「ホモの兄ちゃん」の版間の差分

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
Jump to navigation Jump to search
(台詞)
49行目: 49行目:
  
 
== 台詞 ==
 
== 台詞 ==
 +
=== 覗かれたMの部屋 ===
 
* [[書き起こし:覗かれたMの部屋]]
 
* [[書き起こし:覗かれたMの部屋]]
 +
 +
=== 美少年宅急便 ===
 +
==== 抜粋 ====
 +
{{セリフ
 +
|「あ、もしもし?Jクラブですか?メンバーのナカガワですけど」
 +
「あ、マスター?こないだはどうも。うん。うん。うん」
 +
「あこの前の高校生、すごい良かったじゃん。モノも立派だったし。どう?今日呼べるかな?」
 +
「えぇ?あの子辞めちゃったの?」
 +
「どうしてぇ?マスター俺そんな酷いことしてないぜ?」
 +
「チップだって五万円もあげたんだしさぁ…」
 +
「なーんだ辞めちゃったのかぁ…うーん」
 +
「うん。うん」
 +
「え?本当?いくつ?17?」
 +
「なんか運動やってんの?サッカー!いいじゃん…」
 +
「でもさぁ…まさかマスター食ってんじゃないでしょうねぇ?…うん」
 +
「うん」
 +
「ほんと初めてなんだろうねぇ?」
 +
「料金は?…3時間10万!?ちょっと高いんじゃない?」
 +
「…ま、しょうがないか。高校生だしなぁ」
 +
「うん。うん。分かった。じゃ一時間ぐらいで来れんのね?」
 +
「はい、じゃあよろしく」
 +
 +
「こんにちは」
 +
「はいどうぞ」
 +
「どうぞ」
 +
「ねぇ、名前何ていうの?」
 +
「へぇ、コウイチ君っていうんだ。かわいいねぇ」
 +
「ねぇ、コウイチ君。高校生なんだって?」
 +
「なんかスポーツやってんの?」
 +
「ふーん…かわいいねぇ」
 +
「ねぇ、コウイチ君」
 +
「男の人初めてって、本当?」
 +
「今日、どんなバイトか、分かってるよねぇ?」
 +
「ねぇ、コウイチ君…」
 +
 +
「ねぇ、本当に脱がしちゃうよ?」
 +
 +
「ん?シャワーなんか浴びたら、コウイチ君の若い獣の匂いが、消えちゃうじゃん。そうだろう?」
 +
「そうだろう?」
 +
「やっぱり若い子の匂いはいいねぇ…」
 +
「ねぇ、コウイチ君。恥ずかしい?」
 +
「いいモノ持ってるじゃん」
 +
 +
「気が付いた?」
 +
「ねぇ、コウイチ君。どう、こんなアルバイト?」
 +
「ねぇ、コウイチ君。疲れた?でも頑張ってくれるよね?3時間で10万も払ってるんだもん…」}}
  
 
[[カテゴリ:無修正流出・作品出演者]]
 
[[カテゴリ:無修正流出・作品出演者]]

2019年8月16日 (金) 15:11時点における版

ほものにいちゃん
ホモの兄ちゃん
出典覗かれたMの部屋,STORM PLANNING,2001
ホモの兄ちゃん.jpg
ストームプランニング
別名 NKGW、化け物アゴ男、大野コウジ
性別 男性
代表作 覗かれたMの部屋
役柄
関連人物 KMRコウイチ君ケンジィ

ホモの兄ちゃん(ほものにいちゃん)は、覗かれたMの部屋KMRと共演した男優。作中でKMRが「よぉ、ホモの兄ちゃんもう終わりか?」と呼んだことからこの名前がついた。

出演作

長スギィ!展開して読んで、どうぞ!(迫真)

ストームプランニング

JPBOYS

  • 覗かれたMの部屋(ストームプランニング『覗かれたMの部屋』が原作)
  • 美少年宅配便(ストームプランニング『美少年宅配便』が原作)

JSTUDIO INC.

  • Adnis Selection 54(『覗かれたMの部屋』を収録)
  • JPBOYS Vol.17(『覗かれたMの部屋』を収録)

Amenity Planning

  • 日本男子、強制絞り出し(?)

男道ミサイル

  • 90sノンケオナニーボーイズ特集!CASE.9(?)(Amenity Planning『日本男子、強制絞り出し』が原作)

概要

KMRの新作「覗かれたMの部屋」に登場。役名は「中川」。「ホモの兄ちゃん」と呼ばれたのはKMRがノンケという設定であるかららしい。「マスター」と呼ばれる男性が運営する「Jクラブ」という名の出張ウリセンのようなものを利用してKMRを呼んだが、反抗的な態度をとられた挙句やりたい放題されてしまう。最後には後ろ手に縛られ、「サービス料」と称して財布に入っていた万券を全て持ち去られてしまった。

二本目「美少年宅配便」では、17歳の少年「藤田」を3時間10万円で呼び、終始主導権を握ったまま楽しんだ。

台詞

覗かれたMの部屋

美少年宅急便

抜粋

「あ、もしもし?Jクラブですか?メンバーのナカガワですけど」
「あ、マスター?こないだはどうも。うん。うん。うん」
「あこの前の高校生、すごい良かったじゃん。モノも立派だったし。どう?今日呼べるかな?」
「えぇ?あの子辞めちゃったの?」
「どうしてぇ?マスター俺そんな酷いことしてないぜ?」
「チップだって五万円もあげたんだしさぁ…」
「なーんだ辞めちゃったのかぁ…うーん」
「うん。うん」
「え?本当?いくつ?17?」
「なんか運動やってんの?サッカー!いいじゃん…」
「でもさぁ…まさかマスター食ってんじゃないでしょうねぇ?…うん」
「うん」
「ほんと初めてなんだろうねぇ?」
「料金は?…3時間10万!?ちょっと高いんじゃない?」
「…ま、しょうがないか。高校生だしなぁ」
「うん。うん。分かった。じゃ一時間ぐらいで来れんのね?」
「はい、じゃあよろしく」

「こんにちは」
「はいどうぞ」
「どうぞ」
「ねぇ、名前何ていうの?」
「へぇ、コウイチ君っていうんだ。かわいいねぇ」
「ねぇ、コウイチ君。高校生なんだって?」
「なんかスポーツやってんの?」
「ふーん…かわいいねぇ」
「ねぇ、コウイチ君」
「男の人初めてって、本当?」
「今日、どんなバイトか、分かってるよねぇ?」
「ねぇ、コウイチ君…」

「ねぇ、本当に脱がしちゃうよ?」

「ん?シャワーなんか浴びたら、コウイチ君の若い獣の匂いが、消えちゃうじゃん。そうだろう?」
「そうだろう?」
「やっぱり若い子の匂いはいいねぇ…」
「ねぇ、コウイチ君。恥ずかしい?」
「いいモノ持ってるじゃん」

「気が付いた?」
「ねぇ、コウイチ君。どう、こんなアルバイト?」
「ねぇ、コウイチ君。疲れた?でも頑張ってくれるよね?3時間で10万も払ってるんだもん…」