悶絶少年 -其の拾- 少年市場

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
2021年2月23日 (火) 02:18時点におけるAtomi (トーク | 出演履歴)による版 (文字列「\{\{Acceed画像\|画像=(.*)\|キャプション=(.*)\}\}」を「サムネイル|$2」に置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
悶絶少年 -其の拾-
少年市場
悶絶10.jpg
Acceed
商品番号 ACSM179
発売日 2013年11月10日
2020年9月27日(ストリーミング)
販売価格 10,500円
メディア DVD
収録時間 175分

私の別宅にて月に一度の催しが開催されております。このDVDにはその模様を収録させて頂きました。
内容はと言いますとSMフェティシズム愛好家の皆様に若く上質な少年をお披露目し、お好みの少年を選んで頂きます。
そして屋敷の各所でお試し頂き、お気に召されましたら少年をご購入頂くという催事となっております。
その名も『少年市場』と称しております。

今回収録させて頂きました内容は

・少年の恥部や粘膜に蝋を垂らし熱さを至福の快楽に変えて行く真の蝋燭責めをお披露目

・同好会5人の主人が少年を失神するまでくすぐり続けるくすぐり地獄

・少年の頭髪を刈り、全身の毛を剃毛しそして暴行を加えることに興奮を覚える虐待主人

・鞭責めを愛する主人が少年を人間から家畜に育てる人馬調教

の4つの究極調教の模様が収録されております。
このDVDをお手に取って頂きご興味を示されましたら次回の開催時には貴方様のお越しを心よりお待ちしております。

案内人 平野源五郎

出典:ACCEED https://acceed.jp/detail.ACSM179.html

直販購入特典として「ヴァーチャル売り専 かずき君編 羞恥SMの巻」がプレゼントされた

特典ディスク

シーン1 調教される少年達の紹介…そして極上の蝋燭調教[編集 | ソースを編集]

「じゅんいち」を選んだある主人は少年市場に初参加だった。 勝手がわからないと言われた少年市場の主催「平野源五郎」は主人に代わり、 極上の蝋燭責めをじゅんいちに施すことになる、 全身ロウ固め、舌へのロウ責め、チンポに蝋燭を刺され、 最初こそ悲痛な叫び声をあげるじゅんいちだったが段々と感じ初めるのだった…

出典:ACCEED https://acceed.jp/detail.ACSM179.html

登場人物[編集 | ソースを編集]

シーン2 くすぐり地獄-「だいち」失神する程にくすぐられながら犯される!-[編集 | ソースを編集]

「皆様…よろしくお願いします…」と顔に笑みを浮かべながら懇願する「だいち」に 仮面を付けたご主人様達の容赦ないくすぐり責めが襲い掛かる! 最初こそ笑っているもののこの責めはご主人様達が満足しない限り終わらない…! 美少年の顔は次第に苦悶の表情に変わっていき、 その歪んだ表情に興奮した主人たちは更に責めをエスカレートさせていく!! 興奮が限界に達してチンポを露にし、しゃぶらせ、掘り、欲望をただぶつけていく。 だいちはただ、されるがままに犯され失神していく…!

出典:ACCEED https://acceed.jp/detail.ACSM179.html

登場人物[編集 | ソースを編集]

シーン3 異常性愛-暴行でしか性的興奮を得られない主人と純朴少年-[編集 | ソースを編集]

部屋に連れてこられてすぐさま坊主頭にされる「しんたろう」 「昔可愛がってたガキにそっくりだなァ~!」 すっかり頭を丸められ怯えるしんたろうにそう言うといきなり渾身のビンタ!! この主人は、自身が暴行を加え、その反応を見ることでしか性的興奮を得られないのだった… しんたろうが痛がり、泣き叫び、いくら「やめて」と叫んだところで男の加虐心を煽るのみ、 むしろ段々とエスカレートしていき、首絞め、腹パン、頭を押さえつけ溺れさせる、 金玉へのビンタや蹴り込み…男は自身のチンポを勃起させながらひたすら暴行を加え続ける。 そして男の暴行はしんたろうのケツマンにまで及ぶ… 全身内出血で腫れあがった肉体にモノでも扱うような乱暴なガン掘りで犯され続ける!!

出典:ACCEED https://acceed.jp/detail.ACSM179.html

登場人物[編集 | ソースを編集]

シーン4 至極の鞭責め-「そうた」は人から従順な馬へと調教される-[編集 | ソースを編集]

スーツに身を包んだ男に連れられ、四つん這いで部屋へと連れてこられる金髪の少年、 「そうた」はこれから何が起きるのかは知らない… 靴を舐めさせ、少しでも手抜きや家畜としての気持ちが足りて無いととムチで少年を打った、 そう…この主人は少年をご主人の奉仕しか考えられない家畜にするためにこの市場でそうたを選んだのだ。 ムチすらも快楽に感じさせるために手を変え品を変えムチで打ち続ける。 次第に少年の心は人であった事を忘れ、主人のチンポを懸命に奉仕し始める… その姿に至上の興奮を覚えた主人は「とくと味わえ…!」と少年をガン掘りし始めるのだった…

出典:ACCEED https://acceed.jp/detail.ACSM179.html

登場人物[編集 | ソースを編集]

撮影日誌より[編集 | ソースを編集]

悶絶少年シリーズファンの皆様お待たせしました。2013年も残りわずかだというのに今年初めての悶絶少年シリーズを発売させて頂きます。直近までのシリーズは別監督が担当していましたが再び僕が担当することになりました。ちなみに僕は以前に伍(5)、陸(6)を担当させて頂きました。1年以上このシリーズが発売されずにいた期間、多くのユーザー様よりご意見やご要望、ご感想などが寄せられ、悶絶少年はACCEEDの作品の中でも皆様に愛されている作品なんだなとあらためて実感しました。1年で150通くらいのメールと20通程の手紙が寄せられたのですから。本当にありがとうございます。そこで今回、悶絶少年ファンの皆様のリクエストに沿った作品にしようと考え、本作を制作することにしました。結果、今までとは違う新たな悶絶少年が完成いたしました。早くファンの皆様に観て頂き評価して頂きたいなとうずうずしている毎日です。

頂きましたリクエストはシチュエーションだったり、責めの内容、このモデルにこういうことを、などユーザ様の"観たい悶絶少年"の思いが詰まっていました。出来ることなら全て実現したい!ですがやはりそれは難しいので多く寄せられた同内容のリクエストと希望モデルで撮らせて頂きました。様々なリクエストの中で皆様それぞれのSMフェティシズムをお持ちなんだと実感しました。例えば寄せられたリクエストの中に「蝋燭責めだけに焦点を置いてこういう流れでここでピンタを入れ、そして小さな蝋燭をチンコの上に立てさらに…。そしてこのモデルを使って欲しい」この方は便箋4枚にご要望を綴って頂きました。この方のリクエストは今回大幅に参考にさせて頂きました。この方以外にも蝋燭責めに特化した要望を数多く頂いたので、その方たちのリクエストを加え"蝋燭責めに特化した調教"パートが完成いたしました。ちなみにモデルはこの日記の背景を見て頂いてお分かりなると思いますが、大人気モデルのじゅんいち君です。ペニスや尻はもちろんのこと顔や舌まで蝋まみれな姿、圧巻です!

リクエストの中に一つ心を打たれたといいますか、衝撃を受けた内容がありました。その特殊な性癖に陥った経緯を語っていただけたのですが、その内容があまりにも僕の頭に残り続けたので再現をしました。『剃毛虐待』というパートです。SモデルがMモデルの全身の毛を刈り、剃るシーンの際にその方の思いをS役の台詞で挿入しました。その台詞の一部を公開します。
「俺がガキの頃、近所に4つ下のイガグリ頭のガキがいてな、弟のように可愛がっていたんだよ。でそいつがよく泣くやつで、いつも俺が泣かしたんだろって近所のババアに怒られたんだよ。でそのガキに泣くんじゃね~って言ったらまた泣きやがって、さすがに俺も頭にきてそのガキをぶん殴ったんだよな。でそのガキごめんなさい、ごめんなさいって泣きじゃくって、何でもするからぶたないでって言うんだよ。その前の日、おふくろが隠してたレディコミを見て、チンコを咥えられてた男が"気持ちいい~最高だ~"なんて書いてあったのを見て、それを思い出してそのガキに俺のチンコ咥えろって命令したんだよ、でそのガキは俺のチンコをチューチューアイスを飲むかのように吸い付きやがって、で俺は何ともいえないムズムズした感じがして、そしてそのガキの口んなかで生まれて初めての射精をしたんだよ。それから俺は射精したいが為にそのガキをぶん殴っては咥えさせって事を繰り返した。そのうちに、そいつが泣くだけでチンコがおっ勃つようになっちまったんだよな。それからというもの俺はイガグリ頭でまだ毛が生えていないガキをぶん殴って興奮するようになっちまった。でもよ、成人の俺が小さなガキにそんな事したらお縄になるだろ。俺も犯罪犯してまで自分の性欲を満たそうとは思わね~よ。そんな時、この源五郎さんが開く会を知ったって訳だ。いつもはいいガキが見つからなかったんだけど、お前を見て俺はビビってきたぜ、昔可愛がってたガキそっくりだ。で今俺がお前の体中の毛を刈ってる意味が分かっただろ?」…続く…
昔のトラウマにより特殊な性癖が確立してしまった、というこのような方もおられました。この先の虐待シーンはS役にお任せしたんですけどね。仕上がった映像はSMに慣れている僕が見てもすごい(ひどい)映像に仕上がりました。

もともと僕は20歳頃からSMが大好きでした。流血、スカトロプレイ以外はだいたい実践しましたね、Mとして。その中でも鞭が大好物でした。1週間、痛みがとれないくらいの強いやつ。僕ってド変態ですよね。でその思いを映像としたのが『人馬調教(鞭責め)』のパートです。鞭にこだわったこのパートではバラ鞭、乗馬鞭、スラッパー、ケインと4種類の鞭を使用しました。Mモデルには2~3日くらいは痕が残るけど大丈夫?とかなり念をおしました。M役が売り専のボーイさんなので。もちろん僕が受けていた血筋ができるまでの強さにはしなかったのですが今までの悶絶少年にはない激しい鞭です。余談ですが鞭って気持ちいいですよ。風呂に入る度に沁みる痛さがご主人様の愛を感じます。というような僕の思いをS役に台詞として言ってもらってます。このパートのみ私情パートとなりました。ちなみに今はSも大好きなので僕に調教されたい方お待ちしております!(^^)!

意外にACCEEDでは今まで撮影したことのない分野『くすぐり地獄』を今回1パートとして組み込ませて頂きました。リクエストが多かったものの実現しなかったのは、歴代悶絶少年監督が誰一人くすぐりプレイに興味がなかったからです。なのでこのパートに関してはそれまでに他社にてくすぐりプレイを撮影していた監督が担当しました。今までは女優さんでくすぐりを撮影していたので段取りはお手の物でした。くすぐり悶絶同好会の5人が一人のM役をくすぐり悶絶させ調教していくという内容ですが、編集された映像を見て僕はくすぐりプレイの虜になりました。あまり興味がなかった方たちにも観て頂きたいパートです。ちなみにS役5人はAV男優の皆さんです。さすがでした。

この日記をご覧になり今回の悶絶少年の全容が把握できたかと思います。ジャケット裏にも記載しておりますが、S役として定評があり今回の案内人である平野源五郎さんの一言で締めくくりたいと思います。

このDVDをお手に取って頂きご興味を示されましたら次回の少年市場開催時には貴方様のお越しを心よりお待ちしております。

本当に開催しよっ!かな?(笑)

出典:Acceed http://www.acceed.jp/mob/diary/ACSM179.php?sid=odoyslem

悶絶少年 其の玖

悶絶少年

悶絶少年 其の拾壱 絶対侵蝕