書き起こし:BABYLON STAGE 41 淫内感染 第一章

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

(腹痛に苦しむイワグチを映してスタート)
「イワグチさーん、イワグチさーん、中へお入り下さい」
イワグチ「はい…ッアァッ…」
ナカオカ「どうぞ、お座り下さい」
ナカオカ「今日はどうなさいました?」
イワグチ「急に腹が痛くなりまして…」
ナカオカ「うん…いつから?」
イワグチ「あ、今日の朝からです」
ナカオカ「じゃちょっと上着めくって」
ナカオカ「痛い?」
イワグチ「はい」
ナカオカ「あぁー…痛い?」
イワグチ「はい…」
ナカオカ「じゃちょっと口の中、開けてもらえますか?」
ナカオカ「あぁ…なるほどな…あぁ…」
ナカオカ「ちょっと検査しましょう」

ナカオカ「ちょっとチクッとしますよ?」
イワグチ「なんの注射ですか?」
ナカオカ「検査用の物だから、気にしなくていいよ」
(ナカオカに注射され眠りにつくイワグチ)
ナカオカ「もしもし、ナカオカですけど…上物ですよ…筋肉質の甘いマスクの…えぇ、ご希望に添えるかと思いますけど…今はちょっと眠ってますけどね…はい、じゃお待ちしております…」

(全裸にされ医師二人に体を触られるイワグチ)
ナカオカ「いかがですか?」
クニマツ「中々いいんじゃないか?」
ナカオカ「気に入って頂いたようで…」
クニマツ「肝心なここの具合はどうなんだ?」
ナカオカ「試してみたらどうですか?」
クニマツ「そうだな…」
クニマツ「期待に添うぐらいに上物だよ…(イワグチとキス)」
(唇から下り、チンコをしゃぶるクニマツ)
クニマツ「分かった、約束通り、口座に振り込んでおくよ」
ナカオカ「ありがとうございます」
クニマツ「それじゃあ、ここはどうかな?」
(イワグチの股を開く)
クニマツ「ここは、どうかな?」
(イワグチの尻の穴を舐めるクニマツ)
クニマツ「ここの締まり具合はどうかな?」
ナカオカ「きっといいと思いますよ」
クニマツ「どうかなぁ?」
(イワグチの尻に指一本を挿入)
クニマツ「良く締まるねぇ…」
(目覚めるイワグチ)
イワグチ「イタッ…イテッ…エー…」
ナカオカ「(不明瞭)」
クニマツ「初物だよ…良く締まるよ…」
クニマツ「じゃあ、早速、頂いてみるか…」
(クニマツの一番上の服を脱がすナカオカ)
ナカオカ「満足いく物で良かったですね」
クニマツ「そうだなぁ…」
ナカオカ「ゆっくり楽しんで下さい」
(クニマツが下を脱ぐと共に手術中のランプが点く)
(イワグチに挿入)
イワグチ「イテッ…アッ…アッ…テッ…」
(荒い息遣いをするイワグチ)
クニマツ?「大人しくさせろ!これ以上…と危険です!」
(イワグチに刀を近付けるナカオカ)
クニマツ「良く締まるねぇ…」
クニマツ「あぁー初物でいいよ…」
ナカオカ「もっと突いちゃって下さいよ」
クニマツ「良く締まるねぇ…」
イワグチ「イテッ!」
クニマツ「気持ちィ…」
クニマツ「あぁ良く締まる…」
(イワグチの顔を舐めるクニマツ)
クニマツ「ワァー、アァー…」
(急いでイワグチの顔に回るクニマツ)
クニマツ「アーイク!(射精)」
(射精リプレイ、開いた尻の穴のドアップ)

ナカオカ「クニマツさんいかがでした?」
クニマツ「う~ん、中々良かったよ」
クニマツ「それじゃあ…二人の絡んでる所が見たいな」
ナカオカ「えっ?なんでです?」
クニマツ「それだったら、お金を払う事はできねぇな」
ナカオカ「でも約束が違うじゃないですか!」
クニマツ「いいからやれよ!」
ナカオカ「じゃあ約束通り、終わったらお金、ちゃんと払って頂けるんですよね?」
クニマツ「分かったよ…」
ナカオカ「分かりました」
クニマツ「じゃあまず、フェラチオして貰おうか」
ナカオカ「はい」
クニマツ「もっと音を立てて!」
クニマツ「そうだ…」
(イワグチの乳首を舐めるナカオカ)
クニマツ「もっと音を立てて!」
クニマツ「どうだキスをしてやれ」
クニマツ「そうだ…」
クニマツ「もっと舌を入れろ!」
クニマツ「もっとフェラチオをしろ!」
ナカオカ「はい」
クニマツ「しっかり亀頭を舐めてやれよ。裏筋もしっかり舐めてやれ」
(ハブプジュオズゴガゴジュアォ!!)
クニマツ「そうだ…しっかり玉も舐めてやれ」
イワグチ「やめてください…!」
クニマツ「終わるまで帰さねぇぞ!」
クニマツ「ちゃんと舌を使え!」
クニマツ「もっと激しくだ激しく!」
イワグチ「ヤッ、ハッ、ハッ、ハッ…」
クニマツ「ほらしっかり玉も舐めてやれ」
クニマツ「よ~しもっと深くまで咥え込め!」
クニマツ「そ~だぁ…」
クニマツ「よ~しいいぞぉ?」
クニマツ「いいぞ…」
イワグチ「何故こんな事を!?」
ナカオカ「お前は買われたんだよ、この人に…一千万円で!」
クニマツ「おう……何ッ!?百万円だろうが!」
ナカオカ「こんな仕事してたら、自分の身が危険なんだよ。一千万!」
クニマツ「百万円だろ!」
ナカオカ「あんたとの付き合いを終わらせたいんだよ!お前金持ち面は…(不明瞭)」
クニマツ「黙れ!…ッ!?」
(チンコに刀を近付けられるクニマツ)
ナカオカ「反抗したら大事な所が切断されるぞ!」
クニマツ「わ、わ、分かった!か、金は出す!」
ナカオカ「じゃあ今すぐ出してくれ」
クニマツ「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれ!」
クニマツ「もしもし、俺だ。今から一千万円用意しろ。いいから一千万円だ。場所は分かってるな。あぁ。早くしろ」
ナカオカ「よぉし、商談成立だ」
ナカオカ「おい、お前、さっきこいつにやられた事を、やってみろ」
イワグチ「で…でも…」
ナカオカ「いいからやってみろ!」
「ナカオカ先生ナカオカ先生、…にお電話です」
ナカオカ「人が来るだろうから、場所を変えるぞ」
ナカオカ「お前ら静かにしろよ?」

(場所を変え、今度はナカオカが主導権を握る)
ナカオカ「お前咥えろよ」
イワグチ「は、はい…」
ナカオカ「俺のを咥えろ」
(二人に弄ばれるクニマツ)
ナカオカ「おい」
イワグチ「はい」
ナカオカ「今度はお前咥えて貰え」
イワグチ「はい…」
ナカオカ「もっと奥まで入れろよ」
ナカオカ「気持ちいか?」
イワグチ「はい」
ナカオカ「もっと奥まで入れろ。ほら」
ナカオカ「えぇ?」
ナカオカ「もっと!ほら」
ナカオカ「じゃ今度はこいつの穴に入れてやれ」
イワグチ「はい」
クニマツ「ア…イ…イタッ…」
ナカオカ「あぁ奥まで突いて!そう…」
(二人の息が続く)
ナカオカ「もっともっと速く!そう!」
ナカオカ「もっとベッドが軋むように!そうだ」
(悲鳴を上げるベッドくん)
ナカオカ「いいぞぉ?すごくいいぞぉ?」
ナカオカ「もっと激しく!そう!」
ナカオカ「お前も気持ちいいだろ?」
ナカオカ「いいぞぉ?」
ナカオカ「そぉ、もっと速く動、動かしてやれ」
(イワグチに掘られ、ナカオカのをしゃぶるクニマツ。Hの字を想像すると分かりやすい)
(誰ともつかない息と声が続く)
ナカオカ「よしじゃあ今度俺が掘ってやるよ。お前咥えて貰え」
イワグチ「はい」
(口と尻を交替)
ナカオカ「ウァーッ、オウァーッ!ウァー気持ちィ!」
ナカオカ「ウアアァーッ!ウアァーッ!ウアァ!…」
(ズボズボズボズボ…)
ナカオカ「ウァー気持ち…アァー気持ち…!…ウァー…」
(ズボズボズボズボ…)
イワグチ「あ、イキそうです…」
ナカオカ「ウァー、ウァー顔に出してやれ!」
イワグチ「はい!」
イワグチ「アッ、アイク!ウッ、ウアッ!…アァー…(射精)」
(引き続き掘るナカオカ)
(ガタガタガタガタ!)
ナカオカ「アァ!アァ!オラァ!オゥラァ!」
ナカオカ「アァアァアァアァ!!アァア俺もイキそ!アァアァ!」
ナカオカ「アァー!アァー…」
(急いでクニマツの顔に回り、豪快にゴムを外す)
ナカオカ「アァーイック!ウゥー…アァー…ハァー…アァー…(射精)」
(射精リプレイ、開いた尻の穴のドアップ)

イワグチ「俺にも代償があるんだろうな?」
(二人はイワグチに刀を奪われて終了)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩