書き起こし:IKUZE11 配達先にいたのは露出狂ゲイ!!誘われるまま、汗だくFUCK!!

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

ゆうさく「よし、今日はこれで最後か…よっしゃ!早く終わらせて、帰ってオナニーでもするか!」
露出狂「ほぉい」
露出狂「ほい」
ゆうさく「すいません宅急便(登録商標)です。お荷物お届けに上がりました」
露出狂「はい」
ゆうさく「んじゃ、すいません失礼しまーす」
ゆうさく「それじゃあ、こちらの方のサインをお願いします」
露出狂「あ、はい、じゃあちょっと待っててください」
ゆうさく「はい!」
露出狂(やっべ…いい男じゃぁ~ん…フフッ、やっちゃおっか…)
露出狂「ほい」
ゆうさく「ここに、お願いします」
露出狂「はぁい」
露出狂「どうしました?」
ゆうさく「あ、いやあ・・・」
ゆうさく「な、何やってんすか!」
露出狂「いいじゃないですかぁ~」
ゆうさく「冗談はやめてくださいよ」
ゆうさく「早くサインしてくださいよ」
露出狂「ハハッ、冗談じゃないですよぉ~」
露出狂「俺のチンポ見て、勃ってるんじゃないですか?」
ゆうさく「そんな冗談やめてください、早くサインしてくださいよ」
露出狂「ええ~?触ってくれたら、サインしますよ?」
ゆうさく「え、何いってるんですか」
ゆうさく「デ、デーモン…」
ゆうさく「あうっ!」
ゆうさく「そ、そんな困りますよ」
露出狂「じゃあ触ってくださいよ」
ゆうさく「でも…困りますよ…」
露出狂「サインしませんよ?じゃあ」
露出狂「ビンビンじゃないですかぁ」
ゆうさく「いや、そんな」
ゆうさく「そんな…」
ゆうさく「も、もう十分ですよね…」
ゆうさく「そろそろ、サインしてくださいよ」
露出狂「もう少しだ・け」
露出狂「ね?いいでしょ?」
露出狂「嫌がっておきながら、勃っちゃってんじゃないすか」
露出狂「お兄さん、これから配達あるんですか?」
ゆうさく「い、いやここはこれで、今日は終わりです…」
ゆうさく「何するんすか」
ゆうさく「やめてください困ります」
ゆうさく「何するんすか」
露出狂「口では嫌がってたのに、こっちは正直ですねぇ~、フフッ」
ゆうさく「これが欲しかったんだろ?」
露出狂「積極的じゃないかよぉ」
露出狂「嫌がってたのにさぁ」
露出狂「勃ってんのか?」
露出狂「うんまっそ」
ゆうさく「うるせえ、咥えろよ」
ゆうさく「ほらぁ、口開けろよ」
ゆうさく「やれば出来るじゃねぇかよ」
ゆうさく「おお~…すっげぇなお前」
ゆうさく「ああ~すっげ、オオ~ウ」
ゆうさく「オオ~ウ気持ちいいだろオイ」
ゆうさく「もっと舌転がせよオラァ」
ゆうさく「よしもっと奥まで咥え入れろ」
ゆうさく「どうだぁ、配達で汗まみれになった汚ねぇチンコの味は」
露出狂「すっげぇくさくてしょっぱくて美味い、最高」
ゆうさく「だろ?くせぇだろ?」
露出狂「こんなくさくてうめぇチンポ初めてだ…」
ゆうさく「もっとベロベロ舐めてくれや」
ゆうさく「ああ、すっげぇ気持ちいい」
露出狂「敏感じゃねぇかよ…」
露出狂「このニオイたまんねぇ!」
露出狂「こっちはどうだ?」
ゆうさく「どうだぁ、汗まみれの腋のニオイは」
露出狂「いやらしくていいニオイだ…」
ゆうさく「アンタいつもこんなことやってんのかよ」
ゆうさく「とんだ変態野郎だな」
露出狂「オラァどうだ」
ゆうさく「すっげぇ気持ちいいぜぇ…」
露出狂「じゃあ今度は俺のをしゃぶってくれよ」
ゆうさく「いいぜぇ…」
ゆうさく「ちょっと座れよ」
露出狂「ああ、最っ高だ」
露出狂「たまんねぇ」
露出狂「裏スジも舐めてくれよ」
露出狂「最っ高だマジで」
露出狂「よし…こっち乗れよ」

露出狂「ア゛!ア゛!ア゛!イ゛!(叛逆)!」
ゆうさく「ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛↑ ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛アッ・・・(微振動ゆうさく)
露出狂「ア゛ン゛ッ(悲痛)アッ(スタッカート)」
ゆうさく「アーイクッ・・・
露出狂「ア゛!!!!!!ア゛ァ!!!!!!!(抜かれた後も喘ぎ続ける露出狂)」
ゆうさく「あ、やべえ!こんなことしてる場合じゃねぇ!早く戻んなきゃ!」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩