怪文書:2001/05/05 19時~ 褌とは

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
2020年3月31日 (火) 21:29時点におけるAtomi (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「== 2001/05/05 19時~ 褌とは == <poem> ◆発刊日 2001/05/05 19:00 ◆表題 褌とは ◆記事 越中褌、六越褌、六尺褌、黒猫褌、モッコ褌、相…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

2001/05/05 19時~ 褌とは[編集]

◆発刊日
2001/05/05 19:00
◆表題
褌とは
◆記事
越中褌、六越褌、六尺褌、黒猫褌、モッコ褌、相撲褌などの種類が有り現在の裸祭では六尺褌と言う褌よりも十二尺の晒で褌にした、祭の褌が数多く締められています。

続き:
http://ip.tosp.co.jp/zh/z.asp?i=siao&p=64766

祭の褌は特別としても、親父さんが締めて見たら色気が有るのは、やはり越中褌だろうと考えています。男性の大事な所が見えそうで見えない所がなんとも言えないし、色気を感じます!

2001/05/06 19時~ 越中褌について[編集]

◆発刊日
2001/05/06 19:00
◆表題
越中褌について
◆記事
越中褌は幅一尺、長さ三尺五寸の晒、又はそれに近い布に紐を付けた、男性の性器を覆う布。

雑誌:
http://ip.tosp.co.jp/zh/toszh100.asp?i=siao

2001/05/07 19時~ 六尺褌について[編集]

◆発刊日
2001/05/07 19:00
◆表題
六尺褌について
◆記事
昔から六尺褌は祭、又水泳などに使われた。晒木綿を六尺から七尺に切り性器を覆い隠した

続き:
http://ip.tosp.co.jp/zh/z.asp?i=siao&p=65241

祭などに使われる褌は、六尺褌が多いいが、最近では余り見かけなくなった。六尺褌というより八尺に切り前垂れを付けた褌が多く見られる。親父さんや爺さんが褌を締めてから銭湯などでいるのを見たらなぜか色気を感じ自分の息子が元気になって来る気がする。

2001/05/08 19時~ 黒猫褌について[編集]

◆発刊日
2001/05/08 19:00
◆表題
黒猫褌について
◆記事
今では殆見かけなくなった褌、水泳の時に締めて居たものと思われる

続き:
http://ip.tosp.co.jp/zh/z.asp?i=siao&p=65254

今のTバックに近い物で陰部だけをかくせる程度の布切れで出来ている、猫の額程の大きさから黒猫褌と呼ばれたもの。

2001/05/09 19時~ もっこ褌について[編集]

◆発刊日
2001/05/09 19:00
◆表題
もっこ褌について
◆記事
もっこふんどしとは、名前の通り石炭など昔の人夫が担いで運搬したとされる、もっこをかたどった褌

続き:
http://ip.tosp.co.jp/zh/z.asp?i=siao&p=66106

越中褌とか六尺褌にはない簡単な褌、紐を外せばぱらりと外れる。男同士のセックスにも現在のブリーフとかトランクスに近い形なので温泉とか銭湯でも違和感がなく使用できる事と考えられる

2001/05/10 19時~ 六越褌[編集]

◆発刊日
2001/05/10 19:00
◆表題
六越褌
◆記事
越中褌と六尺褌を合わせた感じの褌。

続き:
http://ip.tosp.co.jp/zh/z.asp?i=siao&p=66111

締かたとしては、後ろから紐を回し、前で止めてから股間から潜らせてから前垂れをたらし、前から見たら越中褌に、後ろから見たら六尺褌に見える褌、色気と実用を伴う褌として最近は褌が好きな男の間ではやっている