風評被害に遭った動画

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
風評被害
有名人 - 一般人 - 団体 - 作品 - 動画 - 音楽
あ行 - か行 - さ行 - た行 - な行
は行 - ま行 - や行 - ら・わ行

素粒子レベルで淫夢要素が含まれていたためにホモが突撃してコメントが荒れ、挙句の果てには動画の投稿者が引退してしまったりもした動画。

また、動画そのものには素粒子レベルですら含んでいないのに、動画IDが一致してるというだけでホモの標的にされてしまった動画も存在する。淫夢関連のIDを直打ちしている暇があったら、動画制作や新作発掘作業をしよう(提案)

あろうことか「淫夢関連IDシリーズ」などというタグまで用意されている。やめろお!(建前)ナイスゥ!(本音)※ホモガキ並の感想やめろお!(本音)

VOCALOID[編集]

愛エキ[編集]

ぼいじゃあPによる初音ミクオリジナル曲。

タイトルが釣りくさい部分を除き至極まともな動画なのだが、なぜか説明文やタグにも存在しない「泣ける淫夢」や「ひで(淫夢)」などで検索すると一覧に出てきてしまう(おそらく検索情報がなんらかのバグにより別の淫夢動画と一緒くたになっていると思われる)そのためコメントに淫夢要素がない等とわがままなホモのブーイングが起きてしまった。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19211793

1秒だけアって歌わせて誰が一番伸びるか選手権[編集]

Twiiterの発言から始まった企画。ボカロなどに「ア」と歌わせた動画を同時に投稿し、誰が一番伸びるかという旨の選手権。

元々はボカロ・UTAU界隈の内輪企画だったが、遠野の動画が投稿されたことを皮切りに、野獣・INUE・TDNなども乱入。そして、レスリング・エア本・修造・チャー研・クッキー☆など様々なMADジャンルが参戦し、最終的には闇鍋状態になってしまった。アッー

卯月の嘘[編集]

こなたPによるGUMIオリジナル曲。

宇月幸成(東方-魔理沙とアリスのクッキーkiss参照)と「ホモは嘘つき」繋がりでホモに荒らされる。漢字が違うだろいい加減にしろ!また、同作者の曲「334人の敵」が、TDN繋がりで淫夢民と縁のある「なんでも実況J板(通称:なんJ)」からの出張によって荒らされる。(33-4で阪神が大敗したネタの持ち込み)以上二つの騒ぎでこなたPは引退してしまった。

The beast.[編集]

スペクタクルPによる初音ミクオリジナル曲。

美女と野獣=野獣先輩、説明欄の「懺悔の咆哮」=「野獣の咆哮」というそのまんまな理由でコメントがホモだらけになる。ファンも応戦して炎上は危険な領域へ突入、作者スペクトラムPのブログにも飛び火した。更には歌詞の中で「貶す」の読み方を間違っていることやスペシウムPが別名義でBL絵を書いていることが明らかになってしまうファンにまで名前を間違えられたスペンサーPは、最終的にブログを消して引退してしまった。スペPが2押せって(大嘘)

スペクタクルPはその後活動を再開した模様。この曲はJoySoundで歌えるようになっており、「貶して」のルビは「けなして」になっている。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15568659

↑人生ゲーム↓[編集]

ゆずひこによる初音ミクオリジナル曲。

野獣先輩の台詞にもある「こ↑こ↓」と繋がり、ホモだらけになる。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13476300

千本桜[編集]

黒うさP作詞・作曲の初音ミクオリジナル曲。

「山崎まさゆき版(淫夢版)」が登場した事を皮切りに、本家と大百科にホモが一斉に詰め掛ける。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15630734

ドレミファロンド[編集]

40㍍P作詞・作曲の初音ミクオリジナル曲。

淫夢MADが作られたことにより、本家にホモが多数訪れる。作者の40㍍Pに以前パクリ疑惑があったこともあり、一時期本家動画と大百科は危険な領域に。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16719809

バビロン[編集]

初音ミクオリジナル曲。作者はトーマ。

「Babylon」繋がりでコメントがホモだらけに。ちなみに作者のトーマは、「世界のトオノ」を捩り「世界のトーマ」と言われている。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14332782

FREELY TOMORROW[編集]

Mitchie Mによる初音ミクオリジナル曲。

野獣先輩(タドコロイド)を使った音MADに、憤慨したボカロ厨(淫夢厨のなりすましの可能性も微レ存)が現れたため報復として本家にホモが突撃してしまった。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15172108

ポジポジ[編集]

よし屋Pによる鏡音リンオリジナル曲。

ポジ=ポジ種=ホモというホモのポジティブシンキングによって風評被害を受けた。それに対してよし屋Pはホモ臭いコメントを消す、フィルターをかける、IDを通報する等した。そのためにそれを面白がって更にホモが沸くようになってしまい、動画は危険な領域に。今ではUNEIのお気に入り動画。安易にホモコメすると、コメント禁止処分になる恐れがあるから気をつけて、どうぞ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18487123

ルカルカ★ナイトフィーバー[編集]

巡音ルカ姉貴の歌う彼女の代表曲。作曲はsamfree。

ニコファーレのど自慢でICRが激寒なノリで「Love Together」を披露しネタになったが、直前にこの曲を歌った一般人も激寒だったために晒し動画が投稿され、その後本家と大百科、セルフカバー曲にまでホモが湧いた。samfree氏は2015年9月24日に亡くなっている。死者をネタにしてはいけない(戒め)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6119955

ジャガーノートの約束[編集]

スクエアによるGUMIオリジナル曲。

人気の動画としてニコニコトップページに載せられるが、イワナの怪内の空耳「ジャガーノート…」つながりで根流ししたいホモが突撃。やめなされ!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29049964

動画ID[編集]

風景画像集[編集]

動画IDがsm114514(いいよ来いよ)だったため、ホモの出張に遭った。現在は削除されている。 その他にも、sm514114や、sm1114514などにも漏れなく淫夢厨が湧いている。

RO組曲を二人ユニットで歌ってみた[編集]

動画IDがsm889464(早くしろよ)だったため、動画がホモまみれに。いわゆる「歌ってみた」ジャンルの動画で、「組曲『ニコニコ動画』」の替え歌である。ラグナロクオンライン(RO)が題材。

桜日和[編集]

日本のロックバンド、LUNKHEAD(ランクヘッド)の曲の一つ。動画IDがsm893564(ヤクザ殺し)であるため、ホモまみれに。忘れるな、下北沢暴力団員殺害事件。

ラジオドラマ「負け犬のなんでも屋」 最終話[編集]

動画IDがsm1919810(イクイクやじゅう)だったため。『負け犬のなんでも屋』とは、角川書店のレーベル「あすかコミックスCL-DX」から出版されているボーイズラブ(BL)漫画。よりにもよって最終話が淫夢厨に占領されるなんて、悲しいなぁ。

その他[編集]

実写版サザエさん(全自動卵割り機)をクラスみんなで撮ってみた[編集]

ニコニコ動画に投稿された動画。動画跡地はこ↑こ↓。動画の冒頭で「イニ義」という文字が出てきたことや、登場人物たちが棒読みであったため、風評被害に遭う。現在はアップロード者により削除されたが、有志による再うpがされている。

魔理沙とアリスのクッキーKiss[編集]

いわゆる「東方合作」で作られた動画。通称「クッキー☆」。実に40名以上が制作に携わった大作であるが、素人による二次創作物のため声優の棒読みや作画崩壊が目立ち、評価は芳しいとは言えなかった。

さらに声優の棒読みが、同じく出演者の棒読みをネタにされた淫夢二章と被ったことで風評被害が発生し、コメントが荒れる。紆余曲折あってその後、制作メンバーのリーダーの男性「蓮奈理緒」が「声優」の未成年の少女にセクハラを行っていたことが判明。更には合作企画そのものが蓮奈理緒の「出会い」目的で作られていたことも明らかになる。

現在ではこの動画を素材としたMADが多数作られ、事実上淫夢の一ジャンルとして認知されている。地上波にも進出した

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9720246

詳しくはこ↑こ↓

ミラクルペイント[編集]

ペイント=日本ペイント=DBというホモの短絡的思考によって風評被害を受けた。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1588476

淫夢缶バッジ 現代アート先輩
淫夢缶バッジ 現代アート先輩 / Amazon

Dépanneuse de police (compilation) // Paris Police Tow Trucks[編集]

フランス人兄貴が撮影した動画。タイトルからしてさっぱりなホモ達も多いようだが内容はフランスの警察車を撮影している動画である。この動画の27秒辺りに空見で「アッアッアッイキスギィ!」というセリフが聞こえ、それが野獣先輩の「イキスギィ!」に酷似してるということから風評被害を受ける。

淫夢缶バッジ 現代アート先輩