永井大介

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
ながい だいすけ
永井 大介
出典妄想狂奏曲 ~その淫靡な瞬間~,COAT Corporation,2005
永井大介.jpg
COAT
別名 かずと
性別 男性
活動期間 2004年頃
代表作 BABYLON STAGE 47 妄想狂奏曲‐その淫靡な瞬間‐
関連人物 HSS

永井 大介(ながい だいすけ、2004年)は『POWER GRIP 107』に登場。名前の由来は『未来戦隊タイムレンジャー』の永井大のもじりだと思われる。

出演作[編集]

概要[編集]

これだけの一発モデルかと思いきや、バビロンにも出演している。役名はかずと。親友のひさしに告白しようと湘南の海で一大決心をしてきた。一度は告白に失敗するも、やはりひさしも彼の事を想っており、ホテルへ移動した後、程なくして二人は結ばれる。

台詞[編集]

BABYLON STAGE 47 妄想狂奏曲 ~その淫靡な瞬間~[編集]

「学生生活最後の夏休みの終わり、記録的な猛暑だった今年の夏は、この湘南の海を人が埋め尽くした」
「けれど、お盆の境に、ぱったりと人がいなくなった。僕は、そんな寂しげな晩夏の海が好きだ」
「こいつは、幼馴染のひさし。サッカーをやっていて、女の子から凄くモテる。男らしくて、僕とは正反対の性格だ」
「今日、僕は一大決心をしてきた。学生最後の夏、ずっと好きだった人に、告白しようと思う」
「こうして、僕の一大決心は、呆気なく崩れてしまった。けれど、幸福の神様が、僕に舞い降りてきた」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩