アテネ上野店

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆうげんがいしゃあてね
有限会社アテネ
athene symbol.gif
企業・団体の情報
別名
アテネ上野店
所在地
〒110-0005
東京都台東区上野3-18-12
設立
1969年
事業内容
アダルトショップ
ゲイビデオ制作・販売
代表者
杉山守
公式サイト
その他は淫夢百科または風評被害を参照

アテネ上野店とはかつて東京都上野に存在したアダルトショップ。ゲイ向けに限らずノンケ向けの商品も扱っていた模様。

概要[編集 | ソースを編集]

1969年の開店当時から店舗オリジナルの映像作品(8ミリフィルム)を制作と自称しており、最古のゲイビデオメーカーだと考えられている。1973年2月1日発行の「アドニスボーイ 第3号」(ゲイ雑誌アドンの前身となった冊子)に広告が掲載されており、8ミリフィルム作品『白い血の悦楽』と『青い麦』の2タイトルが確認できる。

『薔薇族』編集長の竜超氏のインタビューによると、アテネ社長が趣味を兼ねて自らオーディションや撮影を行っており、1986年~87年当時のギャラは2~3時間の撮影で10万円という太っ腹なものだったという(当時の相場は1万5千円)。1989年にはチョコボール向井のデビュー作である『顔面発射のド迫力』を発売した。

2000年代初頭に至るまで年間10作品ほどを制作し、そのラインナップは200本以上(8ミリフィルムを除く)に及んだ。

詳細不明の事情(アテネ曰く「突発的な事故」)により、2002年8月31日に休業、撤退。その後ルミエールにアテネオリジナルの版権が譲渡され、丸亀屋、ロザリー本舗といったレーベル名で再録ビデオが発売されている。またERECT名義で一部作品が配信されている。

2000年の同性愛板のスレの証言によると「高校生をヌード写真に出演させていた」とのこと。ホームページのアーカイブにも少年愛ものと思しき作品の情報が残存している。

21 :14:2000/12/08(金) 21:41
    俺、アテネで写真のモデルやったのが高校2年の時。
    だからビデオも未成年はありえるよ。

30 :14:2000/12/10(日) 10:49
    高2の時、雑誌の広告を見てアテネ上野に行きました。
    店内に貼られていた写真を見ていたら、店の人(マスター)に
    写真かビデオに出てみない?と言われました。
    ビデオは抵抗があるんだったら最初は写真からでも、って感じで。
    他にもやりたいって子がいて、その子と絡みでやってるくれる子を
    探していたらしい。一応、高校生だからと断りましたが一緒にやる子も
    高校生だと聞いて、成り行きで承諾してしまいました。

35 :14(本物):2000/12/10(日) 21:10
    あぁ・・・ 32は偽です(笑)
    相手は1つ年上の高3でしたよ。
    高2夏はあたってるね。

出典:アテネ上野店のビデオについて https://piza.5ch.net/test/read.cgi/gay/975390482/

アテネ上野店の建物は2022年3月時点でも現存が確認されており、現在は文房具店が居抜きで入っている。「アテネ上野店」の看板も残っている。

ブランド[編集 | ソースを編集]

  • アテネオリジナル
「真に価値あるホモビデオはアテネオリジナルだけ!」とうたっているが、出演者は素人ばかりで棒読みの演技などお粗末な内容であった。

協力企業[編集 | ソースを編集]

  • パラダイス北欧 - 代々木に存在したラブホテル・アダルトショップ
  • (有)カバリエ - 新宿三丁目に存在したアダルトショップ・スナック
  • クライマックス - 歌舞伎町に存在したアダルトショップ
  • (株)アドニス通信社 - ゲイ情報誌「アドニスボーイ」の発行所

1970年代当時。会員制ホテル(所在不明)の問い合わせ窓口や「GREEN LETTER」の発行元として名を連ねていた。出資関係などは不明だが、カバリエは(有)アドニスエンタープライズの系列だったようで、アテネを含む上記企業も同系列の可能性がある。1980年代以降の協力関係は不明。

外部リンク[編集 | ソースを編集]