NOBUMASA

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
のぶまさ
NOBUMASA
出典さよならが言えない,COAT Corporation,2005
NOBUMASA.jpg
COAT
別名 安藤信政
性別 男性
活動期間 2003~2006年頃
代表作 さよならが言えない ~I cannot say good-bye~
役柄 高校生、スターモデル
関連人物 AKNS浩之奈義大栗旬義臣AOKEMTSUBARU

出演作[編集]

概要[編集]

2004~2005年頃のCOATを代表する人気モデル。

初本格絡みとなる『i-mode学園IV』では青西仁とスタッフの指示に従うままに京都へ舞妓の体験をした後、ホテルでお互いを意識しそのままHへ発展した。

『i-mode学園V』では後輩の窪塚和介を引き連れ帷子川へタマちゃん(大嘘)を見に行った後、ホテルに入りHした。

長編ビデオ『さよならが言えない』では友達の山口健太(SUBARU)との恋に悩む高校生、遠藤亮輔役を演じる。他のストーリー作品とは一線を画する迫真の演技は号泣必至なストーリーと共に必見。

台詞[編集]

i-mode学園V キミはONAペット[編集]

スターの休日[編集]

「こんにちは、安藤です。えー今日はちょっと休日なんで、帷子川にタマちゃんを見に来ました。
 えー後輩の窪塚を待ってるんですけど、アイツ遅くて中々来ないんですよね。何やってんのかなぁ」
「あー来た来た来た」
「おせぇよお前」
「何やってたんだよ」
「ちょっと今日は、このカメラを持ってきたんで、出来ればタマちゃんを、見れれば、カメラに収めたいと思います。
 タマちゃん見れるといいな」
「じゃ行くか」
「いねぇなー」
「出て来てくんないかなタマちゃん…あれ?あれタマちゃんじゃね?」
「ちょっと行ってみようぜ」
「タマちゃん?」
「タマ子って何だ?(笑)」
「タマちゃんじゃないの?」
「タマ子って…タマちゃん知らない?」
「マジで?」
「タマちゃんお腹空いてる?」
「お腹空いてたのか」
「タマちゃんによろし、よろしくって言っといて」
「じゃね、バイバイ」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩