書き起こし:i-mode学園V キミはONAペット ミュージックステーショントーク編

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

(拍手)
タマさん「えー・・・山崎まさゆき君でーす、こんにちはー」
山崎まさゆき「こんにちはー」
タマさん「え、ミュージックステーション、初登場という事で」
山崎まさゆき「あはい」
タマさん「緊張してる?」
山崎まさゆき「ちょっと・・・はい」
タマさん「ちょっと緊張してる、ふーん・・・今週のランキングで一位、おめでとう」
山崎まさゆき「はい・・・ありがとうございます」
(再び拍手)
タマさん「えー・・・この、曲「愛のカタチ」」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「これはー・・・どういう歌なのかなこれ?」
山崎まさゆき「えーっと、まあ、「カタチに囚われん様な、愛」みたいな」
タマさん「ふーん・・・色んなカタチあるもんね」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「ふーん、そういう意味でつく、作ったんだ」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁー・・・そうなんだ、え、今、歳はいくつなの?」
山崎まさゆき「歳は今僕は18です」
タマさん「18!」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「若いよなぁ・・・」
ケンタ「若いですねー」
タマさん「若いなぁー・・・ケンタやお前な、何歳なんだっけ」
ケンタ「二十歳です」
タマさん「二十歳?サバ読んでんだろお前」
ケンタ「アッ、五つぐらい」
タマさん「じゃああれか、ちょっと前までは学生服着て、高校生だった事か」
山崎まさゆき「そうですね」
タマさん「はぁー・・・そうだよなぁ」
ケンタ「見てみたいですね学生服の姿も」
タマさん「はぁー・・・学、学ランだったの?」
山崎まさゆき「学ラン、はい」
タマさん「学ラン着て」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「通っちゃったんだ」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁー・・・え、出身はどこなの?」
山崎まさゆき「出身は兵庫県」
タマさん「兵庫県」
山崎まさゆき「兵庫県の・・・」
タマさん「はぁー・・・で、東京に出てきたの?」
山崎まさゆき「まあ音楽やる為に、出てきた」
タマさん「一位取ったもんなぁ」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁー・・・そうか・・・まだ高校、卒業したばっかりだもんなぁ、うーん」
ケンタ「凄いですよねー」
タマさん「高校、時とかはモテたでしょ」
山崎まさゆき「いやそんな全然モテなかったです、はい」
タマさん「いやモテるだろ・・・」
山崎まさゆき「いえいえ」
タマさん「彼女とかいたの?」
山崎まさゆき「ま、いますね」
タマさん「はぁー、へぇー・・・えっもうアレなの?初エッチとかやったの?」
山崎まさゆき「やりました」
タマさん「あぁー・・・」
ケンタ「ちなみにおいくつの時とか、聞いていいですかね?」
山崎まさゆき「えー、えーっと、え、16ですね」
タマさん「高1ん時の?」
山崎まさゆき「そうですね」
タマさん「はぁー・・・え、ど、どういう風に?」
山崎まさゆき「え、普通に、彼女と、前の前ぐらいかな」
タマさん「うん」
山崎まさゆき「の前ぐらいの」
タマさん「はぁ・・・え、どっちがヤろうっていったのそん時?」
山崎まさゆき「いや、まあ、そういう雰囲気になったんで、えーまあ俺からかな」
タマさん「あ、自分の方から」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁー・・・え、どこでヤったの?」
山崎まさゆき「家で、僕の」
タマさん「自分ちだったの?」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「家族とかに見つかんなかったですかね?」
山崎まさゆき「いや、だい別に、大丈夫です」
タマさん「別に大丈夫」
山崎まさゆき「はい、部屋でヤって」
タマさん「部屋でヤる、はぁー・・・え、最初は上手くいったの?」
山崎まさゆき「そうですね、最初はあまり上手くいかなかったですけど」
タマさん「うん」
山崎まさゆき「凄い、い・・・・・・い、痛いってのが」
タマさん「相手が痛い?」
山崎まさゆき「そう、相手が痛いって」
タマさん「じゃあ大きいんだ?」
山崎まさゆき「いやそんなおおきない・・・全然大きくない」
タマさん「そうでもないか」
山崎まさゆき「そうでもない、むこ、初めて、向こうも初めてだから」
タマさん「あ、初めて同士!?」
山崎まさゆき「そうです」
タマさん「はぁー・・・今彼女とかいるの?」
山崎まさゆき「あいます」
タマさん「いる」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁ、じゃあ初体験の、彼女ではない?」
山崎まさゆき「ではないですね」
タマさん「はぁー・・・へぇ、それは東京で?」
山崎まさゆき「いや、地元・・・で」
タマさん「遠距離だ!」
山崎まさゆき「そうですね」
タマさん「はぁー・・・遠距離は辛いもんなぁ・・・」
山崎まさゆき「そうですね」
タマさん「うん・・・え、どの位のペースでヤってんの?」
山崎まさゆき「どの、この前ゴールデンウィークに、ちょ、一週間ぐらい来てて」
タマさん「うん、うーん・・・」
山崎まさゆき「ま、それっきり・・・ですね、途絶えました」
タマさん「うーん・・・じゃ結構アレだろ、溜まるだろ」
山崎まさゆき「そうですね、た、(****)別にもう、あんまり、そういう気は起らないかなみたいな」
タマさん「あ、そうなの」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「え、一人エッチとかやんないの?」
山崎まさゆき「あーやらないですねあんまり」
タマさん「やらないの、まだ18だろ」
山崎まさゆき「はい」
ケンタ「濃いのね(?)」
タマさん「ケンタ毎日やってるから」
ケンタ「毎日ですねーかれこれ」
タマさん「あぁー・・・そうだね・・・え、じゃあ、一人エッチを覚えたのはいつ頃なの?」
山崎まさゆき「小学校五年か六年生の頃ですね」
タマさん「うん、それをどうやって覚えたの?」
山崎まさゆき「いや友達・・・に教えてもらったみたいな」
タマさん「はぁ、教えてもらってな」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「へぇ、でそれ聞いて、でどこでやったの?」
山崎まさゆき「はい・・・いえ自分の家で、へ、部屋で」
タマさん「家に帰って?」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁー、それで?」
山崎まさゆき「いや、も、そう、それだけです」
タマさん「それだけ?」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「え、出るって分かってたの?」
山崎まさゆき「そ、なんか出るって聞いててなんか」
タマさん「うん」
山崎まさゆき「うん・・・あーまあ別にそんなあんまびっく、びっくりはしなかったですね」
タマさん「ああそう」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「へぇー・・・ちゃんとティッシュに出したの?」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「出して?」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁー・・・もうそれから、アレだろ病みつきになったろ?」
山崎まさゆき「ん、んーそんなに病みつきにはならなかったですね。まあ高校生・・・いや、あんまりー・・・まあ、中学校の間はまあ、してましたけど・・・」
タマさん「ま、毎日してたよな?」
山崎まさゆき「いや毎日はしていないですね」
タマさん「割と淡泊なの?」
山崎まさゆき「いや、そういう訳でもない・・・んですけど、別に、まあ」
タマさん「最高一日最高・・・何回ぐらいやったことあるの?」
山崎まさゆき「僕は一回」
タマさん「一回!?えっ」
ケンタ「少ないですね」
山崎まさゆき「それは一人エッチがですか?」
タマさん「一人エッチが」
山崎まさゆき「ああ一回・・・ですね」
タマさん「一日一回しかやったことない?」
山崎まさゆき「そうですね」
タマさん「じゃケンタは?」
ケンタ「七回です」
タマさん「七回」
シンゴ「やりすぎだから!」
ケンタ「どうしても」
タマさん「あぁ・・・シンゴはどうなの?」
シンゴ「自分三回ぐらいじゃないですかね?」
タマさん「三回ぐらい、あぁー・・・そっか・・・ケンタダントツだよなぁ」
ケンタ「ですねー、何の恥じらいもなくねー、このまま枯れてしまうんじゃないか・・・(?)」
タマさん「はぁー・・・そうか・・・はいじゃあね、中学生の頃とか、オナニー大会とかやるんだよな?」
山崎まさゆき「いやぜん、全然やらないです」
タマさん「あら、やったことない?」
山崎まさゆき「友達とかなんか、友達二人でなんか、えなんか、やってたみたいですけど、そういうのはあまり」
タマさん「え人前であんまは、うんやったことないんだ?」
山崎まさゆき「やらないですねー」
タマさん「へぇ・・・じゃおふ、お風呂とか入った時は?裸になるだろ」
山崎まさゆき「ふ・・・はい」
タマさん「ふん、その時はどうなの?隠すのお前は?」
山崎まさゆき「いや別に隠しはしないですけど、男子同士の時とか、お風呂入る時っていうこと、なんか・・・銭湯みたいなか、所ですか?」
タマさん「うん」
山崎まさゆき「はい、隠しは別にしないですけど」
タマさん「ああそうなの・・・それでチンチン見られるのは別に、抵抗ない?」
山崎まさゆき「まあちょ、ちょっと抵まあ、ひ、まあ人による、友達だったら別に、友達の仲にもよりますけど、仲の良い友達だったら別に大丈夫ですけど」
ケンタ「是非とも見せて貰いたいですねー」
タマさん「見たいよなぁ、ふーん・・・で、モノにも、自信が」
山崎まさゆき「全然ないです」
タマさん「全然ない」
山崎まさゆき「はい・・・仮性包茎なんで」
タマさん「仮性包茎・・・」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「えー・・・毛食うんだよなあれな」
ケンタ「そう痛いですよねー」
タマさん「痛いってあれは痛そう、毛・・・食っちゃったりするんだよなあれ、あぁー・・・」
ケンタ「分かりますその痛み」
タマさん「あぁー・・・ケンタはどうなの?」
ケンタ「自分も仮性です」
タマさん「仮性?」
ケンタ「うん」
タマさん「あぁ・・・で未だに?」
ケンタ「未だに」
タマさん「未だに**食ってる?」
ケンタ「もう痛くて痛くて・・・」
タマさん「ああそっか・・・」
ケンタ「またタマさんまたそういう事言う」
タマさん「そっか、へぁ・・・でもムンムンムラムラ来ない?」
山崎まさゆき「ムラムラは・・・んー、最近来ないですねー」
タマさん「まだ18だよな」
山崎まさゆき「はい」
タマさん「はぁ・・・なんかこんなエッチをしちゃったとかない?」
山崎まさゆき「こんなエッチ・・・んー・・・いや特に無いですね、カーセックスぐらいですかね、誰でもやってると思うんですけど」
シンゴ「カーセックス!?」
タマさん「ふーん・・・車の中でいやこふ、興奮する?車の中だと」
山崎まさゆき「車の中・・・はなんか、いいなんか、狭い、から・・・ま女の子との凄い共同作業みたいな」
ケンタ「あらま~」
タマさん「共同作業・・・いやちなみに、この二人はオカマなんだけど、そういう人達のことはどう思う?」
山崎まさゆき「いやまあ、別に僕は・・・そういうのは、あの、知ってましたし、別に・・・」
タマさん「それはバレてたっていう事?」
ケンタ「あら」
シンゴ「あ、ねぇ、全然普通ですよねぇ」
ケンタ「普通なのにねぇどうしてばれるのかしら」
山崎まさゆき「喋り方とかなんかちょっとあーちょっとちょっと違うなってやっぱやっぱ分からないんですよね」
ケンタ「なんだとー?」
タマさん「そりゃ分かるだろお前ーねぇー・・・うーん・・・んじゃそれで偏見とかは全然そういうのはない?」
山崎まさゆき「いや全然ないです」
タマさん「全然ない、うーん、じゃあ二人に迫られたらどうするの?」
山崎まさゆき「えーとやっぱえやっぱやっぱ男の人はちょっと・・・」
ケンタ「えでも心は女だったら・・・」
山崎まさゆき「いやややっぱり・・・」
ケンタ「ダメ?ダメ?ねえダメ?」
シンゴ「ダメよ!」
ケンタ「あっ・・・あ本番中だった・・・」
タマさん「この二人だったら・・・究極の選択でどっちがいい?どっちを選ぶ?」
山崎まさゆき「あー・・・えっ、えっ」
タマさん「迫られたらどっちかとヤらないといけないと言われたら」
山崎まさゆき「いやど、よ、要するにどっちでもいいんですけど続き****」
タマさん「どっちともヤりたくないんだ」
ケンタ「ねー・・・」
タマさん「残念だなお前。え?」
山崎まさゆき「こう、友達になるんやったら全然、別に、そういう、仲良く喋りたいなーと思いますけど」
タマさん「ふーん」
山崎まさゆき「やっぱりあの、いと、営みというのはちょっと嫌ですね」
タマさん「営み。営みかーあぁー・・・それでは時間ですのでスタンバイの方よろしくお願いします、はい」
ケンタ「よろしくお願いしまーす」
タマさん「二人は結構いけるだろ彼は?」
シンゴ「そうですね可愛くて」
ケンタ「そうですね」
タマさん「可愛いもんな、ほーん」
ケンタ「あの人若いですもんねだって」
シンゴ「18歳だからねー」
タマさん「18・・・ケンタ、ケンタは18歳の頃何やってたんだ?」
ケンタ「オナニーですね」
タマさん「オナニー・・・」
ケンタ「七回で、毎日」
タマさん「七回やってたんだ」
シンゴ「毎日七回やってたの?」
ケンタ「どこのトイレとかでも」
シンゴ「汚いわー」
タマさん「結局オナニーか・・・結局オナニー・・・はい、じゃあ早速歌って参りましょう」
ケンタ「山崎まさゆきさんで、「愛のカタチ」です。どうぞ」
(拍手)

淫夢缶バッジ 現代アート先輩