怪文書:3Pでリバを掘り倒したあとの絶叫セックスマシーン拓也

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

投稿者: ビルダー拓也
投稿日: 2008/12/29(月) 01:28:23
 今日はデカマラリバのKさんとの3P。「拓也、また胸でかくなったな!」彼は筋肉フェチなんで、いきなり拓也の胸を掴み乳首を吸い始める。「あぁ、あ~!いいっす!」後ろから抱きしめられ「やっぱりデカイ!」ってしばらく全身の筋肉を愛撫される。シャワーを浴びたレオが喘ぎ声をあげる拓也の口にデカマラを突き刺し、喉に栓をする。くそー、こんな急展開で泊まり10時間がもつのかよ!レオは普段から拓也に精神的に(ウリの仕事のTopとBottomの関係で)徹底的にいじめられているので、プレイの時はここぞとばかりに拓也を徹底的に拓也をいじめぬく。「今日はKさんが中心なんだから必要以上にオレのガタイで遊ぶなよな!」ときつく言っておいたのに、そんなことはおかまいなしだ。喉ファックの激しさにオレが耐えられず床に倒れ込み、Kが仁王立ちしたレオのデカマラに目を丸くする。「デカイ!」一級品の美術品を鑑賞するように、そそり立った超デカマラを長いこと触っているK。出たぜ!得意げなレオの極上スマイル。まったくさー、お金貰って楽しんでるんじゃねーよ!拓也のビルダー系肉体とレオのイケメンと超デカマラがコラージュできれば完璧なんだよな!まあ、だからこのいいトコ取りの3Pも意味あるんだけどさ。レオの超デカマラを味わいさせながら、拓也の(一応)デカマラでKを掘る。それから拓也のアナルにレオの凶器が挿入され、激しい3連結ファックが始まった。拓也がケツとマラの超絶な快感に酔いしれ、レオの激振が拓也のガタイを通してKに伝わる。Kも喘ぎまくりだぜ。レオの動き止まると拓也がケツを振り、自動的に激しいガン掘りガン掘られ状態が続く。その繰り返しでどんどん3人が狂っていく。「あー、イキそう!」と言った拓也の体が引き離され、、Kが単独でレオに掘られる。これがとどめだといわんばかりに激しいファックにKが声にならない悲鳴を上げる。「あー、お、奥が、奥が、痛い!」初体験のレオの大きさにマジに壊れそうになり、レオも動きを緩める。その連続でついに5分後にKがノックダウン。またしてもレオのKО勝ち!まぁ、これで一応Kさんも満足したかな、レオもいい仕事するぜっと思ったけど、これからが拓也の正念場。ボディビルとセックスで鍛えまくった性処理用筋肉玩具が悲鳴を上げることに。未だ射精してないデカマラの性獣が2匹、使える穴は拓也だけ。こうなったら、拓也の雄膣を2匹の性獣を満足させるまで提供しなければ許されない。上下の口を延々と交互に犯され、淫獣になっていく拓也。開脚でKのデカマラをケツで受けとめ、レオの超デカマラを喉で受けとめる。Kは胸筋フェチなので常に拓也の胸が揉まれ乳首が吸われる。四つんばいになって交互に犯される。レオは日頃の鬱憤を晴らすように、拓也のケツたぶを叩きまくって「ほら、ケツ締めろよ、気持ちいいんだろ!」ってSが入って容赦ないガン掘りが続く。拓也はマジ狂いの絶叫セックスマシーンだぜ!何度も絶叫ダウンしてぐったりした拓也が斜め横からレオのデカマラでケツを掘られて勃起した乳首をKに吸われまくり、拓也のガタイが快感でブルブル震えだす頃、レオが拓也の中に射精。最後に仰向けになって上向きにそそりたつKのデカマラに、レオの精液の滴る拓也のアナルを落とし、レオの種まみれのデカマラを口で舐めとりながら腰を振り、拓也のタネマンの中にさらにKが種付けして終了。オレは何度も途中何度もトコロテンでドロドロ逝きまくりでもう何がなんだかわかんねーよ。二人が逝ったあと拓也はシャワーを浴びる元気もなくてベッドの真中でレオに種マンをいじくられ、Kさんに胸と口を吸いまくられながら睡眠薬2種類と筋弛緩剤を飲まされて気絶。リバとの3Pたまんねー!

淫夢缶バッジ 現代アート先輩