関東クレーマー

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
Jump to navigation Jump to search
かんとうくれーまー
関東クレーマー
出典猥褻ネットカフェ24時,Acceed,2016
関東クレーマー.jpg
Acceed
別名 菊地恭平、姫華、ジュン、翔
身長 180cm
体重 65kg
生年月日 1991年? 9月7日
活動期間 2012~2016
代表作 猥褻ネットカフェ24時
役柄 学生、入院患者
関連人物 岡部平野源五郎てっぺいつとむみつるてんまゆうさくポイテーロせいやけんじ工藤樹さとしじゅんぺいとうごともひろだいちくんなおとじゅんいち

出演作[編集]

ACCEED[編集]

芸名はきょうへい(菊地恭平)。

メンズキャンプ[編集]

芸名は翔。

  • 東京美男9
  • 男の娘おちんちんランド 超新星どっぴゅん生誕祭
  • 男フェラ3 ~イケメン ザーメン 雨あられ~
  • カッコいいアイツに見つめられながらフェラと手コキと淫語でイカされたい!!04
  • エロス! SEXY BOYS

JUSTICE[編集]

芸名はジュン。

  • JUSTICE 2nd 03
  • JUSTICE 2nd BEST+1(再録版)

概要[編集]

『猥褻ネットカフェ24時』で登場した鬼畜クレーマー。クレーマー役には先に関西クレーマーがいたが、彼と区別するためにこの名前が付けられたと思われる。

店員岡部に対しクレームをつけ土下座を強要していたところ、平野店長に岡部と共に別室に行くよう案内される。そしてそこで平野から「殺したりしなければ何やってもいい」と言われ、岡部に凌辱の限りを尽くすのであった(ちなみにクレームの内容は関東クレーマーの退店措置が不十分だったため、店側が退店を一時的なものだとは判断せず、部屋を掃除し限定品の食べ物を捨ててしまったことに対するクレーム。関東クレーマーの不注意から起こったものであり、店側に責任はほぼない)。演技力は男優の中でもかなり上の方だと思われる。

後に発掘された『悶絶少年其の拾弐』では怨み屋悶絶堂から来た依頼によりつとむに拉致され、ビンタ、洗濯バサミ、更にはスタンガンなどの責めの連続を受けた後、そのまま放置され発狂した。(MADで多用される「ちょ、ちょっと待ってください!待って!助けて!待ってください!お願いします!」も本作での発言)本編の投稿日時のためネットカフェの後日談と思う人も多いが、実際は悶絶少年の方が発売は早いため、注意が必要である。

他社レーベルのJUSTICEに出演していることが発覚した。今後の活躍を大いに期待しているよ。

アン・インディペンデンス公式サイトのプロフ[編集]

ノリが良く明るい性格のきょうへい君!オススメです!!

きょうへい (22歳)
身長:180cm 体重:65kg Pサイズ:18
スポーツ:バスケ・ダンス 趣味:読書
セクシャリティー: ノンケ

・きょうへい君のコメント
初めまして、恭平です(*・ω・)普段はゆったりしてますが酔っぱらうと喋り上戸になるらしいです(笑)でも本当は人見知りだったりするんです…昔から運動が大好きだったんで体のラインとかはカメラマンさんに誉められましたよー(●´ω`●)まったりフェラに定評(?)のある僕ですが、スポーツマッサージの勉強とかもしてたんでそっちの方が必要な方もぜひ!ご指名お待ちしてます!

・マネージャーより一言
長身な身長に爽やかな雰囲気のきょうへい君!!性格はノンケらしくノリが良くハキハキした好青年!!体は見ての通り引き締まった綺麗な体で、なんといっても魅力的なのはお尻、プリッとしていて揉み心地抜群ですよ!!お尻フェチの方必見!!プレイではバックタチウケが出来ませんが、ノリのいい子で色々な事に挑戦していきたいとの事なので、プレイの面でも楽しんで頂けると思います♪また、Pサイズも大きめの子で舐め心地も抜群。爽やかノンケ少年きょうへい君是非ご指名をお願い致します。

出典:アン・インディペンデンス公式サイト

台詞[編集]

猥褻病棟24時 Season Ⅲ[編集]

「工藤先生ごめんね~」
「あの~佐々木先生に頼まれちゃってさ」
「あっ!で、佐々木先生から伝言なんだけど」
「あの~無資格医ってことバラしたら、この動画……アップロードするってさ」
「でも先生も楽しんじゃえばいいと思うよ」
「他の医者も、看護師も、俺たち入院患者も、みんなこの病院生活楽しんでるからさ~」
「じゃあ先生ごめんね!おやすみ~♪」


猥褻ネットカフェ24時[編集]

「受付済んでるよ!****だけなんで…(不明瞭)」
「8番だよ!」
「8番だっつってんだろ!」
「8番だよ!もう…これだよ!」
「ハァ、それじゃお前、部屋に残した食べ物とかどうなんだよ!」
「(ガンッ!)申し訳ございませんじゃねぇだろうがァ!お前限定品だったんだぞ!」
「どうしてくれんだァ!」
「ふざけるな!これが、お前たちの、やり方か!(OKZCLB)
「どうしてくれるんだよ!土下座しろよ土下座!」
「土下座だよ土下座!こんな、平謝りの**(不明瞭)納得できないからさァ!謝れ!土下座だ土下座!」
「そうだよ土下座しろ!」
「早く!土下座しろよ!」
「は!?聞こえないからさ、そんなんじゃ誠意伝わらないからさ、もっと大きい声で言え!」
「もっと言えもっと!」
「なんだァその言い方はァ!?もっと気持ち込めて言え!」
「そんなんじゃ全然ダメだい!もっと頭下げろよ!」
床にさ!頭を!擦り付けて謝れ!(Y.A.K.A.)
「なんだァお前は!?」
「こいつがさァ、俺の限定品の食べ物全部捨てちゃったんだよ!どうしてくれるんだよ!」
「ここでいいだろうがよ!」
「しょうがねぇなぁ…分かったよ」
「本当か?しょうがねぇなぁ~」
「土下座だよ土下座、なぁ、謝れって言ってんだよお客様が、早くやってよ」
「聞こえないからさ」
「だからぁ、え?聞こえないんだって、もっとさぁ、大きい声で言ってくれないと分かんないから(岡部の頭を踏みつけ)」
「反抗すんのか?なぁ、このままずっと土下座させられたいか?」
「謝れってお客様が言ってんだよ」
「でな、お宅の、店長にな、「殺したりしなければ何やってもいいですよ」って、言われてんだよ。分かる?」
「ほら土下座だって、謝って」
「聞こえないよ?謝ってる?謝ってよ?」
「ハァー…(糞でかため息)全然気持ち込もってないよね?もう一回やってくんない?」
「自分から頭を擦り付けるんだって」
「全然気持ち込もってねえって言ってるんだろうがよォ、お前はさぁ!(岡部の頭髪を握りながら)」
「なぁ、どうなってんだよ」
「ほら頭下げろって!ほら」
「全然聞こえない気持ちも込もってない!」
「ねぇ分かってる?おい!おい!分かってますか!?」
「もっと大きい声で言えって言ってるんだよ」
「ダァ、分かった分かったしょうがねぇなぁ…頭上げろよ」
「立って」
「服脱げ」
「服脱げって!」
「いいから早くしろって言ってんだよ、お前、もっかい頭下げさせるぞ?」
「あ、待った!」
「いやさ、ただ普通に脱ぐんだったら全然面白くないからさ、そうだね、ん~…どうしようかな?」
「ストリップみたいに脱げよ」
「返事!」
「もっと大きい声で返事しろよ返事!」
「トレーナーから、トレーナー脱げ」
「ほら早くしろよ」
「次靴」
「いつまで靴履いてんだよ」
「謝る時は素足だろうが」
「靴下」
「ベルトしてる?」
「おー**、じゃあベルト脱げ」
「次はズボン!ここからはちょっといやらしくやれよ?」
「ほらほらどうすんの?ハイハイハイ、ハイハイハイ、ハイハイハイ(合いの手)」
「お、お、お?どうすんの、こっから?」
「ほらもっとストリッパーらしくやる!」
「腰振れよもっと、ほら」
「良く分かんねえからさそれ」
「普通じゃねぇかよ!お前よぉ」
「ほらさぁ、腰振りながらやってみろってホラホラホラ」
「おーおー、ほら便をしながら脱いでみろって!(?)」
「ほらほら早く!腰振ってよもっと」
「よーし、じゃ次、上着だな」
「シャツ脱げシャツ、これもちゃんとやれよリッパみたいに」
「エロくやれって言ってんだよ!」
「ほら普通に脱ぐんだろそれは?違う違う!」
「待った腹見せんだよ腹を!」
「下をまくっていくんだよ上の方に!」
「ゆっくりゆっくりエロくエロく!」
「ホラホラホラゆっくりゆっくり!」
「そーそーそーそー、首出して」
「片腕に行く片腕を」
「右腕をじゃ抜いて、ハイハイハイハイ」
「出来るんじゃん!ほらほら今度はどこ?今度はどこ?」
「先に首?先に首にする?いいよ首、ハイハイハイ」
「ほらもっと揺れろって腰揺らしながらやるって!」
「そうそうそうそう、ハイハイハイハイ」
「パンツ脱いで、オナニーしろよ」
「オナニーだよ!頼むから、早く脱いで!ストリッパーでしょ?」
「早くしろって!」
「もっと焦らしながらやんだって!な?腰を振るんだよ腰を!」
「だからそう腰振れって腰を!」
「ほら前後前後左右左右!」
「ほら焦らしながらも、脱ぐ!」
「早くしろって!」
「そうそうそうそうもっと焦らして焦らしてそうそうそうそう」
「焦らす焦らす、早くしろよ(矛盾)」
「もっとだって」
「そう!」
「ほーらー、恥ずかしがってんじゃねぇからさ」
「しっかり出せよ!」
「もう早くしろよ早く!」
「もっと大きく動くんだって!そう!」
「そうだよそうそうそうそうでそのまま膝ついていいからさ!」
「はい早くオナニーしろよ」
「早くしろっつってんだろ」
「オナニーだって言ってんだよ!目の前でオナニーしてくださいって言ってんだよこっちは!」
「分かる?分かるよね?」
「恥ずかしいじゃないだろ、てめぇ!」
「土下座させるぞ、早くっつってんだよ」
「なぁ、ほら手動かせ!」
「何にも言わない奴だな、チンコも土下座させなきゃダ・メ・で・す・ね!(チンコを足で踏みつける)」
「なぁ、ホラホラホラ」
「可愛いケツしてんじゃねぇよお前はよぉ!」
「また来るよ」