メインメニューを開く

ヒゲデブ親父

ひげでぶおやじ
ヒゲデブ親父
出典中年浪漫,サムソンビデオ,1991
ヒゲデブ親父2.jpg
サムソンビデオ
別名 鈴木勝、KWMN
性別 男性
生年月日 1943年頃
活動期間 1991年 - 1994年
代表作 雄壮開花
関連人物 教習所教官浪漫紳士次長

目次

出演作編集

サムソンビデオ編集

MANNHOUSE編集

Mr.hat編集

概要編集

 
言問橋から隅田公園側に降りた河川敷
浪漫紳士に見初められた場所

『快楽主義』では同じマンションのエレベーターで鉢合わせた同年代の中年会社員に6階の自室に誘われた。その部屋で、まずは一服。

『中年浪漫』では隅田川に架かる言問橋を隅田公園側へ降りた河川敷(現:水辺のテラス)にある、石のオブジェ付近にて手持ち無沙汰の様子で欄干に両手をついたまま隅田川を眺めていると、隅田公園側から散歩していた浪漫紳士に見初められた。

『雄壮開花』では荒川沿いの土手を散歩をしていると、堀切橋付近をプライベートで移動中の次長に車中から見つけられた。首都高堀切JCT手前の河原で立ち小便をすると次長も車を停めて隣に来て、立ち小便をして誘いをかけられた。

3作とも自分から声をかけずに、全て相手から声をかけられるパターンである。髪は七三、ワイシャツは白、ネクタイは水仙が描かれたモノや、紐タイ。ワイシャツの下はランニングを着る。トランクスの柄は往年の映画スターの顔写真やアルファベットが印刷された派手なモノを履くこともある。トレードマークの口髭以外は、サラリーマン風に無難にまとめてある。喫煙者である。サムソンビデオに出演した3作全て煙草を吸っている。スチール撮影中も煙草が手放せず、後ろを向いて煙草を吸うのでサムソン編集部員がこれは誘ってるのかと思いお尻に手を出したら「ひえ~っ」と飛び上がられてしまった。基本ノンケであるにも関わらず、撮影は協力的であった。

雑誌「SAMSON」100号を記念して、誌上にて特別グラビアが浪漫紳士とともに掲載された。