書き起こし:IKUZE11 イヤミな先輩へ日頃の恨みを晴らす復讐FUCK!!

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

ゆうさく「お前さぁ、仕事始めて、どの位経った?」
ゆうさくの後輩「あ~自分半年ぐらい…」
ゆうさく「半年?半年経って…基礎の基礎もできなくてさあ、半年間何やってたんだよ」
ゆうさくの後輩「スイマセン…」
ゆうさく「何度も同じ間違いおこしてよぉ、何回言わせりゃ気が済むんだよ」
ゆうさく「お前のフォローしたり…尻ぬぐいするこっちの身にもなってくれよ」
ゆうさくの後輩「スイマセン…」
ゆうさく「すいませんすいませんって、それしか言えねぇのかよ…ったくよぉ」
ゆうさく「親の顔が見てみてぇわ…ったくよぉ」
ゆうさく「あー面倒くせ、もう俺は寝るわ!」
(ふて寝するゆうさく)
ゆうさくの後輩「クッソ~…この糞野郎…今日という今日はいい加減我慢の限界だ!」
ゆうさくの後輩「…よし、思い知らせてやる」

ゆうさくの後輩「気持ち良く寝てられるのも今の内だぜ。日頃の恨みを晴らしてやる」
(ゆうさくの両手を縛る後輩)
ゆうさくの後輩「まだ起きねぇのか?…お、なんだこいつ?…すげぇ勃ってるぜ」
ゆうさくの後輩「どうせスケベな夢でも見てんだろ?」
(ゆうさくの股間を触る後輩)
ゆうさくの後輩「こいつ一丁前に感じてやがるぜ」
(ゆうさくの作業服のチャックを下ろし、チンコをしごき始める後輩)
ゆうさくの後輩「こいつこんなことしてんのにまだ起きねぇのかよ…」
ゆうさくの後輩「写メっちゃえ…」
(ゆうさくのチンコを撮影)
ゆうさくの後輩「起きねぇのか、こいつ…」
ゆうさくの後輩「そうだ…」
(バイブレーターを取り出す後輩)
ゆうさくの後輩「ん、なんだこいつ?…乳首感じるのか?」
(ゆうさくの乳首を刺激させる後輩)
ゆうさくの後輩「よいしょ…」
(ゆうさくのチンコを刺激させる後輩)
ゆうさくの後輩「こいつまたでかくなってるぞ…」
ゆうさくの後輩「足も縛っちゃうか…」
(ゆうさくのズボンとパンツを下ろす後輩)
ゆうさくの後輩「よいしょ…」
(自らもパンツ姿になり、ゆうさくに跨る後輩)
ゆうさくの後輩「お~い、起きろよ?(ゆうさくの頬を叩く)」
ゆうさくの後輩「お~い、起きろよ?(ゆうさくの顎をチンコで叩く)」
ゆうさく「おい、てめえ何してんだよ、こんなことしてタナトス…タダで済むと思ってんのかよ!
ゆうさくの後輩「うるせぇよ毎日毎日嫌味ばっか言いやがってよぉ!今日という今日は絶対に許さねぇぞ?」
ゆうさくの後輩「舐めろよ…」
ゆうさく「やめろ…」
ゆうさくの後輩「おい」
ゆうさく「てめえふざけんなよ!」
ゆうさくの後輩「舐めろよ!」
ゆうさく「こんなことやってタダで済むと思ってんのかよ!」
ゆうさくの後輩「(スマホを取り出し)言うこと聞かねぇと、この写メ他の奴らにバラ撒くぜ?」
ゆうさく「おいなんだよそれ…?お前いつの間に撮ったんだよそんなの…」
ゆうさくの後輩「さっきあんたが気持ち良さそうに寝てる時だよ。分かったらさっさと咥えろよ」
ゆうさく「おい…」
(ゆうさくに咥えさせる後輩)
ゆうさくの後輩「おい歯立てんなよ!」
ゆうさくの後輩「ちゃんと奥まで咥えろよ」
ゆうさく「ンッ!」
(チンコを吐き出し、むせるゆうさく)
ゆうさくの後輩「なんだよお前チンコギンギンに勃ってんじゃねぇかよ」
ゆうさくの後輩「お前俺とやりたかったんじゃねぇか?」
ゆうさく「ふざけんなよ…誰がお前なんかと…!んなわけねぇだろ…!」
ゆうさくの後輩「お前口でそんなこと言っても説得力無いぜ?なぁ」
(ゆうさくのチンコをペチペチする後輩)
ゆうさく「いい加減にしろよ…」
ゆうさくの後輩「お前もいい加減素直になれ、」
ゆうさくの後輩「よ!(同時に服を破く)
ゆうさくの後輩「あっ、そうだいいこと思いついた!」
ゆうさくの後輩「お前もう一回舐めろよ!」
ゆうさくの後輩「ほら~こっち向いて~?」
ゆうさくの後輩「おっ!(ゆうさくのフェラを撮影)」
ゆうさくの後輩「ハァ~…ほらいいのが撮れたぜ?」
ゆうさくの後輩「これも一緒にバラ撒いてやるよ!」
ゆうさく「おい…頼む勘弁してくれよ…」
ゆうさくの後輩「とっとと大人しく言うこと聞けよ…」
ゆうさく「アァー…」
ゆうさくの後輩「分かりゃいいんだよ…」
ゆうさくの後輩「今度は俺が、いじってやるよ…」
(左手でチンコを、右手で乳首を触る後輩)
ゆうさくの後輩「お前どこが感じんだ?ここ(脇)か?」
ゆうさく「アッ…アッ!」
ゆうさくの後輩「それともここ(チンコ)か?」
ゆうさく「アッ…アァ…」
ゆうさくの後輩「それともここ(乳首)か?…」
ゆうさく「アッ!…アッ!アァ!…アァ!…アァッ…ァアンッ!…アッ…アッ…」
ゆうさくの後輩「なんだお前乳首が感じるのか…」
ゆうさく「アッ!アァ、アァ、アァッ!」
ゆうさくの後輩「おまけに見てみろよ!こんなチンコもビンビンになったじゃねぇか…」
ゆうさくの後輩「おいどこをどうして欲しいか言ってみろよ!」
ゆうさく「チ、乳首、舐めてくれよ…」
ゆうさくの後輩「あぁ?聞こえねぇよ!」
ゆうさくの後輩「(メガホンを取り出し)オラ、おっきい声で言ってみろよ!」
ゆうさく「俺の乳首…舐めてくれよ…
ゆうさくの後輩「最初から素直になれっつーの…」
(乳首を舐める後輩)
ゆうさくの後輩「オラどうだ気持ちいのか?」
ゆうさく「アァ…アァ…タマンネェス…最高だよ…アァ…アァ…」
ゆうさく「アーン!アッ…」
ゆうさくの後輩「おいお前こんなの出てるぜ…?(ゆうさくの我慢汁を採取)」
ゆうさく「アッ!…アッ、アッ、アッ…アァ…ナメロン…」
ゆうさくの後輩「お前、舐めて貰うの乳首だけでいいのか?」
ゆうさく「アッ…チ、チンコ舐めてくれよ…」
ゆうさくの後輩「だから聞こえねぇっつーの…」
メガホン「ピュオ!(迫真)
ゆうさくの後輩「ほらもう一回言ってみろよ…」
ゆうさく「俺のチンコ舐めてくれよ…
ゆうさくの後輩「そうか…舐めて欲しいんだな?」
ゆうさくの後輩「そろそろこれ取ってやるよ。なぁ」
(ゆうさくの両手両足の縛りをほどく後輩)
(パンツを脱ぐ後輩)
ゆうさくの後輩「舐めるぞ…(小声)」
(フェラ開始)
ゆうさくの後輩「どうだ気持ちいいのか?」
ゆうさく「アァ…たまんねぇよ…アァー!」
ゆうさく「アァッ!…アッ!…アァー」
ゆうさくの後輩「お前ばっかり気持ち良くなってんじゃねぇよ!」
ゆうさくの後輩「ほら舐めろよ…(小声)」
(69)
ゆうさくの後輩「こっちはどんな味なんだ?(?)」
(ゆうさくの股を開き、尻穴を触る後輩)
ゆうさく「アッ、アッ!」
ゆうさくの後輩「なんだなんだこっちも使えんのか?」
(ゆうさくの尻穴に指を入れる後輩)
ゆうさく「アー、アー!」
ゆうさくの後輩「アァ~…」
ゆうさく「アーッ!…アー…アーッ!」
ゆうさくの後輩「アァ~…」
ゆうさく「アーッ!アッ」
ゆうさくの後輩「ほら入ったぜぇ~?」
ゆうさく「アーッ、アーッ…」
ゆうさく「アーッ、アッ!」
ゆうさくの後輩「ん~…」
ゆうさく「アァ!」
ゆうさくの後輩「ほらどうなんだ気持ちいいのか?」
ゆうさく「最高だぜ…もっと掻き回してくれよ!」
ゆうさくの後輩「んだよこのド変態野郎が…やってやるよ!えぇ?」
ゆうさく「アー!…アアー!…ァアー!…アァ!」
ゆうさく「アーォ、ォアーッ!あもう、たまんねぇよ…!アッ、アーッ!」
ゆうさくの後輩「こいつ指突っ込まれて感じでやがんぜ…」
ゆうさく「アーッ…」
ゆうさく「アーッ、アッ、アッ、もう我慢できねぇ…お前のチンポ、ぶち込んでくれよ!
ゆうさくの後輩「うっせぇお前には…これで十分だよ…!」
(ゆうさくの尻穴にローターを仕込む後輩)
ゆうさくの後輩「これも写メに撮っちゃうぞ~?」
ゆうさく「アッ、アッ…アッ…」
ゆうさくの後輩「フフフフ…いいザマだな…」
ゆうさくの後輩「お前いい画が撮れたずぇ?」
ゆうさく「ハァ…ハァ…そんなんじゃ、気持ち良くねぇよ…!お前の…デカマラ…突っ込んでくれよ…」
ゆうさくの後輩「全然聞こえねぇな?(メガホンを取り出して)いつもみたく怒鳴って言ってみろよ!」
ゆうさく「お前のデカマラ、突っ込んでくれよ!
ゆうさくの後輩「じゃおめーのケツマンにぶち込んで欲しいモン、でかくさせろよ!」
(ゆうさくにしゃぶらせる後輩)
ゆうさくの後輩「おいそんなんじゃいつまで経っても入んねぇぞ?」
ゆうさくの後輩「気を入れて舐めろ!」
ゆうさくの後輩「そうだよ…」
ゆうさくの後輩「おいうめぇか?」
ゆうさく「ンッ、モァ!…モァ…最高だよ…うめぇよお前のチンポ…」
ゆうさくの後輩「じゃもっとしゃぶれよ」
ゆうさくの後輩「お前よだれなんか垂らしやがってよぉ…きたねぇだろお前ほんとによぉ…」
(上を脱ぎ、全裸になる後輩)
ゆうさくの後輩「お前ヘタクソだなぁ!」
(ゆうさくにイラマチオする後輩)
ゆうさくの後輩「こうやってやんだよ!」
ゆうさくの後輩「ちゃんと咥えろよ」
(よだれが飛び散る)
ゆうさくの後輩「お前自分でしごいてんのかよ…ド変態野郎!」
ゆうさくの後輩「よしそろそろ…」
ゆうさくの後輩「お前の欲しかったモンぶち込んでやるよ!」
ゆうさくの後輩「よし入れるぞ…?」
(挿入)
ゆうさく「あぁ…たまんねぇ…すげぇ気持ちいいぜ…あぁ…あぁん、あぁ…」
ゆうさくの後輩「どうだいつも馬鹿にしてる奴に、掘られる気分は?」
ゆうさく「あぁ…あぁんすげぇ興奮するぜ…あぁ…」
ゆうさくの後輩「お前とんだブタ野郎だな…ド変態じゃねぇか!」
(一つ強く突くごとにゆうさくの喘ぎが連動する)
ゆうさくの後輩「もっと声出せよ!」
ゆうさく「あぁあ!…あぁんあぁ!…ん、あぁ!」
ゆうさくの後輩「お前自分で腰振ってんだよ!」
ゆうさくの後輩「お前今度は、上乗れよ…」
(体位を変更)
ゆうさくの後輩「これ邪魔だよ…(ゆうさくのシャツを更に破く)」
(自分で乳首をいじりながらチンコをしごくゆうさく)
ゆうさくの後輩「自分でいじりやがって…変態野郎が…」
ゆうさくの後輩「もっと腰振らせよ…」
ゆうさく「あぁ、あぁ~あぁん、ん~…」
ゆうさくの後輩「なんだおめぇ、チンコ入れられて勃ってやがんのか?」
ゆうさくの後輩「どかせよ、えぇ?」
(ゆうさくのチンコをしごく後輩)
ゆうさくの後輩「オラどんな気分だ?」
ゆうさく「恥ずかしい…恥ずかしいけど気持ちいい…アァ!」
ゆうさくの後輩「どんどん勃ってるぞ?」
ゆうさく「アァキモチィ…」
ゆうさくの後輩「ほらもっと自分で腰振れよ!」
ゆうさくの後輩「そうだよもっとだよ…!」
ゆうさくの後輩「これも写メに撮ってやるか?」
ゆうさく「アァ…」
ゆうさくの後輩「ほら見てみろよ…」
ゆうさく「アァ!アァ」
ゆうさくの後輩「お前こんな風に見えてんだぞ?」
ゆうさく「アァ!…恥ずかしい…」
ゆうさくの後輩「ほらもっと腰振ってくれ」
ゆうさくの後輩「ケツにチンコ入れられて、自分でしごいてる姿、他の奴らにも見してやりてぇな!」
ゆうさく「そ、それだけは勘弁してくれ…」
ゆうさくの後輩「だったらもっと動いてやれよ、俺のを気持ち良くしてみろよ!」
ゆうさく「あぁすげぇ気持ちいい…アァ…」
ゆうさく「もう我慢できねぇよ…イキそうだよ…!」
ゆうさくの後輩「知らねぇよイキたきゃ勝手にイケよ!」
ゆうさく「あぁ!…ア!ア!ア!ア!(音階)」
ゆうさく「アーイク!アッ!…アッ、アッ!アッ!…アッ!アッ…(射精)」

ゆうさく「アッ!アッ!…アッ!アッ…(射精リプレイ)」

ゆうさくの後輩「お前一人で気持ち良くなってんじゃねぇよ!おいそこに寝っ転がれ!」
ゆうさくの後輩「オラ俺のチンコで気持ち良くなった、穴見してみろよ!」
(ゆうさくの尻穴のアップ)
ゆうさくの後輩「おいお前こんなガバガバになってるぞ?」
ゆうさく「アーン、アン!アー!アーン…」
ゆうさくの後輩「気持ちいいのか?」
ゆうさく「アン…アーン…アッ…」
ゆうさくの後輩「入れるぞ?」
(再び挿入)
ゆうさくの後輩「さっきまでガバガバだったのに…」
ゆうさくの後輩「すげぇ締め付けてるよ…」
ゆうさくの後輩「気持ちいいか?」
ゆうさく「アーン、アン気持ちいい、アン凄い、アァアーン凄い!アァ奥まで入ってる!アーン!…」
ゆうさくの後輩「***みてぇによがりやがって…」
ゆうさくの後輩「オラいつもの威勢はどうしたんだ!?」
ゆうさく「アーン、アーン!」
ゆうさくの後輩「オラもっと締めろ!」
ゆうさく「アーン!アァ!ア~ン凄い、アァ~、アァ~…」
ゆうさく「そんなに、激しく突いたら、俺のケツマン壊れちまうよ!
ゆうさくの後輩「おうぶっ壊してやるよ!えぇ?」
(二人の喘ぎが響く)
ゆうさくの後輩「あ~そろそろイキそうだ…どこに出して欲しいんだよ?(早口)」
ゆうさく「か、顔にかけてくれ…」
ゆうさくの後輩「顔か…よっしゃ!」
ゆうさくの後輩「ウンッ!…ウンッ!アーッ!」
ゆうさくの後輩「ああイクぞぉ!あぁ!アァ!…(ゆうさくに顔射)」

ゆうさくの後輩「あぁ!アァ!…(射精リプレイ)」

(乱交終了)
ゆうさくの後輩「あ゛あ゛~゛すっげぇ良かったずぇ!」
ゆうさくの後輩「あんたがとんだブタ野郎だってことも分かったしなぁ!」
ゆうさく「てめえ調子に乗ってんじゃねーぞ!
ゆうさくの後輩「そんなことしちゃっていいのか?あの写真皆にバラ撒いちまうぞ?」
ゆうさく「そ…それは…」
ゆうさくの後輩「まぁ、あんたが今までの俺への態度を改めてくれればいいんだけどな?したら別に…皆にバラさないでくれてやるから…」
ゆうさくの後輩「それに俺とももっとやりてぇんだろ?」
ゆうさく「…分かった…」
ゆうさくの後輩「休憩時間もあるし、早くしねぇと!」
ゆうさく「あぁ…そうだな…」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩