書き起こし:POWER GRIP 73 オトナの時間5 アダルトオールスターズ AKYSパート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

「年齢23歳です」
―23歳。
「ええ」
―えー年より、若いって言われるそれとも老けてるって言われる?
「老けてるって言われ、言われますね」
―老けてるって言われる。
「どっちかっつうと、ええ」
―どれくらいに、言われるのかな?
「27、8ぐらいですかね、年齢的に」
―ふ~ん。…嬉しい?
「嬉しいような、悲しいような…」
―(笑)悲しいような…。
「中途半端ですよね気分的にはね」
―そっか。う~んと誰か、芸能人に似てるって言われたことは?
「プロ野球の清原選手とかに」
―うん。
「よく言われますね、似てるってね」
―似てるって?
「うん」
―仕事は…どういう関係なの?どういう関係の仕事?
「仕事はですね…色々あの、医療関係ですか」
―うん。医療関係。
「うん」
―えーとじゃ結婚は今してる?
「いやしてませんよ」
―してない?考えてはいない?
「ま30ぐらいにできればいいかなーぐらいですね今はね、とりあえず仕事の方が重要ですからね今ね」
―今は?
「優先的には、仕事が一番ですから」
―ふ~ん。え、で…でも彼女くらいはいるでしょうね?
「ああいますよ」
―その人と結婚とかは全然考えてない?
「考えてますね。それが30ぐらいですね」
―30ぐらい?
「はい」
―っと一緒に暮らしてはいない?
「暮らしてないですね全然」
―一人、今は一人暮らし?
「お互い一人暮らし」
―う~ん。
―結構背高いけど何センチあるの?
「188センチですね」
―188!で体重が?
「83キロ」
―ふ~ん。…なんかスポーツはやってたの?
「スポーツは、空手の方をやってましたね」
―空手。
「ええ」
―ん~どれぐらい?
「ほぼ3、4年ですかね」
―3、4年。
「ええ」
―でも、空手をやったからそんなでかくなった訳じゃないんでしょ?
「ま遺伝じゃないですか親の多分、母親が大きいですからね」
―あっ、そうなんだ。
「うん」
―そのネクタイとかは、誰が選んだの?
「これ彼女ですね」
―彼女が。
「ええ」
―気に入ってる?
「あっ好きですよこの色」
―ふ~ん。
「ええ」
―何本ぐらい持ってるの?ネクタイ。
「15本ぐらいですかね」
―15本ぐらい。
「ええ」
―プライベートでは着ないの?スーツとかは。
「スーツは全く着ないです」
―全然?
「もうジーンズとかで、ラフに動ける…そうですね」
―感じが?多いんだ。
「ええ、多いですね」
(下を脱がされるAKYS)
―パンツはどんなの穿いてるんだっけ?
「パンツはいつもトランクスですかね」
―トランクス?
「ブリーフはちょっと、嫌なんで蒸れるから」
―結構派手な色だね。
「(笑)そうですね。まあ別に色とかは関係ないですかねあんまね」
―う~ん。
―結構日焼けサロンとか行ってるんだ?
「サロンは行ってますね、週一ぐらいで」
―ここだけ残ってるよね。
「そうなんですよ」
―ここと(笑)。
「どうしても焼けないんですよそこがね、綺麗に」
―じゃちょっと、拡げちゃうんで…。
―で肛門に三回こう、グッグッっと力入れてみて。
―彼女のお尻を責めたりとかはあんまないの?
「あ~しますねそういうの」
―えっするの?
「ええ」
―(笑)嫌がんない?
「嫌がりますよ」
―(笑)
「(?)」
―ん?
「入れたりはしないですよ」
―あ~。
「ええ、もうソフトなね」
―あ~。
「感じですね責める…」
―どんな感じ?
「感、なんっつうんですかね…言葉じゃ表現できないですね」
―う~ん。痛い?
「違和感がありますね痛くはないけど違和感がありますね」
―じゃあ、抜くから…。
―ちょっと痛かった?
「ちょっと痛い…」
―ここが痛いんじゃ…?
「腫れてますね少し」
―少し?
「うん」
―こっち側じゃ…多分そこだと…(小声で指示)。
(オモチャを挿入)
「ウンコ出てるみたいですねこれ」
―(笑)
「漏らしてるみたい」
―あ~。
「いてててて…」
―どこが痛い?
「奥の方が痛いです」
―奥が痛かった?
―この角度は?
「苦しいですね」
―お尻に入れてって気持ちいいっていうのは全然ない?
「ないですね」
―うん。
「よくあの前立腺責めとかあるじゃないですか」
―う~ん。
「そのヘルスとかで」
―うん。
「ちょっと痛いですよね、本当気持ちいいのかなって」
―う~ん。
「多分気持ちよくないですよねこうやって入れても気持ちよくないなら」
―フッ…。
―こうやって動かしてみるとどう?
「う~ん…あんま、感覚がないですね」
―う~ん。
―これ動くから…。気持ちいいかも?
「気持ちいいかもしれないですね」
―前立腺に当たればね。
(バイブを挿入)
「(笑)冷汗が出てますね、冷汗が」
―こう振動は、どんな感じ?振動で冷汗が出てくる?
「いや入れた瞬間ですよ、冷汗がドバーッって出て」
「あれじゃないですか、処女の感覚なんじゃないですか、処女も痛むんじゃないですか」
―うん。…それと同じ感覚なの?
「分かんないですけどね」
―(笑)
―体の中で一番感じる所ってどこ?
「乳首ですね」
―乳首?チンチンよりも?
「あっチンチンは一番分かりますね、次に乳首ですね」
―あっ次に乳首?
「ええ」
―玉とかさ、この、お尻の穴の周りとかさ。
「あ~ありますね」
―その…。
「あ~金玉も結構いいんじゃないですか」
―う~ん。
―抜くときはどんな感じ?
「抜くとき…もうウンコ出してる感じですね」
―(笑)そのまんま?
「そのまんまですね」
(AKYSの立ちオナニー)
―っと手離して、こっち向いてて。
―動かしてみて。…すごい動くね。
「(笑)」
(スタッフに責められ、立ったり座ったりしながらオナニーを続ける)
「イッていいですか?」
―うん。
「あと30秒くらいでイキます(宣言)」
「イキますよ…(射精)」
(飛び散った精液のアップ)
―凄い飛んだよね?
「そうでもないですよもっと遠くに飛びますよ」
―あっそう?
「テレビの方までね」
―そんな飛ぶの?
「3メートルぐらい飛びますよ」
「音鳴りましたね今、ピシッ!」
―(笑)
「…フンッ」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩