書き起こし:SCOOOP!!! 10 第十弾 HERITAGE OF HARDCORE~淫乱と悪徳の軌跡~ MTちゃんパート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

―じゃ、初めまして
あ、初めまして
―今日はね、えっとゆー、一応ー、まあ撮影という事でー
ハイ
ー結構スゴイ事をやってもらう内容なんですけど
ええ
―えーとー・・・フィストっていうものにチャレンジしてもらいたいんですよ
ええ
―で、そのフィストっていうのは知ってるかな?
いや分からないです
―えーとね一応ね、えー・・・お尻の穴に、(ハイ)最終的には、えー腕、てか手の平から、(ええ)えー腕にかけてを入れてもらう事になるんですけど
ハイ
―そういうチャレンジは、大、あの、大丈夫そうですか?
多分大丈夫だと思うんですけどね
―えーとね、結構ね、皆そう初めー・・・皆そう言うんですよ
ええ
―うん、結局ねーえっとこないだ撮影した方も
ええ
―ものの一時間位でギブアップしちゃったんですけど
ハイ
―えーその方はやっぱりこうギャラは0(ええ)で帰って貰ったんですよ
うん
―でも一応ー・・・なんでしょう、えー・・・全部、えー腕が入れば
ええ
―その、高額な金額を得る事が出来るんですけど
ええ
―どうですかね?その、ギブアップとかしちゃ・・・そうな感じかな?
どうスかね?まぁ、あの・・・やれるだけ、やって、頑張ってみたいと思います
―やれるだけ、頑張る?途中で嫌になっちゃったら?
いや、大丈夫です
―大丈夫?
ええ
―じゃね、えーと・・・一応、そう言って頂いたんで
ハイ
―えーうちのイカセ隊の方も
ハイ
―えー・・・とりあえずは(ハイ)、本当に駄目ってなるまでは
ハイ
―羽交い絞めになって(ハイ)、えーと、腕を入れてく、っていう感じになるんですけど・・・
ハイ
―それでも大丈夫ですか?
ええ、大丈夫です
―大丈夫ですか?で、えーと、ギブアップした場合は、えーと勿論先に言、言ったように、えーとギャラは一切払われませんが
ハイ
―それでもよろしいですか?
ハイ、大丈夫です
―ハイ、じゃあえーと、これから撮影、頑張っていきましょう
ハイ
―よろしくお願いします
あ、よろしくお願いします

~FF終了後~

―ハイ、じゃあ、えーと第二回目のフィスト調教、お疲れ様でした
お疲れ様です・・・
―どうでした?えーとー率直な感想?
え・・・悔しいんスけど・・・んんなんか・・・精神的に・・・なんつったらいいか
―なんつったらって(?)?ん?ギブアップしちゃうってコト?
スイマセン
―いやでも結構さ、もうあと少しっていう所で、
ええ
―多分もう入るとは思うんだけど・・・
ハイ
―ま、うちとしても結構見てて、辛そうな所があった、とは思う、それは分かるんですが
ハイ
―あと少し、かあと一回、第三回目、頑張ってみる気は・・・
そうスね・・・・・・スゥ・・・ンッ・・・
―じゃ例えばさ、(ハイ)腕じゃなくて
ハイ
―えーとまぁ、初回はーあのーバイブ・・・チンコの形したおもちゃ、はーまぁちょっとは痛かったと思うんだけど
ハイ
―今日は結構、楽だったでしょ?
ええ、そこは何とかなったんですけど
―そんなには痛くなかったよね?
ハイ
―だから、えーと今日の腕、最終的な腕が入りそうなところが
ハイ
―ま今日は今日で痛かったとは思うんだけど
ハイ
―次回三回目、は、なんだろう、今日のバイブみたいな感じでそんなには痛くならないで、寧ろこう気持ちよくなっちゃうような気がしないでもないんですが・・・
スゥ・・・ハァ・・・ちょっと・・・
―どの辺が一番辛いのかな?気持ち的にー、怖いとか?
ええ・・・
―身体的に、ホントにこれ以上無理って感じるとか?
ええ・・・そうスね・・・なんか・・・何つったらいいんですかね?・・・怖い、怖いっていうのも、あるんですけど・・・
―うん
・・・な、何スか?何かもう・・・自分の中で・・・受け付けなくなっちゃってる・・・から・・・
―ま結構、ねえ足もちょっと痙攣してたりとか、そういう場面も見られたんで・・・ま自分達的には厳しそうかな・・・でも、あそこまで行ったから、多分彼、うん、いけそうかなぁみたいな
ええ
―っていう風には思ってたんだけど
ええ・・・自分も最初はそう思っていたんですけどね、いけるかなって・・・口惜しいスね・・・
―・・・そっかじゃあ・・・ちょっと、今回は、コレで、やめときます、か?
スイマセン・・・ちょっと・・・ちょっと持たない・・・ですね・・・
―ハイ(分かりました)・・・えーま今日でギブアップっていう事になっちゃうと・・・
ハイ
―やっぱり・・・結果として・・・目標が達成できなかったていう・・・
ハイ
―残念な結果になっちゃうんだけど・・・
ハイ
―あともう一個だけね、あのー選択肢があって、もう一つ別の
ハイ
―まフィストとは違った、チャレンジをしてもらうってコトは
ハイ
―できるんだけどそれは・・・どうかな?多分違った意味で大変だったりもすると思うんだけど・・・
ええ、いや、これで・・・あの、まあ、あのもし挽回できるんだったら、ちょっと、(うん)チャレンジしてみたいなとは(うん)思ってるんですけどね
―じゃあ、そっちのもう一つのチャレンジてのを、
ハイ
―やってみるという事で
ハイ
―じゃあ、お願いします
ああ、スイマセン、こっちこそ、スイマセン

~ぶっかけ終了後~

―今日は、どうもお疲れ様でした
お疲れ様です
―えーと、こないだ言ってた、もう一個のチャレンジっていうのが
ええ
―今日の、「ぶっかけ」だったわけですけども
ハイ
―どうでした?感想としては?
感想ですか?
―フィストよりかは楽だったと思いますけど
まぁ、楽でした、ハイ
―結構、人数があんなに・・・
ええ、ビックリしましたね
―はじめは何人位だと思ってました?
はじめ・・・10人かそこらかなぁ・・・15人、15人とか、と思ってたんですけど、何人いたんですか?
―40名近くいたのかな
・・・そんなにいたんですか?ビックリしました
―結構臭いとかもスゴかったと思うのだけれども
ええ
―それは・・・どんな感じでした?
スゥ、臭い、臭いはキツイと言えばキツイですけど・・・これで、ンッ、ま、挽回出来たらまぁ、良かったな、とは思ってるんですけど・・・
―挽回出来たと思います、今日は
スミマセン
―色々と大変だったと思いますけど・・・お疲れ様でした
お疲れ様です

淫夢缶バッジ 現代アート先輩