KMR

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
木村から転送)
移動先: 案内検索
きむら
KMR
出典誘惑のラビリンス,COAT corporation,1999
KMR.png
先輩たちの着替えを笑顔で見るKMR
COAT
別名 ガーゴイルKMR、直樹、トオル(とおる)、カズヒコ、嵐(Arashi)、ダイキ、尾田アキラ(Akira Oda)
身長 171cm
体重 65kg
血液型 A型
生年月日 1975年頃
沖縄県出身
職業 建築業、売り専
活動期間 1995?~2005?
代表作 BABYLON STAGE 27 誘惑のラビリンス
役柄 空手部員
関連人物 野獣先輩MURTKYホモの兄ちゃん真人ケンジィKMRスタッフしゅんすけ

野獣先輩二作目のBABYLON STAGE 27 誘惑のラビリンスの第三章「空手部・性の裏技」において一番下の後輩役として出演。芸名は直樹。『PG71』の紹介文によると建築関係の仕事をしているらしい。先輩達にいじめを受けている演技は遠野並に迫真であり、MURや野獣のゲスさを引き立てている。

出演作[編集]

長スギィ!展開して読んで、どうぞ!(迫真)

COAT

Amenity Planning

ストームプランニング

JPBOYS

  • 覗かれたMの部屋(ストームプランニング『覗かれたMの部屋』が原作)
  • 美青年淫らな時間(ストームプランニング『淫らな時間』が原作)

JSTUDIO INC.

  • Adnis Selection 54(『覗かれたMの部屋』を収録した再録)
  • Adnis Selection 63(『淫らな時間』を収録した再録)
  • JPBOYS Vol.17(『覗かれたMの部屋』を収録したベスト版)
  • JPBOYS Vol.19(『淫らな時間』を収録したベスト版)

Super 3

  • 淫らな時間(『淫らな時間』が原作)

売り専[編集]

  • カレッジの王様(1999?〜2002)
  • ACID BOY(2002)
  • CHECK BOY(2004)

概要[編集]

鬼畜な先輩二人に無理やり犯されるという境遇から当初は可哀相と同情されていたが、「アナルファンタジー」(実際は「ザ・フェチ Vol.5 アナルファンタジー」でなく「ザ・フェチ Vol.4 アナルダンディズム」である。当初中華サイトから発掘されたためタイトルが間違えられていた)がUPされたことでイメージが一転。いわゆるスカトロ物で、数ある淫夢本編の中でも特に「汚すぎる」という評判である。その排便姿は某小説の登場キャラを連想させ、「ガーゴイルKMR」とも呼ばれている。

アナルダンディズムの音素材を使ったMADは初心者にとってハアッー!ドルが高いので、野獣の咆哮等の音声で耳を慣らしておくのが望ましい……とされていたが、近年は過激なACCEED作品やスカトロ物の大量発掘により、以前よりもKMRカレーが受け入れられるようになってきている。インタビュー映像を切り貼りした痴呆シリーズに登場することもしばしば。

さらに、野獣と同じく「変態面接官SUPER S17」に出演していたことも発覚。そのインタビューによると年齢は23歳で、 何とMUR大先輩より年上であることが判明。スポーツ経験については「ラグビー、サッカー、野球をしていた」と、インタビュー慣れてない頃だったのかPGと比べるとかなり適当に回答していた。ビデオとかは見ないで彼女がいるらしく週1でヤッている事も発覚。お前ノンケかよぉ!?(驚愕)その後、MUR大先輩も読んでいた「待ちぼうけ」を見てシコらされていた。

射精の勢いには定評があり、PG71では「秘技!チンコに触れずにイクの術♪」を披露した。

また2002年にとおる、2004年にだいきと名前を変えてウリ専で活動している事も判明した。

他社作品[編集]

2013年12月29日、KMRにそっくりな男優が登場する動画がニコニコ動画にアップされた。サングラスで長髪気味の若い男が「おら、どうしたホモのお兄ちゃん」という強烈なセリフを吐き、サングラス外すとKMRに酷似した顔をしている、という内容あった。これはストームプランニングの「覗かれたMの部屋」というホモビであった。

ネットオークションで偶然発掘された「ディープインサート」にも出演している。「とおる20(格闘技)」と紹介されており、年齢からするとデビュー作と思われる。

2018年8月12日、ストームプランニング『青年たちの週末』のVHS版が発掘され、KMRの出演パートが含まれていることが判明する。一人オナニーをするだけの短い内容だが、野獣関連人物の出演作の発掘は久しぶりであるために話題となった。

KMRスタッフ説[編集]

PG72が発掘され、ビデオで両津勘吉似の男優に攻めをしていたスタッフ(KMRスタッフ)の顔つきがKMRに酷似しているとホモ達の間で話題となった。その後もKMRスタッフ本編が次々と発掘され、KMRスタッフ説の信憑性が高まった。KMR本人は空手部の撮影後「髭を伸ばした」と発言していたので、スタッフ説もほぼ確定かと思われた。

しかしその後、PG66(KMRのデビュー作であるPG71よりも前)やPG39(PG71より4年も前)にも出演していたことが発覚。そして何より、PG71でKMR本人にインタビューをしているため、KMRとKMRスタッフは別人であることが確定した。何で今まで気付かれなかったんですかね…?

キムラ・ナオキ[編集]

2015年10月28日、コロンビアのナリニョ州でパラグライダーの講習を受けていた同名のキムラ・ナオキという日本人男性がインストラクターとともに強風にあおられ事故死している。年齢や顔も異なる別人である。

台詞[編集]

書き起こし[編集]

淫夢缶バッジ 現代アート先輩