書き起こし:Vol.113 肥雨

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
Jump to navigation Jump to search

テラドン「んーと、今日はどうだったですか?」
脂三昧メイン「いや緊張しました。」
テラドン「あー僕も、うん、初めて、いい体験をさせていただきましたね。はい。」
脂三昧メイン「…え?(笑)……」
テラドン「……でも、なかなか、気持ちよかったでしょ?」
脂三昧メイン「あ、そうですね」
テラドン「あっ(笑)そうですね。」
脂三昧メイン「はい。」
テラドン「どうだったですか今日は?」
脂三昧メイン「えー、すごく緊張しました。」
テラドン「あーそうですね、僕も〜実を言うと、昨日、緊張しすぎて、寝られなかったんですよ。」
脂三昧メイン「あーそうなんですか」
テラドン「はい。」
―嘘ばっかり言って、よく言うよ
テラドン「えーあの、なに、朝、朝っていうか、もうこっちにいたんだけど、朝コンビニで、あの『おき太郎』をグイッと、飲んできました。」
脂三昧メイン「えへへへへ…(愛想笑い)」
テラドン「ええ、あのー、眠気覚ましドリンク?飲んできました。」
脂三昧メイン「今は、眠いんで?」
テラドン「おかげで今は…いや、眠くないですよ。」
脂三昧メイン「大丈夫?」
テラドン「全然。」
テラドン「ええ。でも多分、もし、家に帰ったら、多分バタンキューだと思います。」
脂三昧メイン「ウフハハハハ(笑)」
テラドン「フフゥ(笑)」
(沈黙)
テラドン「頼んますよぉ!」
―フー(笑)
テラドン「んたぁ、頼みます!なんか詰まってるじゃないですか!(笑)」
脂三昧メイン「緊張してるんです、ウフフ…」
テラドン「でも、緊張はだいぶほぐれましたよね?」
脂三昧メイン「…そう、ですね」
テラドン「まあ出すもの出したし。」
脂三昧メイン「ははい…出ましたね。」
テラドン「え?」
脂三昧メイン「出ましたね。」
テラドン「そうですね。」
テラドン「僕はちょっとあの…商売始めたりなんかしてましたよ」
―フゥゥゥ(笑)
テラドン「あ、違いますよね(笑)すいません」
テラドン「…今日はこれからの、ご予定は、どうなんですか?」
脂三昧メイン「えっ…帰りに、買い物しようかなぁというぐらいですね」
テラドン「あ〜…スー…帰りに、アキバかなんか寄ってこうかな。」
脂三昧メイン「アハハ…」
テラドン「うん…」
―パチンコでしょ?
テラドン「いや違いますよ!」
脂三昧メイン「フハハハ…」
テラドン「ハードディスクが欲しいんです。」
脂三昧メイン「ああー…」
テラドン「はい。60ギガのハードディスクぶっ壊れちゃって。」
脂三昧メイン「フフフ…」
テラドン「うん。」
テラドン「もうガリガリガリガリ音して。」
「ああー…」
テラドン「うん。」
テラドン「だから、64ギガじゃなくて40ギガくらいだったら、多分8千円くらいで売ってるから。」
脂三昧メイン「あ、そんな安い…」
テラドン「うん。安いでしょ?」
脂三昧メイン「そうですね」
テラドン「うん。パソコンでね、一番高いのはね、うーん、電池なんですよ。」
脂三昧メイン「え?」
テラドン「ノート、の、ノートパソコンの電池が高いんですよ。」
脂三昧メイン「あー…」
テラドン「えぇ。」
―自分ノートパソコン使ってるの?
テラドン「はい。」
―どこの?
テラドン「DELLです。」
―私もDELLだよ?
テラドン「あそうなんすか」
―これ買ったばっかり新しい。これは古いやつ、20年使ってたから。新しい方のは変えたばっかりDELLの。
「見覚えあった…フフフ(笑)」
―それ使ってたでしょ?ずーっと使ってたこれ。20年、1…8年くらい使ってたもん。
「新宿で見た覚えがある」
―そう。*******すんの。でもこれの方がいいんだよアレが入ってこないからあの、ウイルスが。
テラドン「ノートはあのー、元々はあの、モバイル用のパソコンだから、あのーあの、ペンスリーなんですよ。」
脂三昧メイン「なぁー…」
テラドン「ペンスリで、700、メガぐらいしかないんですよ。」
テラドン「うん…だからそれを、無理くり、あのー、ちょっと大きい、うん、今1.2ギガのCPUが入ってるんですけど…」
脂三昧メイン「大丈夫なんですか…?」
テラドン「いや、一応ねマザーボードごと、とっ換えたから。」
脂三昧メイン「あー…」
テラドン「なんか加工してね?」
脂三昧メイン「すごーい…」
テラドン「うん。でメモリもねなんかね、もともと128(イチニッパ)あったんだけど、今ね256(ニゴロ)が入ってる。しかもDDRっていってね、あの高速型のメモリが入ってる。」
脂三昧メイン「うーん…(興味薄)」
テラドン「今デスクトップ欲しいんだけどね。」
脂三昧メイン「あー…」
テラドン「うん。だけどもね、箱が、でかいでしょ?」
脂三昧メイン「そうですね」
テラドン「うん、箱が。あれが邪魔くさいんだよ。」
脂三昧メイン「ノートは高いんですよね?」
テラドン「まあでも…安かったよ?」
脂三昧メイン「あ、そうなんですか」
テラドン「うん。実はオークションで買ったんだけど。フフフフ!(笑)」
脂三昧メイン「ああ〜…」
テラドン「ヤフーのオークションで。うん。いくらだと思います?ヤフーのオークション」
―1万5千円。
テラドン「え、うーんと、1万5千円…」
―ほらそうでしょ?
テラドン「フフフフゥ!(笑)」
脂三昧メイン「やっす!(笑)」
―古いやつだったら今安いよね。ちょっと旧だったらもう旧だったらすごい安い。
テラドン「もうそんときはね、だから本当のノーマルの状態で、」
脂三昧メイン「ああー」
テラドン「うん。今はそれから、あの、改造してるから、」
脂三昧メイン「ああー」
テラドン「うん。今の、パソコンに負けないぐらい?の、金が、入ってるんですよそこには。」
脂三昧メイン「アハハハハハ…(笑)」
テラドン「うん。フフフフゥ!(笑)」
脂三昧メイン「そうやって改造〜、するのを秋葉原で買うんですか?」
テラドン「そうそうそうそうそう、パーツ屋で。」
脂三昧メイン「あー…」
テラドン「でー、本当はね、128(イチニッパ)を256(ニゴロ)に変えて、256(ニゴロ)を、512かなんかにしてみたかったんだけど、」
脂三昧メイン「はい」
テラドン「ね。マザーボードは、512は対応してんだけど、あのー何、メモリースロット!」
脂三昧メイン「はい」
テラドン「メモリー入れるとこが、1枚しかないんだ」
脂三昧メイン「おー…入れ替えないといけない?」
テラドン「入れ替えるっていうかスペースがないから無理なの。うん。」
脂三昧メイン「へぇー…」
テラドン「だって厚さ1センチしかないんだよ?」
脂三昧メイン「あっ、そんなちっちゃい…」
テラドン「そのノ、ノートパソコンの厚さが。うん。」
脂三昧メイン「そんなちっちゃい…」
―じゃあそろそろやりましょうヘラチオやってください。
テラドン「はい。」
―ハハァ(笑)いい返事ですね。
テラドン「はい」
―そろそろセックス始めてください。
テラドン「じゃあ**ちゃん、寝っ転がってくれる?」
脂三昧メイン「はい」
テラドン「ここに入れればいいのかな?(相手のヘソを指して)」

―それじゃちょっと、答えてみてください。
2人「はい」
―えっとまず、右の、ヒゲの方から。
テラドン「はい。」
―えーっと身長・体重と年齢から。
テラドン「えー身長が186で、体重が175、年齢が35です。」
―はい。えっとー、趣味はなんですか、なんですっけ?
テラドン「えーっとー、パソコンですね。」
そんなデブでパソコンやってんの?
テラドン「はい。」
デブパソコンやっちゃいけないんだよ?
テラドン「すいません」
メールで来るでしょ『デブやらないでください』って。
テラドン「あっハイ(適当)」
―えっとこのビデオに出たきっかけはなんですかね?
テラドン「えーっとー、自分の体を活かした、ことをやりたくて、応募しました!」
―応募しました?ビデオ初出演ですよね?
テラドン「そうです」
―えーっと、やってみてどうでしたビデオ?カメラの前で。
テラドン「えーっとー、はじめすごく緊張したんですけど、えーっと、やってるうちに、あのー世界に飛び込めました。」
―『世界に飛び込めました』?
テラドン「はい」
―それで今日の見どころここ、いち、今までやった中で一番ここが良いってことがありましたらちょっと、あの〜、ビデオの中でアピールしてください。
テラドン「うーん、そうですね…あのー、極太バイブが、入ったところ、だと…」
―アナタすごい太いのズバズバ入りましたけどガバガバですよね?
テラドン「すいません!」
―相当のものですよね?
テラドン「はい。」
―初体験だって言いながら。
テラドン「はい。」
―嘘じゃないんですか初体験って
テラドン「いや、本当ですよ。」
―本当ですか?
テラドン「はい。」
―気持ち良かったですかアナル?
テラドン「すごく気持ち良かったです」
―それでザーメンもすごいたっぷり飛んだんですけど、
テラドン「はい。」
―どうでした?何日ぶりでしたか?
テラドン「えーっとー…そうですね…うーん…2日ぶりくらいです。」
―2日ぶりでそんなに出るのすごいですね。
テラドン「はい。」
―えっとじゃああのー、総まとめで、あのーここが一番良かったからここを見てくださいっていう見どころ、と、あとー、フアンの方にメッセージを残してください最後に。
テラドン「えーっとー、先程も言ってたんですけど、」
―はい。
テラドン「あのー、極太バイブの進入と、」
―はい。
テラドン「あとー、フェラのシーン、ですね。」
―はい。
テラドン「はい。えーとー…これからもよろしくお願いします。」
―はい。お疲れ様でした。
テラドン「お疲れ様でした。」
―じゃあ隣の方、お疲れ様でした。
脂三昧メイン「お疲れ様でした。」
―えーっと身長・体重、年齢言ってください。
脂三昧メイン「はい。えーっと身長が183で、体重は145、歳は28です。」
―えーとー、昔ー、10年ぐらい前に1回出たこと、出てもらったんですけど、
脂三昧メイン「はい。」
―だいぶー大人になりましたけど、
脂三昧メイン「アハハ(笑)」
―あのー、久々に電話いってどうでしたか?
脂三昧メイン「そうですねあのー、はじめお話いただいたときはすごくビックリしたんですけど、」
―はい。
脂三昧メイン「あのー、また呼んでもらって楽しかったです。
―以前京王プラザでやったんですよね。
脂三昧メイン「ハハハ、はい。」
―懐かしいですよね。
脂三昧メイン「はい。」
―あのときはもうまだ2…1、か二十歳?
脂三昧メイン「二十歳〜ですね。」
―ぐらいでしたよね。
脂三昧メイン「はい。」
―あのー、大阪から来た中年のジジイと。
脂三昧メイン「アハハイ(笑)」
―勃ちが悪くて。
脂三昧メイン「ンシシシ(笑)」
―大変でしたよね、あのときはね。
脂三昧メイン「はい。」
―今日〜やった相手の方は、どんな印象を見ます?すごい、超大デブなんですけど。
脂三昧メイン「そうですね、あの、自分よりおっきい人をなかなか見る機会がなかったので」
―久々ですよね。すごいの見たのは。クマみたいな顔して。
脂三昧メイン「ンフフ(笑)」
―えーと、久々に〜やってどうでしたか?
脂三昧メイン「そうですね、すごく、緊張、しましたけど、でも、あのー、優しくしていただいたので、すごく楽しくできました。」
―あーそうですか(興味薄)じゃあ見どころ、今日やった見どころでここが良いってことでちょっと、それとあと自己、自分の、あのこういうとこが良いっていう自己PRしてみてください。
脂三昧メイン「はい。えーっと、まあすごく久しぶりで緊張したんですけど、」
―はい
脂三昧メイン「あのー、一生懸命頑張りましたんで、」
―はい
脂三昧メイン「あの、またこれからもよろしくお願いします。」
―あと見どころ。
脂三昧メイン「見どころ…」
―ここが良いって。
脂三昧メイン「そうですね…どこ、どこが見どころですかね?へへへへへ…(笑)」
―見どころなかったんですか?
脂三昧メイン「えーっと、まあ一生懸命頑張りましたんで、」
―そこが見どころなんですか?
脂三昧メイン「はい。ウフフフフ(笑)」
―分かりました。じゃあこれで今日は、終わりますんで、本当お疲れ様でした。
テラドン「お疲れ様でした。」
脂三昧メイン「ありがとうございました。」