怪文書:ボディビルとセックス漬けの日々

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

投稿者: ビルダー拓也
投稿日: 2008/12/29(月) 01:57:59
ボディビルとセックス漬けの日々
今年最後の日曜日は昼間の3Pの仕事がキャンセルに。代わりにカメラ撮影の仕事が入って新宿へ。連日ハードな筋トレとセックスが続いていたので、結構筋肉がパンプして脂肪も落ちていていい状態かも。寒いコンクリート剥き出しの地下室で、全裸3連コックリングして、「もっと筋肉に力を入れて!」と言われポージングを続けているうちに時々筋肉が吊りそうになってやばい。スキンローションとオイルローションをたっぷり全身に塗られてさらに寒さが増して、乳首がつんつん勃起、リングマラも完全勃起してカメラのシャッター音に欲情しまくりで先走りが滴る。結構エロいノリでいい撮影ができたかも。帰る途中で行き付けのマッサージを受ける。そのあと、22歳の大学生からやりたいメールが入っていたので、「メシだけだっら時間あるよ」って会うことに。ジムに行くまで45分しかないのに、15分でガストでメシ食って、オレんちで撮影に使ったオイルを落とすべくシャワー室へ行ったのがまずかった。結局、筋肉大好きなイケメン大学生にボーイみたく全身ボディソープでエロエロに愛撫され、そのままアナルで欲情しきったデカマラを突っ込まれて乳首を刺激されながら熱い射精を雄膣で受けとめる。タネマンのままジムへ行くと、大学生のエロさが膣の奥から全身を駆け巡り、いつもより断然パワーが違うぜ。全く淫乱なボディビルとセックス漬けの日々。陸上部のRくん、今日もメール貰ったのに会えなくてごめんな。

淫夢缶バッジ 現代アート先輩