続・雪見橋

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
Jump to navigation Jump to search
続・雪見橋
続・雪見橋.jpg
豊漫ビデオ
商品番号 H-044
発売日 1993年6月末
ネット配信:2010年4月30日
販売価格 7,500円
メディア VHS
収録時間 40分

豊漫クラシック「続・雪見橋」
雪国での白髪親父との交情後、東京に戻ったハゲ熟年紳士。今でもその思い出は強烈に残っている。そこに恋人の眼鏡親父が訪ね、二人は久しぶりの出会いに激しく求め合う。熟年紳士の太マラを美味しそうにしゃぶる眼鏡親父。と、そこに隣の部屋から現れた親父。なんとそれは雪国で睦み合った白髪親父だった。別れがたい気持ちが強く連れて帰ってしまったのだ。再び雪国での思い出がフラッシュバックで甦ってくる。眼鏡親父も好きなタイプだったので喜んで白髪親父を交情の輪に迎え入れ、三人でくんずほぐれつで快楽を貪り合うのだった。(ご注意とお詫び:この作品はマスターテープ劣化のため、ところどころ映像・音声に乱れが生じます。またボカシの方式も当時のものです。ご了承の上ダウンロードしてくださるようお詫びとお願 いを申し上げます)

出典:サムソンビデオ公式サイト - 豊漫クラシック「続・雪見橋」 https://samsonvideo.tv/dl_detail.php?code=H-044

豊漫ビデオ第15弾。

登場人物[編集]