書き起こし:ザ・フェチ Vol.4 アナルダンディズム KMRパート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

KMR「名前は…ナオキです
KMR「えっと、身長ですね?身長が171cm、で…体重、体重が65kgです」
スタッフ「え、歳は…いくつ?」
KMR「歳は23歳です」
──「23歳」
KMR「はい」
──「で、今髭は生やしているの?」
KMR「あ、最近ちょっと…」
(スタッフ笑)
KMR「もう、一ヶ月くらいから…」
──「え、一ヶ月でその位?」
KMR「そうですね、はい」
──「じゃあ、あんまり濃い方じゃないのかな?」
KMR「そうですね、薄い方ですね」
──「あ、そうなんだ」
KMR「はい」
(スタッフ笑)
──「結構彼は、ちょっとハーフっぽい顔立ちだみたいな…」
KMR「はい、よく言われます」
──「え、どっちかがあれとか?」
KMR「お母さんが沖縄で、お父さんは東京の人なんですけど」
──「うーん」
KMR「お父さんに似てるって言われるような…」
(スタッフ笑)
KMR「お父さんもハーフっぽい顔しています」
~場面が切り替わりKMRのケツがどアップ~
──「ここだよね?」
~浣腸を宛がう~
~便器にう○こ座りするガーゴイルKMR~
KMR「これ、抑えないでいい?」
──「うん、抑えないでいいよ」
KMR「飛んじゃう・・・?」
──「うん、ここまでは飛ばないでしょ(経験者)うん」
KMR「いいですか?」
──「うん」
~脱糞するガーゴイルKMR~
ジュビ ビジュビジュビジュジュビ ビジュビジュビジュ・・・ ポンッ!(迫真)
~更にアップでリプレイ~
ジュビ ビジュビジュビジュジュビ ビジュビジュビジュ・・・ ポンッ!(迫真)×2
──「ちょっと顔こっちに向けてくれる?」
~カメラでパシャパシャ~
~賢者モードのガーゴイルKMR。そしてこの顔である~

淫夢缶バッジ 現代アート先輩