書き起こし:POWER GRIP 106 オトナの時間15 エリート達の過激な新人研修 YSDEISKパート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

なーんか撮ってんのかオワンショト、撮って、ほんと?これ見たことねぇぞ俺この人、えぇ吉田栄作じゃねぇだろ?
「半年前までは、ファーストフードの店長やってました」
―33だと、もう結婚とかはしてるのかな?
「バツイチです」
―バツイチ?
「はい」
―えーいつぐらいに結婚したの?
「結婚したのは28の時です」
―28の時。
「はい」
―いつぐらいに別れたの?
「半年ぐらい前ですね」
―え、子供とかは、いるのかな?
「あいました」
―えっいま「した」?
「はい、まぁ、かみさんが引き取ったので」
―あーそっか。え、今はいくつぐらいなの?
「今は…4歳と3歳ですね」
―会いたいとかは思わないの?
「会いたいです」
―ふーん。…えーじゃ会っちゃいけないっていうか、会わないって約束なの?
「…一応会わないって約束になって」
―うーん。
「会ってないです」
―じゃあ、再婚…の、あれば予定とかは無いのかな?
「今んところは無いですね」
―無い。彼女とかはいるの?
「彼女も、先月別れました」
―エッチ関係とかは、どうしてるの?
「それは…今んところは自分で」
―風俗行ったりとかはしないんだ?
「あ、しますね」
―一番最近、こうエッチしたのはいつぐらい?
「ちょうど一ヶ月ぐらい前ですかね」
―初体験とかはいつぐらい?
「19の時です」
―19の時。覚えてるそれ?
「一人暮らししてて、大学一年の時、その時に…ちょうど12月ぐらいの時に、あの…付き合ってた彼女と、自分の部屋で、しました」
―えースムーズにできたの?
「いやそんなスムーズじゃなかったですね」
―でもやることは?
「一応…できました」
―それからは何人ぐらいと?
「それからは…その彼女を除けば…7人、ぐらいですかね」
―なんかもっと遊んでるっぽい感じがするけど。
「(笑)まぁ高校の時に、彼女が…まぁ、その時にたくさん浮気をして…でー、まぁこっぴどく怒られたんで、だからあの、彼女ができたら、浮気をしない…」
―今年のバレンタインとかはなんかチョコは、いくつぐらい貰ったの?
「(笑)同僚から…5個ぐらい」
―え大体毎年どのぐらい貰うの?
「えー…年によって違うんですけど…今年は5個でしたけど、去年は…(物音で聞き取りにくい)全部義理ですけど…12、3個ぐらい」
―じゃあね、こっちのカメラに向かってさ、今日、まぁこれから撮影なんだけど、うん。意気込みって言うか。
「意気込み…」
―うん。
「撮影初めてなんですけど、一生懸命頑張ります!よろしくお願いします」
―はい、じゃあ…頑張ってください。
「はい、頑張ります!」
―はい。

―これで撮影は終わりになるんだけど。
「はい…」
―どうだっ、た…?
「もう…思った程は辛くなかったですね…」
―(笑)思ったよりかは?
「はい…抜けないんじゃないかとかは、緊張して…」
―あー。
「絶対思ってたんで、」
―うーん。
「それが、無かったからまぁまずは良かったし…」
―えー男にこう色々こう、されるのに挑戦して貰ったんだけど。
「はい」
―どうだったかな?
「えーと、まぁ…ぶっちゃけこういうオカズがあったんで、」
―うーん。
「やっぱりそっち、見なければ(うーん)全然、できますんで…」
―うーん。
「別にそんなに、は無いですね…」
「最後に一言…」
―うん。
「まぁ今日、撮影、初めてだったんですけど緊張しました…えーと…何だろう…何か、何だろう、何、何つったらいいのかな、緊張しましたけど、まぁ、無事、撮ることができて良かったです」
―はい。
「お疲れ様でした」
―お疲れ様でした。
「お疲れ様でした」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩