書き起こし:BABYLON STAGE 34 真夏の夜の淫夢 ~the IMP~ 第二章「モデル反撃!犯されるスカウトマン」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

~路上~
(黒いのの横をNSOKが通り過ぎる)
カメラマン「今の彼でいいんじゃない?」
黒いの「声かけにいきます(棒読み)」
(NSOKに話しかける)
黒いの「話だけでも…(棒読み)」
(その後会話が続くが聞き取れない)

~車内~
黒いの「カメラで撮れてますか(棒読み)」
黒いの「まず身長と年齢と体重は(棒読み)」
NSOK「180*70*のハタチです(棒読み)」
黒いの「え、大学生?(棒読み)」
NSOK「大学生です(棒読み)」
黒いの「じゃあちょっと悪いんだけどちょっと脱いで…もらえますかね?(棒読み)」
NSOK「マジすか?」
黒いの「まぁその分は…ギャラ出すんで…(棒読み)」
黒いの「すぐ終わるから(棒読み)」
NSOK「わかりました」
(ズボンから脱ぎ始めるNSOK)
黒いの「パン…ツも…(棒読み)」
(パンツも脱ぐNSOK)
黒いの「(エロ本を差し出す)じゃあさ、あの、この…これで勃たせてもらえるかな?(棒読み)」
NSOK「マジすか?」
カメラマン「それっていうのは何割くらいなの?」
NSOK「すーっ、えー…8割くらい(棒読み)」
(黒いのがNSOKをしゃぶる)
カメラマン「どう?気持ちいい?」
NSOK「まあ…」
カメラマン「じゃあ続きはホテルに戻ってからって感じで…」
NSOK・黒いの「はい(棒読み)」

~ホテル到着後~
黒いの「とりあえず上着脱いでもらえる?(棒読み)」
NSOK「上着…」
黒いの「いい身体してんね(棒読み)」
NSOK「そうっすか?」
黒いの「ズボンも…(棒読み)」
(ズボンを脱ぐ)
黒いの「パンツ…(棒読み)」
NSOK「パンツも…?」
黒いの「悪いんだけどさ、ここに立っ…てもらえるかな?(棒読み)」
カメラマン「じゃあ、後ろ向いてもらって。うん。後ろ。」
黒いの「で自分の手でこう見えっ(棒噛みっ)、穴が見えるように…拡げてくれる?(棒読み)」
NSOK「手で、自分で…(棒読み)」
黒いの「手で(棒読み)」
(NSOKのケツのアップ)
黒いの「カメラさん撮れてます?(棒読み)」
カメラマン「うん、撮れてる、いいよ」
黒いの「じゃあオッケーですね、はい(棒読み)」

(ベッドの上に座るNSOKと黒いの)
NSOK「どこまでやればいいんですか?(棒読み)」
カメラマン「まあやれるところまで(棒読み)」
NSOK「ケツとかは勘弁してくださいね(棒読み)」
黒いの「大丈夫大丈夫(棒読み)」
(ここから白いのが画面に登場 黒いのはNSOKを横にさせ乳首いじりとフェラをする)
カメラマン「次、四つん這いになってもらってぇ(棒読み)」
(黒いのがアナルを舐めた後NSOKのケツにバイブを挿そうとする)
NSOK「なんすかそれ(棒読み)ケツは勘弁して下さいって言ったじゃないですか(棒読み)」
黒いの「その分ギャラも少し上げるからさ(棒読み)」
NSOK「じゃあ痛いっつったらやめてください」
黒いの「うん、大丈夫(棒読み)」
カメラマン「じゃあさ、ちょっと最強にしちゃお…しちゃおうよ」
黒いの「はい(棒読み)」
(黒いのは半笑いでバイブの振動を最大にしてから抜く)

(黒いのも全裸になり正常位で挿入しようとする)
NSOK「痛かったらやめてください(棒読み)」
黒いの「大丈夫大丈夫(棒読み)」
NSOK「あ痛て…(棒読み)」
NSOK「いやもう無理です(棒読み)」
黒いの「まだまだ(棒読み)」
NSOK「いやもう限界っすよ(棒読み)」
黒いの「もうちょっと我慢してよ(棒読み)」
NSOK「いやほんと痛いんでもう無理です」
黒いの「なんだお前根性無しだな(棒読み)
NSOK「だから痛てぇっつってんじゃねえかよ(棒読み)
(NSOKが黒いのを突き飛ばし、黒いのはわざとらしく倒れる(転び公妨) その後ベッドの上でもめ合う二人)
黒いの「だからこんなんじゃ商品になんねぇんだよ(棒読み)
NSOK「だって約束したじゃないすか」
カメラマン「こっちの事情も考えてよ(棒読み)
NSOK「でも約束は約束ですよ」
カメラマン「あのさぁ、もうバックはいいから、フェラやってもらってさ、もう終わりでいいんじゃない?」

黒いの「舐めて(棒読み)」
黒いの「フェラもできないの(棒読み)」
黒いの「そんなんじゃ甘いよ(棒読み)
(渋々しゃぶるNSOK)
黒いの「あのさぁ、もっと舌とか使って(棒読み)」
黒いの「そんなんじゃいつまで経ってもイかないよ(棒読み)」
(NSOKはフェラをやめ黒いのの手を振り払う)
黒いの 「やめちゃうの?しゃぶってよ、怒ってんの?(棒読み)
黒いの「あのさぁ…(棒読み)
(NSOKは勢いよく立ち上がり黒いのにつかみかかる)
NSOK「調子こいてんじゃねえぞこの野郎!ホモのくせによぉ、何がしゃぶれだぁ、お前がしゃぶれよ。ほらうまいんだろぉ、ほらしゃぶれよ(棒読み)

~一転攻勢後~
NSOK「ちょっとカメラ貸せよ(棒読み)」
(白いのからカメラを奪いフェラをする黒いのを撮影する)
NSOK「ほらしゃぶれ(棒読み)」
(寝ている黒いのの上にまたがりシコる)
NSOK「イキそう、顔射するよ(棒読み)」

(NSOKはソファーに座りベッドの上にいる全裸の黒いのと白いのに指図する)
NSOK「はい、よーいスタート(棒読み)
(しばらく黒いのと白いのはディープキスと手コキをする)
NSOK「じゃあシックスナインやって(棒読み)」
(上下ではなく横向きになって69を行う二人)
NSOK「じゃあ、バックやって(棒読み)」
(黒いのが白いのに挿入)
NSOK「こんなんじゃ商品になんないよ~(棒読み)」
NSOK「もっと激しく腰振って(棒読み)」
NSOK「じゃあ今度は松葉くずしやって(棒読み)」
(ベッドの上でうろたえる二人)
NSOK「お前らプロなのに松葉くずしもわかんねえのか(棒読み)二人とも窓際行って、シコれ(棒読み)
(窓の前に立ってシコる二人)
NSOK「そこのぉ、台の上にしゃがんでシコれ(棒読み)」
(台にしゃがみガーゴイル座りでシコり始める NSOKはベッドの上に移動)
NSOK「お前ら情けない格好恥ずかしくないの?(棒読み)もっとさちゃんとシコれよ」
NSOK「おい白いの、もっとちゃんとシコれよ(棒読み)」
(シコってはいるものの白いのは全く勃起していない状態)
NSOK「お前らそろそろイキたいだろ(棒読み)イキたい奴手ぇあげろ(棒読み)」
(黒いのが挙手)
NSOK「じゃあ白いの、下に降りて精子受けろ(棒読み)」
黒いの「イきそう、イきそう…(小声棒読み)
黒いの「アッーッス…ハッーッス…(棒読み)」
黒いの「アッ~…(棒読み)」
(白いのに顔射)

(ベッド上に寝ている白いのと座っている黒いの)
NSOK「じゃあ白いのは黒いのがイかしてやれ(棒読み)」
(黒いのは手コキで白いのをイカせる)

(服を羽織りながら部屋を出ようとするNSOK)
NSOK「じゃあ俺、ギャラもらって帰るから」
(白いのと黒いのがベッドの上で呆然としたまま終了)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩