マストドン淫夢サーバー公開!

真夏の夜の淫夢Wiki:方針とガイドライン

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索

守って、どうぞ(迫真)

真夏の夜の淫夢Wikiの目的[編集]

  • 2001年に発売された伝説のビデオを後世に伝える
  • 真夏の夜の淫夢に関する情報を集める

編集の方針[編集]

真夏の夜の淫夢とその関連をまとめます。

NG[編集]

  • 公開オナニー
  • 過度な内輪ネタ持ち込み
  • 過度なネタコンテンツ作成

してはいけない(戒め)[編集]

  • 荒らし
  • 編集合戦
議論ページで話し合い、まとまらない場合は管理者決裁を求めてください
  • ページ白紙化
議論ページで削除を提案してください。ただし、自分自身の利用者ページ・トークページの白紙化は自由です。
  • ユーザーアカウントの乱造
パスワードを忘れたりした場合は管理者に連絡してください
  • 違法なコンテンツのアップロード
アダルトコンテンツは法律の範囲内使用可能です
  • その他迷惑行為

削除[編集]

不要なコンテンツ、不適切なコンテンツは削除を行います。管理者が緊急または議論不要と判断したものは即時に、それ以外は議論ページで合意が形成されてから削除されます。

保護[編集]

淫夢くんを保護しなくちゃ…(使命感)真夏の夜の淫夢Wikiはほとんどのページが誰にでも編集可能になっていますが、以下の様な場合は保護を行うことがあります。その他、管理者が特に必要と認めたページも保護を行うことがあります。ファイルの保護も同様です。

  • 荒らしが発生した
  • 編集合戦が発生した
基本的には当該ページの議論ページや関わっている利用者のトークページで警告を行い、なおも続く場合は保護を行います。利用者のブロックで対応する場合もあります。

保護の種類[編集]

  • 半保護
    自動承認された利用者と管理者が編集できます。
  • 全保護
    管理者のみが編集できます。
  • カスケード保護
    カスケード保護されたページおよび、そのページに呼び出されている全ページ(テンプレート、画像含む)を全保護します。

常に保護されるページ[編集]

以下のページはその重要性から常に保護されます。この他にも必要に応じて保護を行います。

半保護[編集]

  • テンプレート

全保護[編集]

  • トップページ
  • 運営関連のページ
  • システム関連のページ

保護されたページの編集[編集]

半保護のページは自動承認された利用者(後述)であれば編集が可能です。

全保護またはカスケード保護されたページを編集したい場合は管理者に相談してください。

利用者アカウント[編集]

一人一つまでどなたでも作成できます。何らかの原因でログインできなくなってしまった場合は、管理者まで連絡してください。また、そのような場合に備えて、メールアドレスは必ず連絡のつくものを登録しておいて下さい。

作成後、長期間にわたって一度も利用されていない(投稿していない)アカウントは消去される可能性があります。

利用者の種類[編集]

  • 匿名利用者(IP利用者)
アカウントを作成していない利用者です。殆ど不自由はありませんが、匿名利用者のデメリットとして、IPアドレスが公開されます。また、半保護及び全保護、カスケード保護されたページを編集することはできません。
  • 登録利用者
アカウントを作成している利用者です。登録利用者はIPアドレスが公開されませんが、半保護及び全保護、カスケード保護されたページを編集することはできません。
  • 自動承認された利用者
アカウントを作成していて尚且つ、登録してから10日が経過しており、総編集回数が7回以上の利用者にこの権限がシステムによって自動的に与えられます。基本的に登録利用者と同じですが、半保護されたページを編集することができます。ただし、全保護、カスケード保護されたページの編集は不可能です。

利用者のブロック[編集]

不適切な行為が確認された場合、当該利用者のトークページや不適切な行為が行われているページの議論ページ等で警告を行い、改善されない場合はブロックを行います。IP利用者(未登録利用者)に対しては、トークページでの警告は行いません。ブロックの期限は適宜設定されます。

荒らしや違法コンテンツの使用など、急を要する場合は警告をせずブロックすることがあります。

Wikiの利用の範囲を超えた不適切行為や、度を越した不適切行為に対しては、パケットレベルでアクセスを制限する場合があります。この場合、サーバーへのアクセス自体ができなくなりますので、閲覧もできなくなります。

管理者への依頼[編集]

管理者権限が必要な作業は管理者に依頼してください。場合によってはお断りすることもありますが、必ずその旨お伝えします。長期間反応がないなど依頼に気づいていないと思われる場合は、管理者のトークページなどで再度連絡して下さい。