KBTIT.Jr

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
くぼたいと・じゅにあ
KBTIT.Jr
出典BLACKHOLE 4 しごき,Acceed,2011
KBTIT.Jr.jpg
Acceed
別名 たくや(西郷琢也)
身長 175cm
体重 65kg
活動期間 2005
2009 - 2012
代表作 BLACKHOLE 4 しごき
役柄 少年院看守、板前、猥褻執事のご主人様、客、学生、看守、町奉行 等
関連人物 こうじょうしんじつとむ悶絶先生健介れいやポイテーロかいとたかきこういちまひろようすけ山本ルーカスゆうたるとまさよしくんゆうさくつとむとおるなつ田舎少年きずなりゅうすけアレックスふうままもるっYNG中山幸一KBTIT虐待おじさんゴーグル先生近藤靖浩豹変インタビュアー

出演作[編集]

ACCEED[編集]

ドピュッ!飛び出せ!男だらけの水泳大会

他多数出演(アクシード公式スタッフ)

surprise![編集]

  • テニスの王子さま
  • テニスの王子さま Smash Hits!

概要[編集]

『幕末男色恋物語』に登場する男優。本来の芸名は「たくや」(西郷琢也)。生田斗真似の顔とDAIGO似の声が特徴。

貴乃信(たかき)を捕らえ、紫のタオルで攻め倒す等の拷問をしていた。

『BLACK HOLE 4 しごき』では板前師匠役で登場、浣腸法尿などのマジキチプレイを弟子にしていた人間の屑。

なお公式紹介によるとアクシード公式スタッフの一人で攻め役として多数出演しており、今まで上がった本編で確認できるだけでも、猥褻執事のご主人様、少年院の看守、弓道部のOB、反物屋の若旦那と非常に多様な役柄をこなしている役者の鑑。

『BLACK HOLE 6 緊縛奴隷縄狂』では、なんと師匠・KBTITと共演し、第三章冒頭にて、警備員しんじを拉致監禁し拷問するというマジキチ行為をしていた。「おいジュニア~、もっと強く叩けよ~」 と言われ注意されていた。そのため「KBTIT.Jr」と命名される。「Junior」は英語圏(読みはジュニア)やポルトガル語圏(読みはジュニオール)において、息子に父親と同じ名前を付けた場合によく使われる愛称である。「Jr.」はその略称であり、「KBTIT.Jr」の正しい表記は「KBTIT Jr.」となる。ちなみに、どういう因果かKBTITの芸名も「タクヤ」(拓也)であることから「たくや」の芸名は受け継がれた物である可能性も示唆されている。

※以下アン・インディペンデンス公式サイトのプロフ

男らしいノンケのがっちりCAST!!Pサイズ・筋肉・ルックス全てカッコイイです!

たくや (23歳)
身長:175cm 体重:65kg Pサイズ:18
スポーツ:陸上 趣味:スノボー
セクシャリティー: ノンケ

・たくや君のコメント
 皆さん初めまして!たくやです!運動が好きでジムに通ってたので、体はガッチリしてます!
 性格は温厚で、怖そうに見られる事もあるけど(?)全然そんな事なく、普通な感じです。
 自分のセールスポイントと言えば、、、ガタイの良さとペ○スですかね!?人によく褒められるので…(笑)
 テクニック的にはまだまだですが、満足してもらえる様に、とにかく頑張りたいと思います!よろしくお願いします!

・マネージャーより一言
 男らしいノンケCASTたくや君!!濃い眉に彫りの深い凛々しい顔立ちでカッコイイです!
 性格も男らしく、硬派な雰囲気で笑顔も素敵です!ノンケの少年らしくサバサバした話し方で、とても大らかな子です。
 体も筋肉質・骨太で特にガッチリした胸板には酔いしれます☆
 またPサイズが18cmとかなり大きめでズッシリした重量感が堪りません!
 とても感度が良く、バックタチはかなり得意と魅力的な、ノンケの腰使いを存分にお楽しみ頂けると思います。
 是非一度ご指名下さい!!

台詞[編集]

花道 第二章[編集]

「大丈夫か?どこか怪我でもしたか?」
「ああ。無くなったのか。探して来てやるよ」
「ちょっとこれ・・・切れそうだが・・・」
「三日後、暇か?」
「ああ。三日後の卯の刻、この前に来い。紐を直してやるよ」
「ああ。反物の仕事やってたが○○」(解読不能)
「今は道具は用意できねぇが、三日後来てくれれば直してやるよ」
「じゃあ俺もう行かないといけないから」
「何でだ?」
「好きな奴が目の前で犯されてるっていうのに、平気でいられる訳がねぇだろ」
「ようすけ。二人でここを出ないか?」
「もうお前の体に触れるのは俺だけだ。一緒に行かないか?」

俺たち妄想族2 〜もしもこんな○○があったら…〜[編集]

「押忍!いらっしゃいませ!」
「はい。当銭湯では俺達湯男子を指名できるんです」

NARRATIVE1 少年の犯した罪[編集]

「おい、大丈夫かよこいつこんな所へ置いておいて。前の事件だって警察にバレてんだぞ」

猥褻執事24時[編集]

「おう、おはよう」
「いつも通り俺は朝勃ちではち切れんばかりだ」
「ああ^~そんな焦らすな。早くお前のそのねっとりした口で俺の息子を咥えてくれよ」
「今日のお茶を用意しろ」
「熱っ!?」
「おい新人に対してどういう教育してんだよ!?」
「うん。なかなか美味いな」
「じゃあそろそろ始めようか」
「ああ。美味しいよ」
「ああ。美味いよ」
「貴様何やってんだ?」
「明日の夜からは、俺が寝る時、俺の部屋に来る様に」
「頼んだぞ」

イケメン店員とヤルッ!!2[編集]

「おお」
「とりあえずビール頂戴」
「何がお勧めなの?」
「じゃあ、このスペシャルっていうの頂戴」
「おいおめぇ何だよこれ、ゴミ入ってんじゃねーかよ」
「おめぇその態度の方がおかしいだろ、保健所に言ってやろうか?」
「もういいよ!」
「それより誰にも言わないし、ちょっと遊ばせろよ」
「実は俺は、お前みたいなのがすげぇタイプなんだよ。今回の件はこれでチャラにしてやるからさ」
「保健所に言うぞ」
「しかしこんだけ客が来ない店も珍しいな」
「一応金は置いとくからよ」

恋の的はアナの奥[編集]

「あ、どうも」
「腕、落ちてないといいんだが」
「戻っ、て来ないか?」
「あれ?今何か音しなかった?」
「ごめんな」
「おめでとう」

BLACK HOLE 4 しごき[編集]

「馬鹿野郎!何回言ったら分かるんだよ!すいませんじゃねぇんだよ!だからお前は半人前なんだよ!」
「お前は早く立派な板前になりたいと思わねぇのか!?」
「だったら何でもっとしっかり出来ねぇんだ!」
「生意気な事言ってんじゃねぇ!」
「一人前の板前になりてぇんなら、どんなきついしごきにも耐えられるな!?」
「何だって耐えれるって言ったじゃねぇか」
「うるせぇ!板前は体が資本だから、鍛えてやるんだよ」
「ごちゃごちゃ言ってんじゃねぇよ」
「おとなしく吊られてろよ」
「うっせぇ。ちょっとここで待ってろ」
「こうするんだよ!」
「おめぇが失敗ばかりしているからこんな事されんだよ」
「うっせぇお前の指図なんて聞く訳ねぇだろうがよ!俺が師匠だよ!」
「マダイみたいに良い、引き締まった体してんじゃねぇかよ。このケツも、マグロの赤身より真っ赤にしてやるよ」
「屈め!」
「いいケツしてんじゃねぇかよ」
「もっと鳴けぇ!」
「鳴けぇ!」
「ほら。綺麗な、マグロの赤身みたいに染まったじゃねぇか」
「脂の乗った良い体してんじゃねぇかおめぇ」
「むしゃぶりつきたくなるぜ!」

幕末男色恋物語[編集]

「おう、御用だ御用だ!御用でい!」
「長州藩浪士、坂上貴乃信だな。討幕運動及び殺人の疑いにより御用改めである。連れて行け!」
「本来人殺しは拷問の後、打ち首だ。だがお前は過激な倒幕派と関与していると、いう情報も聞いている」
「その情報を提供してくれれば少しは罪を軽くしてやるよ」
「そうか」
「さっさと吐かねぇか!じゃなきゃもっと痛い目に遭うぞ!」
「さっさと情報を吐けやぁ!」
「もっと痛い目、遭うんだぞ!」
「まだおねんねするには早いんじゃねぇか?」
「起きろよ」
「ほら、寒いだろ?温かくしてやるよ」
「寒そうにしてたから温かくしてやってんじゃねぇか」
「早く吐かねぇともっと痛い目に遭うぞ?」
「ほらこのままじゃ体が真っ赤になっちまうぞ」
「嘘をつくんじゃねぇよ」
「しぶとそうだな」
「そんなに頑なになって何があるっつーんだよ!」
「てめぇが痛ぇだけだろ?」
「しぶてぇ野郎だ。しかしこうしぶとい方が興奮するねぇ」
「早く吐いた方が身のためだぞ」
「ほら立て!」
「おい。これで討幕派の連中を、斬って来い。そうすれば処罰の方を軽くしてやってもいいぞ」
「お前が討幕派の連中と関わり合いがあるのはもう調べがついてるんだからな」
「自分の命を無駄にするな。お前まで死んじまったら、死んだ母親が可哀想だろ?」
「全て調べはついてる。何の為に仇を討ったのかもう一度よく思い出せ」


BLACK HOLE 6 緊縛奴隷縄狂[編集]

「はい」
「分かりました師匠」

激撮!性交現場生中継!第2弾[編集]

「あ、たくやです」
「175の65、23です」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩