無らい

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
ぶらい
無らい
出典VG-men Vol.4
無らい.jpg
G-Project
別名 のり、雄介
性別 男性
職業 バーテンダー
活動期間 1987 -
代表作 VG-men Vol.4
関連人物 AZにゃんK2クールポコ鈴木

出演作[編集]

G-Project[編集]

ブロンコスタジオ[編集]

概要[編集]

雄介名義での出演作

「六尺で飲めるBAR」に出演する六尺四天王の一人。日本が誇るゲイタウン・新宿二丁目に店を構えるゲイバー「無らい」の店主。撮影当日は年に二回行われる土方カラオケの日。その後は六尺褌に履き替え取材に応じた。他にもクリスマスにはパジャマパーティー、夏には浴衣でイベントを行っている。インタビューで語った六尺への熱い思いはさながら大学教授のゼミ紹介を彷彿とさせる。

現在も営業を続けており、店舗ブログ[1]によると、毎週 日・月・木が六尺の日、毎月最終火曜日が土方の日、毎週水曜日は定休日(ただし祝祭日の前日は営業)とのこと。また同じゲイバー経営のAZにゃんとも親交がある模様。

ゲイバーのマスターになる前はブロンコスタジオのビデオに多数出演しており、グラビアのモデルもやっていたらしい。

セリフ[編集]

「六尺の取材だってのにこんな服で申し訳ないんですが…土方カラオケの日なんです」
「土方の格好してカラオケを歌おうって会で、年に二回ほどやってます」
「毎年クリスマスはパジャマパーティーですね。それから夏になると浴衣やってますし、まあ面白いことは何でもやろうって言うことで楽しくやってます」
「えとー、ふんどしという物が古めかしいとかいう、え、あのイメージだけではなくて…」
「機能的であり非常に美しいものだということを分かっていただくように、頑張りますので皆さんも気楽な気持ちでふんどしをしに来てください!」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩