綱太

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
こうた
綱太
出典〇 MARU,MEC,2002
綱太2.png
MEC
本名 内藤 恒仁(ないとう つねひと)
別名 ZKYM、ウルトラセブン
身長 180cm
体重 90kg
生年月日 1965年12月5日
千葉県香取郡
職業 格闘家・プロレスラー
代表作 〇 MARU

出演作[編集]

MEC[編集]

  • 〇 MARU
  • ∞ MUGEN
  • MEC PREMIUM VOL.1 MARU + 夢幻(上記の作品を収録した再録)

G-project[編集]

  • VG-men Vol.28
  • VG-men Vol.29

概要[編集]

濃い目のレスリングをしている男性ホモ。ねっとり風呂シーンの後ヴァージンを犯された(嘘つけ)
その後、自分の精〇とサポーター(使用済み)と、まさかの誰得全員サービスでノンケ達をドン引きさせた。
プロレスラーとしては昭和63年9月にUWF(いわゆる第2次UWFの頃。かの剛竜馬とは世代が異なる)にデビュー。平成元年に脱退し、その後はフロリダでの修行を経て沼津プロレスやDDTプロレスといったのインディー団体を転戦している。

台詞[編集]

○ MARU[編集]

「今回のビデオのですね目玉はですね、僕のシャワーシーンなんでね、お風呂に浸かってですね、イチモツをしごいてる所で抜いてください!」
「えー、今回の撮影はですね、僕のー、お尻をちょっと触られてしまいましてですね、えーヴァージンだったんですけど、えーやられてしまいました」
「えー…まさかこんな感じるとは思わなかったんでね、次回もお願いします」
「えー今回、僕が、撮影に使用した、サポーターと、ザーメン!各一名様に、プレゼント致します!宛先はこちらです!」
「ご応募お待ちしてます!」
「えーメックビデオではですね、えー僕と、絡みたい人、または出演したい人を募集しております。宛先はこちらまで!お願いします!」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩