怪文書:1回戦8ラウンドはきついぜ

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

投稿者: ビルダー拓也
投稿日: 2008/11/15(土) 15:44:36
センパイの呼び出しはいつも突然だ。今日はメシ食ってる最中にメールが来た。「今から来いよ」即座に食事を中断し、家を飛び出る。緊急出動できるオレって消防隊員になれるかも。「今出ました。ジムに行ってからにしますか?それともすぐに向かいますか?」「パスタ作るからすぐに来いよ」まぁ、ジムは毎日行ってるし、センパイのしごきは結構キツイからジムはやめとくか。家に着くとちょうどパスタができあがっていた。「今日は珍しくウリじゃないんだな。」オレはセンパイのペットだから首輪をつけられて全裸で食わされる。「オマエまた若くなったな」甘いキスを受けながらデザートのケーキを口移しで食わされて完全勃起する。「ほら、ケツ洗っておいで。」「もう洗ってありまっす!」「なんで?」「だってウリに備えて夜になると洗っておくんだ」「いい心構えじゃん?」でも一応確認をしにバスルームへ。ぜんぜん大丈夫だ。ベッドルームへ戻ると妖しいろうそくの光りが3つ。さっそく乳首責めと指マン責めが始まる。「昨日はどんな奴に犯されたんだ?」オレは喘ぎながら「昨日はタチだったんだよ。こんな風にね」と、いきり立ったチンポをセンパイの口に突っ込み、ふざけて「ほらほら、上手に咥えろよ、ちゃんと舌使えよ!」と遊んでみる。センパイは「オレのフェラも上手いだろ?」と言うが、正直に「ぜんぜん!」と言ったのがヤバかった!いつもは優しくほぐしてから正常位で始まるのに、四つんばいにさせられてイキナリのバック!どうやらオレの悪ふざけにブチ切れたらしい。さっきまで十分によがらせられた後とはいえ、いきなりのバックはきつすぎるぜ!センパイのデカマラがオレを串刺しにしようとしてミリミリとケツの穴をこじ開ける。「あー、いきなりバックはムリっす!」と叫ぶオレを押さえつけて凶器が突き刺さる。「ぐぉぉーっ!」痛くて感じている余裕もない。弓なりにのけぞった胸ががっしりと捉まえられてそのまま長時間動かない。その体勢のまま身動きできず汗がじわっと出る。首輪を掴まれて「毎日犯されまくりなんだろ?」尋問されても声も出ない。痛みが遠のいて快感に変わる頃を見計らってデカマラがゆっくりとピストン運動を始める。オレは膣壁の快感にのけぞってひたすら吠えるだけの淫乱犬になる。動きが小刻みになると「あっあっあっあっ」と喘ぎ声もそれに連呼する。しだいに欲情の域を超え上半身をくねらせて狂っていく。15分後に第1ラウンド終了。倒れている背中から声がかかる。「ケツの休憩中はおしゃぶりだろ」なんだか今日はすっげーS気が強い。呼吸を整える間もなく四つんばいでおしゃぶり。「今日もエロいぜオマエ!」乳首を摘まれながらフェラで欲情して燃えるたびにデカマラが口の中でさらにデカくなる。「ほら、横になれよ」横向きでデカマラが挿入され、またのけぞって喘ぎ続ける。ずっと乳首も揉まれっぱなしで狂いまくり。両足の筋肉がガクガクと震えてケツがキュウキュウ締まる。15分後に第2ラウンド終了。またすぐにおしゃぶり。「乗れ!」という命令ですぐにまたがる。またのけぞって上を向いたドロドロの口から自分のマン汁を垂れ流しながら悲鳴をあげる。「あーっ、あーっ」乳首をつねられながら下からのガン掘りで上半身を踊らせて狂いまくる。「どうだ?いいんだろ?」センパイの顔はSの口調とは裏腹に楽しくてしょうがないって感じでニヤニヤ笑っている。「あーっ、もう、ダメっす!」10分後に第3ラウンド終了。休む間もなくぶっ倒れているオレの足を広げて正常位。乳首も休みなく刺激され悶え死にそうになると、両足をそろえてケツマンだけでガン掘り。ケツマンだけでマジ鳴きするようになったらもう、なすがままの性玩具だ。15分後に第4ラウンド終了。「こんなんでダウンしてるんじゃ8時間耐えられる奴隷になれないぞ!」確かにまだ1時間も経ってない。またフェラして横掘り。15分後に第5ラウンド終了。汗ドロドロで嬌声を上げ続けて、もうわけわかんねーよ!「逝きまくりじゃねー?オマエ!チンポどろどろだぜ!」「うっす!センパイ、どうぞ休んで下さい」「じゃあ、タマをしゃぶれ!」オレはセンパイの股間に顔を埋めて命令に従う。長いことタマと竿をしゃぶって最大限にデカくなる。「オマエ、口の中でイカせようとしてるな!だめだぜ!まだまだマンコ使うからな!」第6ラウンドはまたバックから。そして、初体験の体位が出現!広げた足をバックで挿入しながら閉じさせられ、正座のような状態でお辞儀をさせたままガン掘り!「逆3の背中の筋肉がエロいぜ!」もう筋肉玩具以外の何物でもない。「ああ、マジ、もう許して下さい!」「何言ってんだよ、まだ前戯だろ?」第7ラウンドは再度騎上位。もうケツがひりひりして受け入れるのもやっとだ。10分後「もうダメっす、センパイ」しまった!これを言うとセンパイはなおさら火が付くんだった!「もう勘弁して下さい」が出ると激しくなるのは昔からだ。いつでも毎回、限界までとことん落としてからが本当の本番なんだ。「そろそろ容赦なくいくぜ!」横になってぐったりしているオレのケツにとどめの最終ラウンドが打ちこまれる。「ぐわぁぁぁぁ~!」マジでかい!目がかっと開いたまま脳髄まで覚醒させられてガン掘りが始まる。「今日はオナニーしたあとだから遅いんだよ!」マジ何十分掘られたか記憶にない。首を上げて全身硬直させ筋肉を痙攣させているうちはまだまだ終わらない。ケツをガンガン掘られながら全身がぐったりして声もでなくなっていく時にようやく終了のゴングが鳴る。雄膣の奥で暴れまくるセンパイのデカマラに感じまくりながら、鳥肌を立てて上体が崩れ落ちていく時に、遠のく意識のかなたで声が聞こえる。「ほら、イクぜ、イク!」最高潮に膨れ上がったデカマラがビクビクとオレの奥深くに精子を打ちつけ撒き散らし、オレはそれに呼応して全身鳥肌でピクピクと筋肉を痙攣させながら最後の悲鳴を上げる。「あぁ~、いいっす、センパイ」オレのチンポの先からドロっと精子が溢れ出る・・・。気がつくとうつ伏せで伸びているオレの横で、センパイは余裕でテレビゲームをしている。オレはマジに足に力が入らなくて立てない。首輪を引っ張られ、「2回戦やるか?」「いえ、も、もうだめっす!」「まったくよぇーよな」「うっす、すみません、また仕込んで下さい。」とはいえ1回戦8ラウンドはマジきついぜ!

淫夢缶バッジ 現代アート先輩