怪文書:回復を待つかのように3人とセックス

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

投稿者: ビルダー拓也
投稿日: 2009/03/05(木) 11:27:32
今日も学生からやりたいメール。学校の帰り道にあたるオレんちは格好の性処理場所。あと15分で着くからって、急いでシャワ浣をして彼の好きな競パンで待機。別にオレは奴隷じゃないんだけどさ、タチってのはどうしてもやりたい時ってのがあるからしょうがないよな。日曜日にハードSMで肩を痛めてやっと今日治ったばかりなので、少し心配だったけど、まぁいいか、試合受けてやるぜ!シャワーを浴びた学生くんはもう獲物の前の野獣だ。チンポを勃てて今風イケメンの精悍な目つきでオレに兆発してくる。「まぁ、紅茶入れたし、チョコもあるぜ!」「試験前だし、時間がないんだよ!チョコよりこっちが食いたいっ!」といきなりオレの乳首にむしゃぶりつく。あー、結局目当ては俺じゃなくて俺のガタイなんだよな。今週末に来る○校生だって俺とセックスしてばっかで絶対デートしてくんねーし。立ったまま胸筋をわしづかみにされて乳首を吸われて、競パンの中のリングマラがムクムクと膨らむ。「あ、あぁ、あぁ・・・!」「俺も試験終わったら拓也みたいに日焼してボディビルやるからな」「お茶、冷めるぜ!」「いいよ、すぐに犯る!」ベッドに押し倒され、開脚して乳首を吸われながら競パンの脇からマンコに指が入りこむ。「待って、オイル塗ってくれよ!」「オイルなんかいらねーよ!」濡れたマンコに指が入りこみ、2本の指でグリグリ掻きまわされて狂っていく。「あー、あっあっ!あーー、はーーっ!」「気持ちいいか?拓也?」「ウッス!ウッス!」開脚してマンコ広げて仰け反ったガタイの乳首に野獣の舌が絡みつく。片手で前立腺責め、もう片手で乳首、舌でもう片方の乳首責め。コイツ回数を重ねるごとにテクが上達しているぜ。「あぁ、もうっ、うっ、そんなにサービスしなくて、いい・・から・・」「えっ?サービスじゃねーよ!俺がしたいんだよ!」とんでもない年下の学生に玩具にされる。競パンを脱がされ、広げた股に舌が這いまわり、敏感なマンコの入り口をベロベロ吸われる。「あー、あー、祐平!すっげーよ!」全身に鳥肌が立ち、ついに指一本でガタイをひくつかせるエロビルダーに堕とされる。「ほら、ここが潮噴きのポイントだよ。」マンコの入り口の上部の凹みを指先で責められる。「あー、あ、あ、ああー、うぅーん」開脚のまま身をよじらせて快感に浸るオレの乳首がまた吸われる。「ほら、こっちが逝く時のポイントだよ!わかるか?」「ああ、当たる、当たる、やっべーよ!」さんざん指1本で玩具にされ、その指が2本、3本と増えていき、グルグルグリグリと回転していき、頭の中が錯乱状態になっていく。「ほら、力抜けよ、拓也、足はもっと開け!」なんで学生に命令されなきゃなんねーんだよ!でも、気持ち良すぎる!開いた脚を両手で掴まれ、いきり立ったモノがマンコに入りこむ。「うぁー!あーっ!いいっ・・・っす!」「おお、すげー締まるぜ!」ダブルベッドがガタガタ音を立てて犯される。ひっくり返されてバックからガン掘り、仰け反ったガタイの胸筋を揉まれながらオンナのように喘ぎまくる。そして駅弁ファック!マジに、知らない間にワザを増やしてるぜ!年下イケメン君のデカいガタイにしがみつきながらガタイごとマンコを上下に落とされて嬌声を上げる。そのまま乳首を吸われてマジ狂い。正常位に転がされて「イクぞ、イク、イク!」ビクビクとデカマラが何度も激震を起こしてドクドクと樹液がアナルの奥に注がれる。「あー、気持ち良かった!」「おぅ、カッコよかったぜ!」一応年上だから格好はつけているものの、シャワーを浴びる音を聞きながらぐったり。そしてシャワーを浴びて戻った学生君に再びオモチャにされる。2ラウンド目のように最初に戻って乳首を吸われ、マンコを吸われ、タネマンが指3本でグチョグチョにかきまわされてエクスタシーの余韻が増幅される。(あー、バンドでアドリブからテーマに戻ったらこんな風にプレイしなければいけないんだなと思う)「試験が終わったら毎日来るからな!」「ウッス!」「かわいいな、拓也」「年下にそんなこと言われたくねーよ!」オレはさすがに顔をそむける。「芸術品だよ、拓也のガタイは」「何か食いにいくか?」「いいよ、まだ勉強があるから」結局やり捨てされて、ヨレヨレで疼きまくりのガタイでシャワーを浴びていると先輩からの呼び出し。なんでこう重なるときは重なるんだよ!タネマンのまま、急いで着替える。何を着ても「ノーパン」が先輩の指定だ。敏感なマンコをジーンズの硬い布に包み込み、勃起リングマラを鎮めながら向かう。「何だ、オマエ、犯られて来たのか?」「ウッス、すみません」「ジェルいらねーな」先輩の超デカマラが開脚マンコにいきなり突き刺さる。さっき仕込まれた雄汁がジュクジュクと溢れ出る。「おおー、すっげーことになってるな、拓也!」「今日は、肩治ったばかりなんで、あんまり激しくしないで下さい」「何言ってんだよ!さっきまで犯られていたくせにさぁ!今日も壊してやるよ!」いつものように厳しいシゴキプレイが始まる。いや、いつもより激しい。先輩は一度他の奴に犯されてきた拓也に↑るんだ。だからウリのあととかに抱かれることも多い。「いいかんじにほぐれてるじゃん!前戯をしなくても済むから楽だぜ!」いきなりのマジ掘りにマジ狂い。先輩が逝くまで1時間。シーツを掴んで吠えまくり。「今日はショートで許してやるよ。今度は朝まで可愛がってやるからな!」「ウッス!ありがとうございます!」2人分の精液の味がする先輩のマラをきれいに舐めとり、2人分の種を上下の口に仕込まれて淫獣になった拓也はそのままジムへ。がむしゃらにトレーニングをしてアナルに仕込まれた二人分の性欲を発散させる。ほとんど垂直に立てた腹筋台に逆立ちのようにガタイを預けて腹筋300回。マンコから雄汁が逆流して腸に行き渡り、噴出する汗と共にエロさが全身に行き渡る。全身から若い精液が匂い立つ。そのままベンチプレス、アームクロス、カーフレイズ、と次々にマシンをこなしていくうちに隠しもっている携帯に出張依頼。あー、今日もグッドタイミングに出来上がってるぜ!シャワーを浴びる時間もなく、勃起薬を仕込んで到着する頃にはギンギンのガン決まり。掘って掘られて淫獣交尾の120分。たまんねーよ!まだまだ朝までイケそうだぜ!

淫夢缶バッジ 現代アート先輩