃つぞゴルァ
(喘ぎ声を漏らすTNOKへ放った畜生な発言)
TDN「気持ちいいだろオラア」
(音声のみで判断しにくいが、wiki等を見るかぎりTDNの発言のようだ)
HTN「うまいぞフェラ」(少し舌足らずな感じで)

(HTN、勢い良くTNOKに顔射)【1カメ】
(HTN、勢い良くTNOKに顔射)【2カメ】

TDN「アッーヴァウ!アッーイグッ!イグッ!イグッ!アッ…」
  「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛…」
(TDN、TNOKの腹に勢い良く射精)【1カメ】
(TDN、TNOKの腹に勢い良く射精)【2カメ】

(DB、TNOKをバックの体勢にして掘り始める。右手には拳銃)
DB「イク(無感情)」
(DB、TNOKの背中に射精。左手に拳銃)
カチャ…パーン!
(アナルに発砲)

~終了~

淫夢缶バッジ 現代アート先輩